特集 PR

Maison book girlがボロボロになるまで歌う。4人が個性を得るまで

Maison book girlがボロボロになるまで歌う。4人が個性を得るまで

Maison book girl『umbla』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:Kay N

サクライ(ケンタ)さんの曲と自分たちが相互に作用し合って、今にたどり着いた感じがするんです。(和田)

―歌に没頭して入り込めるようになったということですか。

コショージ:そうです、そうです。お客さんに伝えるというよりは、私たちはこの歌を歌っています! みたいな感じで没頭できる。前は、お客さんのいる空間のさらに遠くを見つめてやっていたと思うんですけど。でも今は、魂が違う。自分たちの歌を歌っているという自覚が出てきたからこそ、ボロボロになるくらい出し切れるようになったのかもしれないです。

和田:ああ、それが、圧が伝わってると思えたところなのかもしれない。

コショージ:そうだよね。それに今回の『umbla』は、そうやって「ボロボロになった後の曲」っていう感じがしていて、そこがいいなと思うんです。ボロボロになって、だからこそ研ぎ澄まされていて、自分の周りの世界に敏感になっている人の歌というか――『SOUP』を経た私たちだなって、改めて繋がりを感じられてるんです。

―実際、今回の“闇色の朝”では4人のパートがわかりやすく配されていて、それぞれの声色が素直に聴こえてくるようになっていますよね。4人それぞれが主人公の歌だということが非常にわかりやすい。

和田:そうなんです。昔の曲は歌割りが細切れで、演奏と4つの楽器(=4人の歌)を合わせて楽しむ感じだったと思うんですよ。でも最近は、落ちサビが(矢川)葵ちゃんソロのパートになるとか、個々がそれぞれの表現をできる構成になってるんですよね。そういう楽曲に対して、私たち自身も思うようにやっていいんだと思えたから、より一層自分を出せるようになってきたんです。曲に「行ってらっしゃい」と言ってもらえてるような感じがするんですよ。

和田輪
和田輪

―そういう楽曲は、自分たちの成長が呼んだものでもあると思いますか。

和田:そうですね。自分たちの歌の表現力によって歌の雰囲気を変えていく余地を与えてもらえるようになった。たぶん、サクライ(ケンタ / プロデューサー)さんの曲と自分たちがお互いに影響し合って、今に辿り着いた気がするんです。

Maison book girl『umbla』ジャケット写真
Maison book girl『umbla』ジャケット写真(Amazonで見る

―素敵なことですね。プレイヤー(ブクガ)とプロデューサー・コンポーザーが別でも、音楽とご自身が作用し合って変化していけるのは、とても生き物感があっていいことだなと思います。

和田:そうですよね。最近も、「次はこういう曲がいいと思ったら言ってね」って、サクライさんから直接言われたんですよ。「いいんですか、じゃあ言いますね!」って素直に嬉しくて。これまで、曲に関しては完全にプロデューサー発だから私たちが口出しするものではないと思ってたんですよ。でも、今はお互いに影響を与えてもいいんだなって。

―それは、信頼によるものなんですか。

和田:やっぱりMaison book girlの世界観を一番理解しているのは私たちなんだって。そういうことが自分たちでも自覚できてきたから、サクライさんから私たちに委ねてくれるところが増えたんだと思います。

井上:それに、これは意外だったんですけど、新曲ができるたびに誰かに意見を言ってほしい人らしいんですよ。私もそれを最近知って驚いたんですけど。「意外と密室じゃないんだ!」って(笑)。

それぞれが自分をはっきり出すようになってきたことで、お互いがわかってきた感覚があります。(矢川)

井上唯
井上唯

和田:サクライさん、割と密室の人だと思ってたもんね。

―じゃあ、音楽を通してのコミュニケーションが増えてきたんですか。

和田:口にして直接伝えるということは少ないですけど、でも、たとえばレコーディングにしても、まずは私たちが思うように歌うところから「次はこうしたい」っていう話をお互いにするようになったんです。まずは私たちから投げかけることができるし、そういう意味でのコミュニケーションは多くなりましたね。

―それは、メンバー同士でも同じですか。それぞれの歌のキャラクターを理解し合えるとか、それによって4人としてどう歌を表現するかを考えるとか。

矢川:確かに、デモを聴いた時点で自分やメンバーがどういう歌い方をするのかがイメージできるようになってきました。今までは曲を覚えて練習するだけで精一杯だったんですけど、他のメンバーはきっとこういう感じでくるとか、だったら自分はこうしようとか、ブクガの4人で歌ったものが想像しやすくなったんです。気持ちの合わせ方が徐々にわかってきたのは大きいと思いますね。それぞれが自分をはっきり出すようになってきたことで、お互いがわかってきた感覚があります。

井上:私個人で言っても、これまでは、ボイトレで苦手な高いキーを出そうと頑張ってたんです。でもボイトレの先生に、「4人いるんだから、それぞれに得意なことを伸ばしたほうがよくない?」って言われて。その結果が、それぞれのキャラ立ちと歌が聴こえやすい曲に繋がっていってる気がする。「4人でやってるんだ」っていう感覚……個々のキャラクターの中で、どういう幅を持って表現するか。そういうことを考えるようにはなりました。

左から:井上唯、和田輪、矢川葵、コショージメグミ
左から:井上唯、和田輪、矢川葵、コショージメグミ

―複雑なリズムと合致した映像演出にしろ、音色の硬質さにしろ、今までは4人の生身の表現以上に空間を見せていく向きが強かったですよね。ただ、今回の“闇色の朝”はサウンド自体に温かさと生感があって。それによって、それぞれの歌がより近くに聴こえると思ったんですね。実際に歌っていて、どういう感覚がある曲ですか。

和田:一種類の歌い方しかできなかったら、胸の内に何かがあったとしても、歌で伝えることが狭くなってしまう。だけどいろんな歌い方を習得して、それを自分でコントロールできるようになったことで、ようやく自分たちの感情が表に出始めたのかなって思えていて。それはもう、4年間やってきた自信によるものなんだろうなって思います。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Maison book girl『umbla』初回限定盤
Maison book girl
『umbla』初回限定盤(CD+Blu-ray)

2019年7月31日(水)発売
価格:4,200円(税込)
PCCA-4806

1. 闇色の朝
2. シルエット
3. 告白
4. 闇色の朝(Instrumental)
5. シルエット(Instrumental)
6. 告白(Instrumental)

Blu-ray収録内容:
2019年4月14日
『Solitude HOTEL 7F』@昭和女子大学・人見記念講堂
全編収録

Maison book girl
『umbla』通常盤(CD)

2019年7月31日(水)発売
価格:1,300円(税込)
PCCA-4807

1. 闇色の朝
2. シルエット
3. 告白
4. 闇色の朝(Instrumental)
5. シルエット(Instrumental)
6. 告白(Instrumental)

プロフィール

Maison book girl(めぞん ぶっく がーる)

通称「ブクガ」。矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミによるポップユニット。音楽家サクライケンタが楽曲から世界観の構築までを手がける。2016年11月にメジャーデビュー、2018年11月には2ndフルアルバム『yume』をリリースし、『Solitude HOTEL 6F hiru / yoru /yume』と冠したワンマンライブ3公演を行った。シングル『SOUP』のリリースツアーでは、2019年4月14日に昭和女子大学・人見記念講堂でのワンマン公演『Solitude HOTEL 7F』を開催した。その後はライブハウスツアーを展開し、7月31日にシングル『umbla』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される