特集 PR

Maison book girlがボロボロになるまで歌う。4人が個性を得るまで

Maison book girlがボロボロになるまで歌う。4人が個性を得るまで

Maison book girl『umbla』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:Kay N

リズムは相変わらず難しいけど、歌っていて馴染みやすい。だからこそ4人の歌声が乗るイメージがしやすくて。(井上)

―これまで胸の内にあって、ようやく出せるようになったエモーションってどういうものなんだと思います?

和田:そうだなぁ……。ブクガの歌って、“狭い物語”や“長い夜が明けて”っていうタイトルにも表れているように、自分の世界から外の世界へ出ていくっていうストーリー性はあるけど、それが歌詞に具体的に描かれてるわけではないじゃないですか。わからない中で、なにかがあるって感じさせる歌というか。

矢川葵
矢川葵

―そうですよね。その「なにもわからない」っていう感覚と混乱に疲れた人の歌になっている気がします。

和田:そういう歌の中にある細切れの情景を歌にするときに、きっと自分が生きてきた上で知っている感情に繋がるものがきっとあって。歌そのものにその感覚が出てきたと思うんですけど――曲に合わせて出している音色ではなく、個々の経験とか思いに基づいた音になってきたっていうことだと思うんです。

コショージ:これは今思い出したんですけど……『image』(2017年)っていうアルバムが出た年の年末のライブで初めて、ストーリーの時間軸をずらすような演出を盛り込んだんです。でも、見た人の多くに「ワケが分からなかった」って言われて。そのときに初めて思ったのが――ブクガのライブは照明も暗いし、「私たちがそこにいる意味はあるのだろうか」っていう疑問だったんですよ。

Maison book girl『image』を聴く(Apple Musicはこちら

コショージ:演出に凝ったはいいものの、逆に言えば、私たち4人じゃない人でもできたライブなんじゃないかなって。その演出のファンも増えるかもしれないけど、でもやっぱりそういう人は少ないと思ったんですよね。見にきてくれる人はやっぱり、「Maison book girl」を見にきてる。だから、このままじゃダメだなと思ったんですよ。

そのときにサクライさんに初めて相談したのかな。それぞれのキャラクターを前に出すことは絶対しないといけないし、「私たちは個性が欲しい」って。あれは2017年末のライブだったので、そこから時間が経って今やっと、思っていたことができるようになってきたんだと思いますね。

―4人が歌ってきた物語の主人公通りの道筋ですね。明かりを消したのは自分なのに、「暗い」と言ってるのもまた自分。閉じこもったのは自分なのに、外に出たいですって歌うのもまた自分っていう歌。顔やパーソナリティを見せないことで、空間や物語で魅せていくという向きは、いわゆるアイドルと括られるグループとは真逆の方法論だったし、そこから個性を獲得していくまでの道のりがそのまま歌になってきたのがブクガの面白いところですよね。

矢川:確かにそうだね(笑)。

コショージ:そうなんですよ、振り返ってみたら、全部が自分なんですよね。そもそも人がそういうものなんじゃないかなって思うし。そういう意味での熱量はちゃんと込められるようになりましたね。

左上から:和田輪、井上唯<br>左下から:矢川葵、コショージメグミ

―そう考えると、今話したアンビバレントな人間の心境とブクガの歌の変遷が「闇」と「朝」の対比でまるっと描かれているのが“闇色の朝”だと感じたんですが。1曲の中に丸ごと詰め込まれているというか。

コショージ:“鯨工場”“長い夜が明けて”で外の世界へ飛び出す様と夜明けを歌って、そこからの「朝」の歌じゃないですか。ちゃんと繋がっていると感じながら歌えたので、難しい中でも感情を乗せられた実感がありますね。

井上:確かに。リズムは相変わらず難しいけど、ポップというか、歌っていて馴染みやすい感じがしますね。だからこそ4人の歌声が乗るイメージがしやすくて。……でもやっぱり、間奏明けの入り方が不思議で。その不思議さというか違和感がブクガっぽいというか、普通にはならない(笑)。

矢川:ははははは。でも、そういう違和感がありつつも、「温かさがあって歌が近い」と言われたように、確かに柔らかい感じがする曲だと思いました。7拍子も入ってきますけど、音に乗りやすいんですよね。だから歌いやすいし、ポップさを感じながら歌える気がしていて。4人が歌に熱を込める方法をわかってきたからこそ出てきた曲なのかなって思うし、変わらないブクガらしさもあるし。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Maison book girl『umbla』初回限定盤
Maison book girl
『umbla』初回限定盤(CD+Blu-ray)

2019年7月31日(水)発売
価格:4,200円(税込)
PCCA-4806

1. 闇色の朝
2. シルエット
3. 告白
4. 闇色の朝(Instrumental)
5. シルエット(Instrumental)
6. 告白(Instrumental)

Blu-ray収録内容:
2019年4月14日
『Solitude HOTEL 7F』@昭和女子大学・人見記念講堂
全編収録

Maison book girl
『umbla』通常盤(CD)

2019年7月31日(水)発売
価格:1,300円(税込)
PCCA-4807

1. 闇色の朝
2. シルエット
3. 告白
4. 闇色の朝(Instrumental)
5. シルエット(Instrumental)
6. 告白(Instrumental)

プロフィール

Maison book girl(めぞん ぶっく がーる)

通称「ブクガ」。矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミによるポップユニット。音楽家サクライケンタが楽曲から世界観の構築までを手がける。2016年11月にメジャーデビュー、2018年11月には2ndフルアルバム『yume』をリリースし、『Solitude HOTEL 6F hiru / yoru /yume』と冠したワンマンライブ3公演を行った。シングル『SOUP』のリリースツアーでは、2019年4月14日に昭和女子大学・人見記念講堂でのワンマン公演『Solitude HOTEL 7F』を開催した。その後はライブハウスツアーを展開し、7月31日にシングル『umbla』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される