特集 PR

CHRONICLEの音楽は人と共に変化する。「正解は一つじゃない」

CHRONICLEの音楽は人と共に変化する。「正解は一つじゃない」

CHRONICLE『宇宙』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:矢島大地(CINRA.NET編集部) 撮影:吉澤健太
2019/08/30

過去から現在、そして未来へと続いていく壮大なストーリーを、音楽や映像、ライブ、インスタレーションなどと共に多角的に表現していく、そんな新たな試みに挑戦する音楽アート集団・CHRONICLE。『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』などの装画を手がけたイラストレーター・loundrawが、その域にとどまらず音楽と物語も包括した総合芸術を必要としたのはなぜか? 人のあらゆる想像力に訴えかけて伝えたいものとはなんなのか? 目に見えないからこそ圧倒的な力を持つ「歌」を主軸にした物語に込めたメッセージと人間観を解き明かすため、loundraw個人の思想と、CHRONICLEのキックオフソング“宇宙”それぞれを切り口にした連続インタビューを送る。

前回のインタビューでは、主宰のloundrawにCHRONICLEを立ち上げた経緯や、そうしたアートフォームを必要とした意味や意義などについてたっぷりと伺った。第二弾となる今回は、サウンド面での欠かせないパートナーであるHIDEYA KOJIMAも加えた取材によって、すでに公開されている予告動画と楽曲“宇宙”が、一体どのように生み出されたのかを明らかにしていく。いわゆる映像のためのサウンドトラックとも、あるいは楽曲のためのミュージックビデオとも、全く異なるプロセスにより生み出された“宇宙”は、私たち受け手の想像力にどのような働きかけをするのだろうか。

音楽プロジェクトでありながらアートプロジェクトでもある彼らが、どのような相関関係でもってCHRONICLEを転がしていくのか。そのヒントが散りばめられた語録だ。

CHRONICLEは映像も物語も音楽も同時に進んでいく。「映像作品のサントラ」的な制作とは全く違うプロセスでしたね。(KOJIMA)

―CHRONICLEはloundraw(以下、ロー)さんとKOJIMAさんが意気投合したことから始まったプロジェクトだと前回のインタビューで伺いましたが、そもそも、お互いの表現にはどういう印象を持っていたのですか?

KOJIMA:僕はローくんのイラストを以前からずっと見ていて。こちらの想像力を投影できる余地があり、いろんな解釈ができる絵だなと。そこがすごく好きだったんです。

loundraw:僕ももちろん、KOJIMAくんのことはよく知っていました。職業作家であると同時にアーティストでもあり、みんなが聴きたいであろうもの、自分が作りたいものの両方を作れるのはすごいなと。それで、ある時に偶然お会いして、いろいろ話しているうちに「何か一緒に出来ないだろうか」と思うようになったんですよね。

左から:loundraw、HIDEYA KOJIMA<br>CHRONICLE(くろにくる)<br>イラストレーターloundraw、サウンドクリエイターHIDEYA KOJIMA、ボーカルT.B.Aによる、新たな音楽アート集団。『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』など、装画を担当した作品の累計発行部数が400万部を超すloundraw。自ら小説・漫画の執筆、アニメーション制作を行う彼が綴る壮大な物語を軸にして、HIDEYA KOJIMAが音楽を生み出す。l音楽とアニメ、アート、小説がクロスオーバーしながら、多角的に物語が展開していくプロジェクト。2019年5月7日にキックオフを告げる楽曲“宇宙”と物語の断片を散りばめた予告動画を公開。2019年9月4日に『宇宙』をCDでリリースする。
左から:loundraw、HIDEYA KOJIMA
CHRONICLE(くろにくる)
イラストレーターloundraw、サウンドクリエイターHIDEYA KOJIMA、ボーカルT.B.Aによる、新たな音楽アート集団。『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』など、装画を担当した作品の累計発行部数が400万部を超すloundraw。自ら小説・漫画の執筆、アニメーション制作を行う彼が綴る壮大な物語を軸にして、HIDEYA KOJIMAが音楽を生み出す。l音楽とアニメ、アート、小説がクロスオーバーしながら、多角的に物語が展開していくプロジェクト。2019年5月7日にキックオフを告げる楽曲“宇宙”と物語の断片を散りばめた予告動画を公開。2019年9月4日に『宇宙』をCDでリリースする。

loundraw:それに個人的なことで言えば、僕は今までいろんな分野にチャレンジさせて頂いて、自分のなかの実感としてどの分野でもなにか掴めるかもという感覚がありましたが、楽曲制作は全然才能がなくて……(笑)。

―だからこそ、リスペクトする音楽家とコラボをしてみたかったんですね。そこから、CHRONICLEとして最初の1曲である“宇宙”はどのように作っていったのでしょうか。

KOJIMA:前回のインタビューでローくんが話していたように、通常の「映像作品のサントラ」的な制作とは全く違うプロセスでしたね。CHRONICLEは映像も物語も音楽も同時に進んでいくプロジェクトですけど、曲作りの最初の段階では、ストーリーはあったのですが映像はまだ完全に固まっていなくて。なので、ローくんの既存のイラストやイメージを参考にしながら、僕もイメージを膨らませて作っていく感じでした。

HIDEYA KOJIMA
HIDEYA KOJIMA

―ローさんは、敢えて映像を固めない状態から曲を作ろうとしたんですか。

loundraw:映像や物語、音楽……その中の何か一つだけを主軸にやるのは意味がないと思ってたんですよ。

―というと?

loundraw:例えば、物語を軸にして音楽を作ったら劇伴と変わらないですし、曲ありきでジャケットの絵を描いてしまったら、僕の普段のイラスト仕事の域を抜けなくなってしまう。だからこそ全部を融合させながら同時進行で進めるアプローチにするべきと考えたのですが、その分、決めることが多くてなかなか最初はスピーディーに進まなかったところがありました。

―物語、その映像、音楽、すべてが有機的に関与し合うプロジェクトだからこその試行錯誤があった。

loundraw:はい。それに“宇宙”の前にもKOJIMAくんと何曲かデモを作ってもらったのですが、これまで詩は書いたことがあったものの、歌詞を書くのは初めての経験で。これは当然ですけど、思ったよりも音に対する文字数の制限があるのと、やはり譜割や母音の位置まで考えなきゃならないとなった時に、何がベストなのかという基準を見つけるまではすごく時間がかかりました。

KOJIMA:そういう意味でも、曲、映像、歌詞をひっくるめて、CHRONICLEとの完全な調和が取れたのはやっぱり“宇宙”という楽曲ができた時でした。この曲は単体でも説得力があるし、音色やアレンジはローくんの映像を引き立てる要素もある。

ちゃんと両方を兼ね備えることが出来たのは、ローくんが描いたCHRONICLEの3人のイメージビジュアルにインスパイアされたのが大きくて。「この絵の裏で鳴っているサウンドは……」と考えたときに、あのイントロのピアノのフレーズが頭に浮かんで。そこからアレンジが固まっていったんです。

loundraw
loundraw

―ちなみにローさんは、そのビジュアルをどんなイメージで描いたのですか?

loundraw:まだ物語が決まっていない時点で描き始めました。僕の思うCHRONICLEの3人のイメージを描いたものですね。それをKOJIMAくんと共有して、お互いにイメージを膨らませていって。

CHRONICLEアーティスト写真。loundrawの手でメンバー3人が描かれている
CHRONICLEアーティスト写真。loundrawの手でメンバー3人が描かれている
Page 1
次へ

リリース情報

CHRONICLE
『宇宙』初回生産限定盤A(CD+DVD、トールデジパック仕様)

2019年9月4日(水)発売
価格:2,160円(税込)
BVCL 990~991

1. 宇宙
2. 宇宙 music box ver.

DVD収録内容:
1. 宇宙 予告編 アニメ
2. 宇宙 予告編 Teaser
3. 宇宙 予告編 Leap Edit
4. 宇宙 予告編 Flashback

『宇宙』初回生産限定盤B
CHRONICLE
『宇宙』初回生産限定盤B(CD+ハンカチ)

2019年9月4日(水)発売
価格:2,160円(税込)
BVCL 992~993

1. 宇宙
2. 宇宙 instrumental ver.

CHRONICLE
『宇宙』通常盤(CD)

2019年9月4日(水)発売
価格:1,080円(税込)
BVCL-994

1. 宇宙
2. 宇宙 弾き語りver.

デビューシングル「宇宙」購入者特典情報

・TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く): CHRONICLE CARD(Type.A 葛藤)
・全国アニメイト(オンラインショップ含む):CHRONICLE CARD(Type.B 安堵)
・Amazon.co.jp:CHRONICLE CARD(Type.C 希望)
・CHRONICLE 応援店:CHRONICLE CARD(Type.D 思案)
※CHRONICLE応援店詳細:CHRONICLE | 『宇宙』<CHRONICLE CARD(Type.D)>対象店舗一覧

イベント情報

CHRONICLE「宇宙」発売記念スペシャルトークイベント(※招待制)

日時:2019年10月5日(土)13:30時集合
会場:東京都内某所 ※会場はご当選者のみにご連絡いたします。
当選数:抽選で15組30名様

応募対象商品:
2019年9月4日(水)発売 CHRONICLE『宇宙』
初回生産限定盤A(BVCL 990~991)
初回生産限定盤B(BVCL 992~993)
通常盤[初回仕様](BVCL 994)
《応募締切日》2019年9月13日(金) 当日消印有効

<応募方法>上記作品に同封の専用応募ハガキに必要事項をご記入の上、62円分の切手を貼ってお送りください。
<当選のお知らせ> ご当選者様のみ郵送でのお知らせ。※9月20日(金)頃発送予定

プロフィール

CHRONICLE(くろにくる)

イラストレーターloundraw、サウンドクリエイターHIDEYA KOJIMA、ボーカルT.B.Aによる、新たな音楽アート集団。『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』など、装画を担当した作品の累計発行部数が400万部を超すloundraw。自ら小説・漫画の執筆、アニメーション制作を行う彼が綴る壮大な物語を軸にして、HIDEYA KOJIMAが音楽を生み出す。音楽とアニメ、アート、小説がクロスオーバーしながら、多角的に物語が展開していくプロジェクト。2019年5月7日にキックオフを告げる楽曲“宇宙”と物語の断片を散りばめた予告動画を公開した。2019年9月4日に『宇宙』をCDリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る