特集 PR

21年目の韻シストが語る、目指すは全世代に届くヒップホップ

21年目の韻シストが語る、目指すは全世代に届くヒップホップ

韻シスト『SHINE』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2019/08/07

僕らの思うヒップホップ的な手法と、合わなくなってきたのかもと感じています。(BASI)

―韻シストとオーディエンスの関係性をもう少しお伺いしたいのですが、韻シスト自体は「あくまで自分たちのやりたいことを貫く」というスタンスがありつつ、一方では、音楽シーンの流行みたいなものがあって、近年はまたヒップホップが盛り上がっている。そういうなかで、お客さんのノリにも時期によって変化があったりするのかなと。

BASI:僕らが10~20代のころって、ヒップホップには「DIG」って言葉があるように、掘り下げていって、「こんな音楽あるんや、これ俺しか知らんやろな」って、そこに喜びとか面白さを感じていた。なので、1990年代のアーティストへのリスペクトを込めて、そのころの曲を演奏したり、自分が好きで聴いていた音楽を流して、懐かしい気持ちになってもらおうとか、僕らはそういうアプローチをずっとやってきたんです。

でも、3~4年前くらいから、だんだんそこに対してお客さんの反応があるのかわからなくなってきたんですよね。今の子からすると、「その曲知らないから、韻シストの曲が聴きたい」っていう風に変わってきた。僕らの思うヒップホップ的な手法と合わなくなってきたのかもと感じています。

―なるほど。考えさせられますね。

BASI:それに対して悲観的なわけではなくて、あくまで事実としてそうなんです。だったら、どんなことをすればもっと面白いのかを追求しようと思うんですけど、事実として、昔とはちょっと変わったなっていうのは、ステージの上に立っていて思います。

BASI

―音楽との接し方が変わって、「若い世代は自分の興味の対象にはストレートに飛びつくけど、その周りにはあまり関心を持たない」ということも言われるので、それがライブにおける反応の違いともつながっているのかもしれないですね。

BASI:でも、熱が減っている感じではなく、ちゃんと今の音楽とか自分の好きな音楽にエネルギーを注いでいる感じはします。僕らが掘り下げるときに使うエネルギーと、若い子らの「今はこれなんだ」っていうエネルギーは同じで、ただ「昔はこんなんあったんよ」って言ったときに、「へー、そんな時代があったんですね。でも、今私はこれが好きなんです」っていう感じ。

―世代が変われば音楽の楽しみ方も変わるのはある種当然で、でもだからこそ、幅広い世代の集まるフェスのような場所で、それぞれの世代の楽しみ方を紹介して、シェアすることで、いい循環が生まれるような、そんなことができるといいですよね。

BASI:「今はそういう音楽の聴かれ方をしているんだ」っていうことを理解して認めたうえで、「これのどこが好きなん?」って聞くと、すごく熱心に教えてくれて、そこで気付くことや学ぶことも多いんです。20年もやっていれば、そういう変化が出てきて、面白いし、やりがいを感じますね。

左から:TAKU、BASI
Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『SHINE』
韻シスト
『SHINE』(CD)

2019年8月7日(水)発売
価格:2,000円(税込)
TKCA-74810

1. Shine
2. Come around
3. Just like this
4. SMILE
5. よあけの歌
6. Get out of my head

プロフィール

韻シスト
韻シスト(いんしすと)

生々しく独創的でグルーヴィーなサウンドと極上のライブパフォーマンスが圧倒的な評価を受け続ける、大阪をベースに活動するファンキーグルーヴマスターと称される唯一無二のヒップホップバンド。数度のメンバー・チェンジを経て、2 MC(BASI, サッコン)、Gtr.(TAKU)、Bass(Shyoudog)、Drs.(TAROW-ONE)からなる鉄壁の現メンバーとなる。2019年4月には、超満員の大阪城野外音楽堂で初の主催野外フェス“OSAKA GOOD VIBES”を開催。また、8月には早くもミニアルバム「SHINE」をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている