特集 PR

『バジーノイズ』むつき潤とカムラ ミカウが語る、人間関係の葛藤

『バジーノイズ』むつき潤とカムラ ミカウが語る、人間関係の葛藤

カムラ ミカウ『ENVY』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西槇太一 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

でも結局は誰かとつながらないと、なにもできないなって思うんですよね。(カムラ)

カムラ:とはいえ、『バジーノイズ』の清澄は、どんどんと仲間を増やして、それにつれてメインストリームに出ていくじゃないですか。僕も、もっといろんな人に聴いてもらうためには、人とつながっていくほうがいいんだろうなって考えているんです。それこそ、名義は「カムラ ミカウ」のままでも、ライブはバンド編成でやってみたりしようかなって。

むつき:え、そうなん!?

カムラ:最初はひとりで始めても、結局は誰かとつながらないと、なにもできないなって思うんですよね。ひとりだけで作っていると、受け手の目線になかなかなれないじゃないですか。でも、そこに第三者の意見が入ってくることで、受け手の視点も取り入れていくことができると思うんです。もちろんそこには、「もっとこうしたほうがいい」「いやだ!」みたいな面倒くさいやり取りもあると思うんですけど。

カムラ ミカウ

むつき:あるね(笑)。でも僕自身、今カムラくんが言ってくれたような感覚は『バジーノイズ』で大事にしながら描いている部分で。僕は、それがノイズであれ、プラスなものであれ、他者の声が入っていない作品は信頼していないんですよ。作者以外の人の声が入っていないものは、表現したものが「商品」になる過程を経ていない感じがしてしまうんです。

―『バジーノイズ』作中でも、清澄がひとりで作る音楽は、とても魅力的ではあるんだけど、「ひとりよがり」と言われたりもしていますよね。

むつき:もちろんカムラくんが言うように、他の人と一緒に作品を作るのは面倒くさいことでもあって。僕の場合は、そもそも「タイトルをカタカナにするかアルファベットにするか」みたいな段階から、担当編集者と喧々囂々としたりもしたし。会話シーンひとつとっても、「もっとわかりやすくアクションしたほうがいい」とか言われて、僕が「いやいや、違うやろ」って思ったりして、いまだに打ち合わせでは毎回「うるせえ!」って思いますけど(笑)。

カムラ:ははは(笑)。

むつき:それでも、特に僕はストーリーに関して、ひとりで考えたものにそこまでの自信は持っていないんですよね。もちろん、自分が考えたものに誇りは持っているけど、それに対して「ノー」と言ってくれる、自分にない発想や引き出しをもたらしてくれる人が必要だと常に思っているんです。それが、僕が同人誌ではなくて雑誌編集者と一緒にやっている大きな理由ですね。

むつき潤

―そうして他者と作品を作っていくことを前提としたうえで、それでも自分自身で譲れない部分もあったりするのでしょうか?

むつき:「ひとりで考えたストーリーに自信はない」と言いましたけど、「作画」に関しては自分のセンスで独占したい気持ちはあります。週刊連載というペース上、どうしても背景の下書きはスタッフさんに任せたりしますけど、画面全体のデザインは自分の色で統一したい。なので、最後にベタやトーンで白黒のバランスをとるところは他の人には任せず、完全に自分の感覚でやっていますね。「どういう絵でなにを語るか?」ということが、僕にとっては重要なんだと思うんです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

カムラ ミカウ『ENVY』
カムラ ミカウ
『ENVY』(CD)

2019年8月7日(水)発売
価格:1,728円(税込)
DDDPCD-00433

1. scandal arts
2. 狼
3. ふしだらにさよなら
4. dance dance dance
5. バルカロール
6. kitsune pride

書籍情報

『バジーノイズ』
『バジーノイズ』

著者:むつき潤
発行:小学館

プロフィール

カムラ ミカウ
カムラ ミカウ

1994年生まれ。from 大阪。電子音楽、ロックに特に影響を受け、作詞、作曲、編曲、トラックメイク、プログラミング、ミックスまで行うシンガーソングクリエイター。アンビエントやエレクトロニカなどの電子音楽の影響下にある浮遊感に満ちたトラックに、温かみのあるギターと繊細に言葉を紡ぐ歌声が特徴。2016年より現スタイルで本格的に活動スタート、1st E.P『ペトリコールと産声』をリリース。2018年4月にYouTube上で発表したミュージックビデオ“はるたちのぼる”が、早耳リスナーの間で注目を集め、同年9月に同楽曲が収録された2nd E.P『chaouen』をリリース。フジテレビ系音楽番組『Love music』番組スタッフイチオシのニューカマーを紹介する「Come music」での紹介、日本テレビ系『バズリズム 02』新春企画「これはバズるぞ2019」にランクイン。さらには「myblu」テレビCM「新しい選択」篇の楽曲制作・歌唱を担当するなど、様々なCMへの楽曲制作・歌唱抜擢でも注目を浴び始めている。

むつき潤(むつき じゅん)

マンガ家。兵庫県出身。大学時代に新人賞を2度受賞。大学卒業後、新聞社でバイトをしながらマンガを描きつづけ、2015年『週刊ビッグコミックスピリッツ』に掲載された『ハッピーニューイヤー』でデビュー。2018年5月から『週刊ビッグコミックスピリッツ』で初の連載マンガ『バジーノイズ』を執筆中。自身がプロデュースする漫画と音楽の融合ライブ『BUZZY NOISE LIVE』を開催し、好評を博す。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い