特集 PR

SEVENTEEN AGAiNが歌う、優しさのための「不関与」

SEVENTEEN AGAiNが歌う、優しさのための「不関与」

SEVENTEEN AGAiN『ルックアウト』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:永峰拓也

SEVENTEEN AGAiNが7月10日にリリースした『ルックアウト』。バラエティ豊かなリズムと深い音響の中でポップなメロディが生き生きと跳躍し続ける今作は、彼らのディスコグラフィーの中で最も音楽的な成熟を感じさせつつ、それと同時に青春性に満ちた歌がズバリと聴こえてくる気持ちよさも持ち併せている。衝動的なパンクロックとしてスタートしたSEVENTEEN AGAiNだが、パンクが内包する愛と寛容さをかつてなく歌の中で表現し切れているからこそ、その歌が強固な軸となって、より一層自由にソングライティングが解放された作品だとも位置付けられるだろう。

インタビュー冒頭でヤブソンが「自分たちはパンクバンドである」とハッキリ言葉にしてくれたように、パンクの思想と精神性に惚れて憧れてきたバンドとして、パンクロックの「型」に収まらない音の奥にこそ一切ブレない軸を持っているのがSEVENTEEN AGAiNだ。それは、投げ銭制の自主企画『リプレイスメンツ』をはじめとして、「自分で考えること」「個の価値観に寛容であること」、そして「正解はひとつじゃないこと」を問うて、体現し続けてきた彼らの活動スタンスにもはっきりと映っている。

最高作『ルックアウト』を紐解きながら、何年経とうと変わらぬパンクの思想――ひいては人間が人間を受け入れて自由に生きていくためのアティテュードの根幹を探ったインタビューが下記だ。人と人生と世界を偏愛するからこそ愛と優しさの行方に思い悩む。そんな人間論と綺麗すぎる綺麗事を真っ向から語り合ってきた。

パンクの「自発的にやる」っていう精神性は、時代が変わっても普遍的な原理で。だからこそ自分にフィットした。

ヤブソン

―ヤブさんが音楽やロックバンドに惹かれたきっかけは、どういうものだったんですか。

ヤブソン:確か、友達が学園祭でコピーしていたHi-STANDARD、MONGOL800、GOING STEADYを通してパンクのサウンドに出会ったのが最初でしたね。それ以前にTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTとかを聴いたことはありましたけど、自分で演奏したいっていう発想になったのはその時が初めてで。なんかこう……真っ直ぐだったんですよね。

―パンクは真っ直ぐだったとおっしゃいましたが、SEVENTEEN AGAiNの歌を聴いていても、自分は世界とどう関わって生きるのかを実直に考えながら、人に優しくありたいという気持ちを感じるんですね。ご自身では、自分たちの歌と音楽をどういうものだと捉えられているんですか。

ヤブソン:SEVENTEEN AGAiNも、パンクだと思います。自分のルーツがそこにしかないので。いろんな音楽それぞれに思想があると思うけど、その思想の面で自分に一番フィットしたのがパンクだったんですよ。それこそ最初は激しさや速さに衝撃を受けたところはあったんですけど、掘れば掘るほど思想の部分に憧れていったんです。

SEVENTEEN AGAiN『ルックアウト』を聴く(Apple Musicはこちら

ヤブソン:たとえばSNUFFY SMILE(日本のインディーズレーベル。日本のメロディックパンクの礎を作り上げた)を知って、栄森(陽一 / SNUFFY SMILE代表)さんのコラムを読むことでパンクのルーツを学んだりして。そうやって、パンクがただの「音楽の型」じゃないと知ると、それはとても社会的なものであると同時にロマンティックなものでもあると思えてきて……そこが好きだったんですよね。「パンクとは思想だ」っていうことは、そこに人間のドラマがあるっていうことだから。

―まさにおっしゃる通りだと思います。

ヤブソン:そうやってパンクが生まれていった時代を想像して、その時代に生きていた人の背景や思想を今の時代にも置き換えられるかもしれないって考えたり。たとえば今日、(筆者が)FUGAZIのTシャツを着られてますけど、FUGAZIがなぜFUGAZIのサウンドになったかって考えると、その理由は当時の社会や空気の中にあったわけですよね。

SEVENTEEN AGAiN(せぶんてぃーん あげいん)<br>2000年代中旬に活動を開始。ヤブソン(Vo,Gt)、ロッキー(Ba)、スズキカズ(Dr)による3ピースパンクバンド。ライブハウスを起点にアンダーグラウンドで広域に亘るネットワークを構築し続ける。投げ銭制の自主企画『リプレイスメンツ』を主催するなど、人それぞれの価値観を問いながらD.I.Y.な活動を展開。ギターポップからインディーロック、オルタナティブロックまでを消化した音楽性を持つ。2019年7月10日に、3rdフルアルバム『ルックアウト』をリリースした。
SEVENTEEN AGAiN(せぶんてぃーん あげいん)
2000年代中旬に活動を開始。ヤブソン(Vo,Gt)、ロッキー(Ba)、スズキカズ(Dr)による3ピースパンクバンド。ライブハウスを起点にアンダーグラウンドで広域に亘るネットワークを構築し続ける。投げ銭制の自主企画『リプレイスメンツ』を主催するなど、人それぞれの価値観を問いながらD.I.Y.な活動を展開。ギターポップからインディーロック、オルタナティブロックまでを消化した音楽性を持つ。2019年7月10日に、3rdフルアルバム『ルックアウト』をリリースした。
FUGAZI『13 Songs』を聴く(Apple Musicはこちら

―まさにそうですね。イアン・マッケイがFUGAZIの前にやっていたMINOR THREATで起こった現象に対する反動もあったと思うし。

ヤブソン:そうですね。MINOR THREATがイアン・マッケイの意志とは反するくらいキッズが集まるバンドになってしまって、「ストレートエッジ」(喫煙・麻薬・アルコール・快楽目的のセックスのすべてを断じて、刹那的かつ享楽的な生き方を否定した思想・ライフスタイル)の根本とは違う、ただの流行になっていって。結局そこに残ったのはバイオレンスだけだったんじゃないかなと思うんですよ。だからイアン・マッケイはFUGAZIでは激しいサウンドから距離を置いて、BPMを落とした音楽を作った。それに当時のワシントンではファンクも流行っていたから、それをパンクに落とし込んだらどうなるのかっていう音楽的好奇心もあったと思うんです。そういうふうに、当時の状況やドラマ……それを知っていくのが面白かったんです。

ヤブソン

―ストレートエッジって、そもそもバイオレンスとは真逆の発想から生まれた思想でしたよね。破滅的・退廃的ではなく、人に優しさを持って生きていくためのものだった。そういう思想の部分で言うと、いろんな音楽がある中でパンクにそこまで惹かれたのは、パンクの思想がご自身のどういう部分に置き換えられると思ったからなんですか。

ヤブソン:置き換えられる部分……すごく端的に言うと、パンクの「自発的にやる」っていう精神性だったんだと思います。自分の意志でやる。それは時代背景が変わったとしても、パンク……ひいては人の普遍的な原理で。だからこそ自分にフィットしたし、パンクはサウンドじゃ括れないものだと思うんですよね。

―SEVENTEEN AGAiNのサウンドの変遷を辿っていても、いわゆる「パンクロック」のサウンドからは作品ごとにはみ出していってますよね。

ヤブソン:そう、僕らがやりたいと思っていることのひとつもそこにあって。たとえばJ-POPの中にも、パンクと同じ価値観が存在したりするじゃないですか。逆に言うと、パンクの精神性はいろんなところにあるんだっていうことを体現したい気持ちもSEVENTEEN AGAiNのサウンドには複合されている気がしますね。

Page 1
次へ

リリース情報

SEVENTEEN AGAiN『ルックアウト』
SEVENTEEN AGAiN
『ルックアウト』(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,160円(税込)
KKV-074

1. ピリオド
2. サンライズ
3. ルックアウト
4. Don't Know Why
5. So Young
6. Calling Dark
7. 悲しい顔しないでよ
8. 意味はないなんて強がらないで
9. 戦争は終わりにしよう
10. 記念日

イベント情報

『ルックアウト レコ発ツアー』

2019年9月21(土)
会場:宮城県 仙台FLYING SON

2019年9月22日(日)
会場:山形県 酒田hope

2019年9月28日(土)
会場:神奈川県 横浜F.A.D

STARVINGMAN & LINK split CD『ichigo』
SEVENTEEN AGAiN『ルックアウト』
発売記念 合同企画ライブ

2019年10月12日(土)
会場:宮崎県 宮崎ぱーく

2019年10月13日(日)
会場:佐賀県 佐賀大学校内

2019年10月14日(月祝)
会場:福岡県 博多・四次元

2019年10月19日(土)
会場:大阪府 大阪 NOON

2019年10月20日(日)
会場:愛知県 名古屋zion

2019年10月22日(火祝)
会場:東京都 某所 ツアーファイナル

プロフィール

SEVENTEEN AGAiN(せぶんてぃーん あげいん)

2000年代中旬に活動を開始。ヤブソン(Vo,Gt)、ロッキー(Ba)、スズキカズ(Dr)による3ピースパンクバンド。ライブハウスを起点にアンダーグラウンドで広域に亘るネットワークを構築し続ける。投げ銭制の自主企画『リプレイスメンツ』を主催するなど、人それぞれの価値観を問いながらD.I.Y.な活動を展開。ギターポップからインディーロック、オルタナティブロックまでを消化した音楽性を持つ。2019年7月10日に、3rdフルアルバム『ルックアウト』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている