特集 PR

有山達也の飽くなきレコード愛。デザイナーが探る「音」のかたち

有山達也の飽くなきレコード愛。デザイナーが探る「音」のかたち

クリエイションギャラリーG8 有山達也展『音のかたち』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:江森康之 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

デザイナーの有山達也は、15年にわたりアートディレクターを務めた『ku:nel』をはじめ、文芸書、料理本、写真集、漫画など多様なエディトリアルデザインを手がける。手にとる人々に心地良さと品の良さを感じさせる彼の仕事にはファンも多い。また、数千を超えるレコードコレクションとヴィンテージオーディオを持つ音楽好きという一面も持っている。

今回、彼の東京初となる個展『音のかたち』がクリエイションギャラリーG8にて開催中だ。レコード針とレコードの溝を接写レンズでとらえた、齋藤圭吾による写真集『針と溝 stylus & groove』(本の雑誌社)のデザインを担当した有山は、「さらにその先が見てみたい」と思ったという。

そこで個展では齋藤との協働による、『針と溝』の世界をさらに進化させたビジュアルや、レコードの音を作り出すカッティングエンジニアやオーディオ機器の作り手への取材による「音」の可視化に取り組んだ。そこから立ち上がる「音のかたち」とは?

レコードも好きですが、針やオーディオ機器の奥深さにも魅力を感じました。

―今回の個展は、有山さんがデザインを手がけた、齋藤圭吾さんによる写真集『針と溝 stylus & groove』が出発点にあるそうですね。書名通り、レコードの針と溝を接写レンズでとらえた美しい1冊です。

有山:『針と溝』は、僕も齋藤君も音楽好きであることから生まれた本です。僕はレコード好きで、ふだんから自分なりに集めて楽しんでいる人間です。

齋藤君は、パソコンで音楽を聴いていて、ふと10年ぶりくらいにレコードに針を落としてみたらその音に感動して、翌日CDを全部手放したような人で(笑)。 その後、彼の写真展をやることが決まり、それに合わせて写真集をつくることになり、僕はデザインをやらせてもらいました。

有山達也(ありやま たつや)<br>1966年埼玉県生まれ。中垣デザイン事務所にデザイナーとして約3年勤務。1993年アリヤマデザインストア設立。エディトリアルを中心としたデザイン、アートディレクションを担当。第35回(平成16年)講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。ミームデザインスクール講師。東京藝術大学非常勤講師。
有山達也(ありやま たつや)
1966年埼玉県生まれ。中垣デザイン事務所にデザイナーとして約3年勤務。1993年アリヤマデザインストア設立。エディトリアルを中心としたデザイン、アートディレクションを担当。第35回(平成16年)講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。ミームデザインスクール講師。東京藝術大学非常勤講師。
『針と溝 stylus & groove』齋藤圭吾、本の雑誌社
『針と溝 stylus & groove』齋藤圭吾、本の雑誌社(Amazonで見る

―接写レンズでとらえたレコード溝は新鮮な世界です。ジェームス・ブラウンからポール・ウェラー、欧陽菲菲(台湾出身の女性歌手)から嘉手苅林昌(沖縄民謡のレジェンド的唄い手)まで、様々なレコードの溝を通して「音のかたち」が見えてきます。JBの溝は蛇行が激しくて、やはりグイグイくる感じ。対してウェラーの『Wild Wood』は溝がスッと立ち上がっていて、あの静かな力強さに通じている気もします。

有山:低音のリズムが効いているファンクなどは溝が蛇行してグネグネが目立つ。一方で、セロニアス・モンクのソロなどは、割とシュッとした溝が並んでいる。そういう違いも面白いです。溝を見て何の曲か分かるという人がいたとかいないとか……。本当だったらすごいですね(笑)。

『針と溝 stylus & groove』より
『針と溝 stylus & groove』より

―それと、前半にはレコード針の写真もたくさん載っています。この2つがあってこそ音が出るということですね。

有山:ええ。齋藤君はレコードを再び聴き始めてからは、針を求めてヤクオクで買っては売り、みたいなことを熱心にしていたようです。出品する際、写真がいいとオークションの反応もいいらしいです。そこは写真家ですから得意なわけで、そうして撮影してきたいくつもの針の写真が溜まってきた。そのことがきっかけで、彼の個展とあの写真集に発展したんです。

『針と溝 stylus & groove』より
『針と溝 stylus & groove』より

有山:その際、「針の情報もちゃんと調べて載せたら面白いんじゃない?」と話して、実際に写真集の巻末に載せることになりました。ただ、これが調べ始めると大変で(苦笑)。思っていた以上にネットに詳しい情報はなかったり、発売年がバラバラだったりとか……。

DJなら誰もが知っているような針なのに、どうしても詳細がわからないアメリカ製のものがひとつあって。最後は銚子にある、知る人ぞ知るオーディオショップの阿部昌和さんに協力していただき、発売年近辺の雑誌広告を見つけてもらって「これだ!」となったこともありました。

有山達也展『音のかたち』
有山達也展『音のかたち』(サイトを見る

―デザイナー / アートディレクターというより、探偵のようですね。そういうことも編集者や写真家さんと一緒にやりながら作り上げていくことが多い?

有山:編集者も熱心に調べてくれたのですが、わからないものは一緒に調べるしかないじゃないですか。こんなことはなかなかありませんが、楽しくやらせてもらいました。

レコード好きとオーディオ機器好きって、両方というより、どちらか一方に熱心な人が多い気がするんです。僕はレコードの方ですが、この写真集作りを通じて、針やオーディオ機器の奥深さにもさらに魅力を感じました。

有山達也
Page 1
次へ

イベント情報

有山達也展『音のかたち』
有山達也展『音のかたち』

2019年8月27日(火)~10月5日(土)
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8
時間:11:00~19:00
休館日:日曜、祝日
料金:無料

書籍情報

有山達也『音のかたち』
有山達也『音のかたち』

2019年9月5日(木)発売
価格:2,700円(税込)
発行:リトルモア

プロフィール

有山達也
有山達也(ありやま たつや)

1966年埼玉県生まれ。中垣デザイン事務所にデザイナーとして約3年勤務。1993年アリヤマデザインストア設立。エディトリアルを中心としたデザイン、アートディレクションを担当。第35回(平成16年)講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。ミームデザインスクール講師。東京藝術大学非常勤講師。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために