特集 PR

a flood of circle佐々木の音楽探訪。なんでもアリな世界を求めて

a flood of circle佐々木の音楽探訪。なんでもアリな世界を求めて

Ryosuke Sasaki『RAINBOW PIZZA』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:新保勇樹

話せば話すほど面白い音楽家である。

a flood of circleでは一貫してロックンロールを叫びながら、ソロ作品ではゴスペル、ソウル、ブルース、トラップまでを自在に食い尽くし消化する。直情と冷静、本能と批評性。作品ごとに異なる表情を見せながら、しかしそのどれもが還元し合って転がっていると感じさせるところに、佐々木亮介の面白さがある。一見バラバラで定位置を持たない人だが、むしろその定位置のなさを音楽にし続けてきたし、だからこそ音楽から音楽へと旅をしながら「はみ出し者だからこそ自由である」ことを体現してきたのが佐々木なのである。

8月21日にリリースされたソロ名義でのアルバム『RAINBOW PIZZA』はシカゴと東京で制作された。シカゴへ赴いたのも納得の、ゴスペル、トラップ、ソウル、ブルースがドバッと注ぎ込まれたトラックたち。その上を、のびのびと佐々木のラップが泳いでいく。ギターをはじめとした生音がトラックに生のグルーヴを与えていく楽曲構造も、ロックバンド側からポップミュージックの動向を冷静に見続けてきた佐々木らしい。

2019年に入ってからすでに30曲近くをリリースしている佐々木の異様なスピード感と自由なソングライティングは、上述したように広い視野で音楽の動向とその背景を見つめる視座から生まれているのだろう。ロックバンドのプライドを歌い鳴らしながらラップミュージックへと飛び込んだ先で見つけたものとはなんなのか? 今ロックバンドを転がしていくための光を、どこに見ているのか? 音楽家・佐々木亮介の展望を徹底的に掘った。

『LEO』でブルースやソウルのルーツに対峙した時に、過去すら清算できたんだよね。そこから一気に曲が出てくるようになった。

―3月の『CENTER OF THE EARTH』、8月にRyosuke Sasaki名義でリリースしたソロアルバム『RAINBOW PIZZA』。そして11月にリリースする『HEART』。a flood of circle(以下、フラッド)、ソロ、さらにTHE KEBABSのデモ2枚の全部を合わせると、佐々木さんは今年30曲以上リリースすることになるんですが。

佐々木:数えたんだ(笑)。でも、確かにそれくらいいってるね。

佐々木亮介『RAINBOW PIZZA』を聴く(Apple Musicはこちら

a flood of circle『CENTER OF THE EARTH』を聴く(Apple Musicはこちら

―ここ数年はソロもフラッドも猛烈なペースですけど、このエンジンのかかり方は一体なんなんですか。

佐々木:簡単な言葉になるけど、「自由でいいんだ」って思えたのが大きいんだと思う。きっかけを思い返すと……2015年にフラッドで『花』を出した頃は、曲が全然書けなくなってたのね。個人としてはポップミュージックの変化スピードを理解してきた一方、バンドマンとしての自分は「フラッドはロックンロールでなくちゃいけない」と思い込み過ぎていて。自分の固定概念の中で歪みが出てたというか。

佐々木亮介<br>a flood of circle(あ ふらっど おぶ さーくる)<br>2006年結成。佐々木亮介(Vo,Gt)、渡邊一丘(Dr), HISAYO(Ba)、アオキテツ(Gt)からなる4ピース・ロックンロールバンド。数回に亘るメンバー交代を経て、現在の編成に定着。2019年3月にアルバム『CENTER OF THE EARTH』をリリースし、11月には、メンバーそれぞれが1曲ずつ作詞作曲を手掛けたミニアルバム『HEART』を発表。佐々木亮介は2017年の『LEO』を皮切りにソロ活動もスタートし、こちらではブルース、ソウル、ゴスペル、ヒップホップ〜トラップまでを網羅する。
佐々木亮介
a flood of circle(あ ふらっど おぶ さーくる)
2006年結成。佐々木亮介(Vo,Gt)、渡邊一丘(Dr), HISAYO(Ba)、アオキテツ(Gt)からなる4ピース・ロックンロールバンド。数回に亘るメンバー交代を経て、現在の編成に定着。2019年3月にアルバム『CENTER OF THE EARTH』をリリースし、11月には、メンバーそれぞれが1曲ずつ作詞作曲を手掛けたミニアルバム『HEART』を発表。佐々木亮介は2017年の『LEO』を皮切りにソロ活動もスタートし、こちらではブルース、ソウル、ゴスペル、ヒップホップ〜トラップまでを網羅する。

―『花』の当時は、音楽家脳とバンドマン脳の解離状態だったと。作詞作曲も佐々木さんだし、メンバーの脱退や交代を繰り返してもフラッドを突き動かしてきたバンドストーリーの象徴としても、佐々木さんはずっと前に立って闘い続けてましたよね。

佐々木:やっぱりフラッドはメンバー同士がぶつかり合って音楽を生み出すバンドじゃなくて、俺が一生懸命やるのをメンバーが助けてくれる感じだったから。だからこそ「自分とフラッドを同化させなきゃいけない」って考え続けてたんだけど……「バンドを続ける覚悟は決めてるけど、どう動かしていけばいいのか」ってフワフワしてたし、自分たちの事務所を立ち上げた直後で不安もあった。そういう複合的な理由で考えすぎてぶっ壊れてしまって。ギターが鳴ってる音楽を聴けなくなっちゃうくらいだったんだよね(笑)。でもそこで支えてくれたのは、やっぱりメンバーや周りの人だったんだよ。

『花』をリリースした後、アルバム『NEW TRIBE』を出した頃からサポートギターとしてテツ(アオキテツ / 2018年より正式メンバー)が入って、ナベちゃん(渡邊一丘 / Dr)や姐さん(HISAYO / Ba)もより一層「フラッド頑張ろう」っていうモードになってくれてさ。マネージャーも固まって。そこでみんなが俺に「もっと自由にやっていいんだよ」って後押ししてくれたの。それで、2016年に作った初めてのソロアルバムが『LEO』(2017年 / LEOは佐々木の愛称)で。そこから、どんどん自由になっていけたんだと思う。

左から:HISAYO、佐々木亮介、アオキテツ、渡邊一丘
左から:HISAYO、佐々木亮介、アオキテツ、渡邊一丘

―『LEO』は、a flood of circleが鳴らしてきたロックンロールのルーツに対峙するようにメンフィスで作られた作品で。ブルース、R&B、ゴスペルの色も濃かったですよね。

佐々木:そう、まさに「一旦ルーツに向き合いたい」と思って、メンフィスに行って作ったのが『LEO』で。そこで、自分の過去のことすら清算できた気がしたんだよね。振り返ると、フラッドの一番最初のギターの岡ちゃん(岡庭匡志 / 1stアルバムリリースツアーファイナルの直前に失踪。2009年に脱退)がブルースやソウルに詳しくて、そいつが「ブルースロックやろう」って言い出したのをきっかけにしてフラッドは始まってさ。それに引っ張られて俺も好きな音楽が広がったし、だからこそ岡ちゃんに対してのコンプレックスもあったんだよ。

佐々木亮介

佐々木:それもあって、岡ちゃんがいなくなってからのa flood of circleに対して「宙ぶらりんになったブルースロックを俺が貫くしかない」っていう固定概念が強くなり過ぎてたんだろうなって……実際にブルースやソウルのルーツに対峙した時に自覚できてさ。でも、「貫いたことでここまで来られたんだ」と思って、憑き物が落ちた感覚だった。そうなった瞬間に、バンドとしても自由に音楽を作る楽しみも感じられるようになっていって。そういう相乗効果でバンドでもソロでも迷いがなくなって、一気に曲が出てくるようになったね。

―長らくa flood of circleっていう枠を守ることが大事だったけど、ルーツと向き合えた時にようやく、その枠の外で表現することを自分に許せたと。

佐々木:そう、足場が固まった瞬間に迷いがなくなったんだよね。だって『LEO』なんて、最初は「自分のルーツにあるものを気楽にやってみよう」っていう気持ちだったのが、いざ作ってみたら「ピアノで曲作ってもいいんだ」とか「ゴスペルもやりたい」とか「とにかく全部詰め込みたい!」みたいな作品になってさ(笑)。

そこまでやり切れたからこそ、またロックバンドのよさも改めて理解できたところがあったの。やっぱり今の時代にロックンロールをやるなら、クリックに合わせるとかグリッドに沿うとかじゃなく、生々しいグルーヴを振り切らせるべきだと思えたんだよね。

佐々木亮介

―直近作『CENTER OF THE EARTH』はまさに、生のグルーヴで一気に突っ走る作品でしたね。

佐々木:そうそう。そうやってフラッドを改めて面白がって鳴らせるようになったのが、すごく嬉しかったことで。もっと自由でいいと思ったし、一方ソロでは、今回の『RAINBOW PIZZA』みたいにトラックメイキングまでやるようになっちゃったし(笑)。

―ロックンロールを叫ぶバンドマン脳と、ロックに夢を見るからこそ客観的にポップミュージックを分析していく音楽家脳と。その二軸の両方を同時にフル稼働させられるのが佐々木さんのすごさと面白さだと思います。

佐々木:ずっと二面性はあるよね。しかも、バンドマンとしても音楽家としてもどこにもハマれてねえなっていう感覚がずっとあって。たとえばチバさん(チバユウスケ / The Birthday)やベンジーさん(浅井健一)みたいな生まれながらのロックスターの仲間にも入れない感じがするし、一方では田淵さん(田淵智也 / UNISON SQUARE GARDEN)みたいに超クレバーなソングライターにもなれない。

でも、自分の好きにやればいいっていうモードになれたことで、その「ハマれなさ」こそがアイデンティティだと思えるようになってきたのが最近だと思うんだよ。

Page 1
次へ

リリース情報

Ryosuke Sasaki『RAINBOW PIZZA』
Ryosuke Sasaki(LEO)
『RAINBOW PIZZA』初回限定盤(CD+DVD)

2019年8月21日(水)発売
価格:3,240円(税込)
TECI-1653

1. Fireworks feat.KAINA(Chicago Mix)
2. Meme Song(Chicago Mix)
3. Bi-Polar Tokyo / 双極東京(Chicago Mix)
4. Just 1 Thing(Chicago Mix)
5. Sofa Party(Tokyo Mix)
6. Game Over(Tokyo Mix)
7. Snowy Snowy Day, YA!(Tokyo Mix)
8. We Alright feat.三船雅也(Tokyo Mix)
※DVD収録内容:
『Behind The Scenes : RAINBOW PIZZA from CHICAGO』
シカゴまでの道のり、レコーディング風景などを収めたドキュメント映像。

Ryosuke Sasaki(LEO)
『RAINBOW PIZZA』通常盤(CD)

2019年8月21日(水)発売
価格:2,700円(税込)
TECI-1654

1. Fireworks feat.KAINA(Chicago Mix)
2. Meme Song(Chicago Mix)
3. Bi-Polar Tokyo / 双極東京(Chicago Mix)
4. Just 1 Thing(Chicago Mix)
5. Sofa Party(Tokyo Mix)
6. Game Over(Tokyo Mix)
7. Snowy Snowy Day, YA!(Tokyo Mix)
8. We Alright feat.三船雅也(Tokyo Mix)

a flood of circle
『HEART』(CD)

2019年11月6日(水)発売
価格:2,700円(税込)
TECI-1656

・スーパーハッピーデイ
・Lucky Lucky
・Lemonade Talk
・新しい宇宙
・Stray Dogsのテーマ
※収録曲曲順未定
※デビュー10周年を記念して行われるメジャー1st&2ndアルバム再現ライブ『BUFFALO SOUL×PARADOX PARADE』のライブ音源をボーナストラックとして収録

イベント情報

『RAINBOW PIZZA Delivery Tour 2019』

2019年9月12日(木)
会場:愛知県 名古屋Vio

2019年9月13日(金)
会場:大阪府 梅田Shangri-La

2019年9月24日(火)
会場:宮城県 仙台STAR DUST

2019年10月2日(水)
会場:東京都 渋谷WWW

プロフィール

佐々木亮介(ささきりょうすけ)

ロックンロールバンド・a flood of circleのギターボーカル。2017年の『LEO』を皮切りにソロ活動をスタート。2019年8月21日には、東京とシカゴで制作したアルバム『RAINBOW PIZZA』をRyosuke Sasaki名義でリリースした。

Ryosuke Sasaki『RAINBOW PIZZA』
a flood of circle(あ ふらっど おぶ さーくる)

2006年結成。佐々木亮介(Vo,Gt)、渡邊一丘(Dr), HISAYO(Ba)、アオキテツ(Gt)からなる4ピース・ロックンロールバンド。数回に亘るメンバー交代を経て、現在の編成に定着。2019年3月にアルバム『CENTER OF THE EARTH』をリリースし、11月には、メンバーそれぞれが1曲ずつ作詞作曲を手掛けたミニアルバム『HEART』を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」