特集 PR

渡會将士が塗り替えた自分。強がりを脱いで出会えた人の温かさ

渡會将士が塗り替えた自分。強がりを脱いで出会えた人の温かさ

『NEWTOWN 2019』
インタビュー・テキスト・編集
中田光貴(CINRA.NET編集部)
撮影:山川哲矢(Showcase)

自分の中で逃げていたものをちゃんと見てみたら、意外とキラキラしてんなぁって思わされた。

―今の自分の変化に気づけたからこそ、過去を許せるということはありますよね。

渡會:その怒ってくれる人が、昔作った曲だったり、ソロ初期の曲だったりを「本当にいい曲」って言ってくれたりもして。それまでFoZZtoneに対して、報われなかったという気持ちがすごく強くあったんです。それを今更お酒を飲みながら全曲ぶわーっと聴いてたりして、これいい曲だな! って思ったりとか。

自分の中で逃げていたものをちゃんと見てみたら、意外とキラキラしてんなぁって思わされたんですよね。

渡會将士

―なるほど。今の渡會さんの曲って、歌の中に人がいっぱいいる感じがするんですよね。

渡會:あははは、そうですね(笑)。

―それこそFoZZtoneの“LOVE”のように、大きなビートで行進しながら、人を引き連れるような曲もあったと思うんです。だけど今の渡會さんの曲では、人の息遣いもちゃんと聴こえる。そう言われてみて、ご自身ではどういう実感がありますか。

渡會:なるほど、そうですね。それこそ『NEW WORLD』を作ったときには、最初に「こういうのでいくから」って言って、小説まで書いたり、1人で頑張りすぎていたんですよね。

でもその中で、とにかく孤独であることっていうのが、コミュニケーション下手な自分に対する言い訳でもあったと思うんですよ。友達増えると人間強度下がるぐらいの感覚で。なので、あの頃を今思い返すと、「寂しいやつだな、俺。でも頑張ったな」という感じなんですよね。

その一方で今の自分は、「だいぶ皆に迷惑かけてんなぁ……。皆ありがとう!」みたいな。曲の中でも、これは誰で、これは誰に言われたことでみたいにリストアップできるぐらいで、その関係性の中で音楽を作れているのは大きいのかもしれないですね。それが楽しいし、今の自分にとっての「キラキラ」なんだと思います。

もしかしたら、今がホームタウンに着く前の渋滞しているタイミングなのかもと思う。

―今回弾き語りツアーの中で、ご当地ソングを歌われている曲ってソロ初期作の“海老名前”ですよね。なぜこのタイミングでこの曲を再び取り上げているのでしょう。

渡會:この歌はつまり高速道路で渋滞に巻き込まれたという曲なんです。その閉塞感がここ1年ぐらいの、FoZZtoneのとき持っていた自信が損なわれていく感覚だったり、友達に怒って貰えたり、意見を言い合えたり、でもまだそこに自分が明確に答えを出せていないといった状態がシンクロしている気がしている。

その上で、サビの<もうすぐ東京 ホームタウン>みたいな予感も最近していて。勝手なこじつけかもしれないですけど、もしかしたら、今がホームタウンに着く前の渋滞しているタイミングなのかもと思うんですよね。

―その「ホームタウン」とは、人々との繋がりの大切さを実感した上で、やはりバンドに帰結するのでしょうか。

渡會:ホームタウンは、やはりバンドなのかなとは思います。それこそ、こないだずっと連絡していなかったギター(竹尾典明)と連絡したりもして。でもやっぱりソロをやってきて、できた仲間たちもとても大切なんです。

だから、今まで色んなものを突き放してここまできたけど、これからは自分がホームタウン的な中心になるというか、「このチームにいると楽しいわ」と言ってくれる人を増やしていきたいのかもしれないですね。

―ホームタウンに着くために、渋滞を抜けるキーってなんなんでしょうか。

渡會:今やっているツアーが、鍵になってくると思います。全国各地を回るのでなるべく曲がかぶらないようにって考えたら、今まで嫌な思い出があるから避けてたFoZZtoneの曲とか、昔の引き出しを全部開けるしかないんですよね。その結果、今、人生ざぶっと再確認中みたいになっていて。

引き出しから取り出した曲を各地でやるとお客さんがすごく喜んでくれるんです。それでちょっとずつ肯定されていくのを感じていて。ツアーが進むごとに、今の丸い自分と、FoZZtoneの頃の強気だった自分と、brainchild'sでウェイウェイしている自分と、すべてのバランスが整っていくのかな、と。もしかしたらツアーが終わる頃に全部が1つになって、「これが渡會将士です」みたいなものがアウトプットできるのかもしれないですね。

渡會将士
渡會将士『ウォーク アンド フーズ』ジャケット
渡會将士『ウォーク アンド フーズ』ジャケット(Amazonで見る
Page 4
前へ

リリース情報

渡會将士
『ウォーク アンド フーズ』
渡會将士
『ウォーク アンド フーズ』

2019年5月1日(水)
価格:3,000円(税抜)
PML-2003 / PML-3001

[CD]
1. カントリーロードアゲイン
2. モーニン
3. ビューティフルガール
4. 前夜祭
5. 区役所に行こう
6. カーディガン

[DVD]
1. Ride on Tide(MV)
2. Squall(MV)
3. Tomorrow Boy(MV)
4. モーニン(MV)
5. Weather Report(MV)

イベント情報

『JAPAN? TOUR』

2019年10月11日(金)
会場:大阪府 LIVE Bar 酔夏男

2019年10月19日(土)
会場:北海道 musica hall café
※昼公演、夜公演あり
※夜公演はSOLD OUT

2019年10月26日(土)
会場:宮崎県 ぱーく
ゲスト:カワサキイタロ、棘侍まる

2019年10月27日(日)
会場:佐賀県 ROCK RIDE
ゲスト:シャケトリップ

2019年11月2日(土)
会場:青森県 cafe bar ATOM
ゲスト:洞口隆志(SWANKY DOGS) / 小林康平

2019年11月3日(日)
会場:岩手県 Club Change
ゲスト:SWANKY DOGS

2019年11月4日(月・祝)
会場:栃木県 ASHIKAGA SOUNDHOUSE PICO

2019年11月10日(日)
会場:岡山県 城下公会堂

2019年12月1日(日)
会場:石川県 もっきりや

2019年12月8日(日)
会場:東京都 晴れたら空に豆まいて
※SOLD OUT

2019年12月14日(土)
会場:京都府 紫明会館

2019年12月15日(日)
会場:島根県 松江B1
ゲスト:後藤謙 / 日向時間

『ONIWARA TOUR』

2019年11月9日(土)
会場:大阪府 OSAKA MUSE
ゲスト:鶴

2019年11月16日(土)
会場:東京都 SHINJUKU BLAZE
ゲスト:LUNKHEAD

2019年11月30日(土)
会場:愛知県 名古屋 E.L.L.
ゲスト:the quiet room

『NEWTOWN 2019』
『NEWTOWN 2019』

2019年10月19日(土)、10月20日(日)
会場:東京都 多摩センター パルテノン大通り、パルテノン多摩
東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)

プロフィール

渡會将士(わたらい まさし)

2002年、FoZZtoneを結成。2007年にEMIミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。全作品のアートワークと歌詞を手掛け、ほとんどの楽曲を作曲する。枠にとらわれないさまざまなアプローチで活動を展開するが、惜しまれながら2015年2月にバンド活動を休止。その後ベイビーレイズJAPANの10thシングル“Pretty Little Baby”を楽曲提供し、2016年にはソロミュージシャンとして初となる1stフルアルバム『マスターオブライフ』をリリース。2017年には1stミニアルバム『After Fork in the Road』、2018年10月に2ndフルアルバム『PEOPLE』をリリースし、全国ツアー『渡會将士 TOUR 2018 PEOPLE』を行う。2019年5月に2nd ミニアルバム『ウォーク アンド フーズ』をリリースし、東名阪+埼ツアーを行う。今現在、全国弾語りツアー『渡會将士 JAPAN? TOUR』を開催中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優