特集 PR

[ALEXANDROS]川上洋平が語る。人間は死にゆく、だから今を踊る

[ALEXANDROS]川上洋平が語る。人間は死にゆく、だから今を踊る

[ALEXANDROS]『あまりにも素敵な夜だから』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:関信行 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

[ALEXANDROS]の新曲“あまりにも素敵な夜だから”は、軽快なファンクポップサウンドに乗せて、日々「解放」を求めて心を彷徨わせる主人公の心情を描く1曲だ。過ちと不安は尽きず、圧しかかってくる過去は重く、未来なんて見えない。それでも、この曲の主人公は自らをがんじがらめにするあらゆる重圧から解き放たれる夜を、その「今」という瞬間を求めて、踊る。踊り続ける。ポップな曲だが、決して楽天的なわけではない。その快楽性の裏側に生活のリアルや痛みを刻んでいるからこそ、ドラマチックに、ロマンチックに響く1曲だ。

もはやこの国のロックバンドの「王者」としての風格も漂わせる[ALEXANDROS]だが、その威風堂々とした佇まいとは裏腹に、生まれてくる曲は、その音楽が届く場所にいるどこかの誰かの心に生まれる小さな叫びを、繊細なざわめきを、丁寧にすくい上げ、受け止めるような柔らかさと滑らかさを持っている。このインタビューでは、“あまりにも素敵な夜だから”が生まれた背景から、川上洋平のソングライティングやライブパフォーマンスにおける姿勢を覗いた。

1日1日、1曲1曲……そこにある「今」という瞬間を恐れることなく楽しみたい。

―新曲“あまりにも素敵な夜だから”のようなファンクサウンドって、ポップスとしては王道感がありますけど、[ALEXANDROS]の曲としては、新鮮な印象もあります。[ALEXANDROS]は、これまでもいろんな音楽的側面を見せてきた、いわばカメレオン的なバンドだと思うんですけど、“あまりにも素敵な夜だから”には「オルタナティブなバンドが王道をやる」という面での新鮮味があるというか。

川上:なるほど。でも、『EXIST!』(2016年)に入っている“Aoyama”や“Feel Like”でも、こういうファンクな曲は作っていたし、もっと遡ると“Thunder”っていう曲が、最初にこういう音楽性を試みた曲だったんですよね。ただ、こういう方向性の曲たちは、これまではアルバム曲やB面のほうで試してきたサウンドだったのも確かで。“あまりにも素敵な夜だから”は、ここで1度自分たちのこういう側面を、いわばバンドのA面に持ってきたいっていうのがアティテュード的にもあったんですよ。

川上洋平(かわかみ ようへい)<br>[ALEXANDROS]のボーカル、ギター。2007年に本格始動し、2015年よりユニバーサルミュージックとグローバル契約を結ぶ。2016年11月、6枚目のフルアルバム『EXIST!』で、オリコンウィークリーチャートで初登場1位を獲得。2018年8月には自身初となるZOZOマリンスタジアムでのワンマンライブを成功させ、11月には7枚目となるアルバム『Sleepless in Brooklyn』をリリース。2019年に入ってからは、『Pray』『月色ホライズン』『月色ホライズン(chill out ver.)』『あまりにも素敵な夜だから』を配信リリースしている。
川上洋平(かわかみ ようへい)
[ALEXANDROS]のボーカル、ギター。2007年に本格始動し、2015年よりユニバーサルミュージックとグローバル契約を結ぶ。2016年11月、6枚目のフルアルバム『EXIST!』で、オリコンウィークリーチャートで初登場1位を獲得。2018年8月には自身初となるZOZOマリンスタジアムでのワンマンライブを成功させ、11月には7枚目となるアルバム『Sleepless in Brooklyn』をリリース。2019年に入ってからは、『Pray』『月色ホライズン』『月色ホライズン(chill out ver.)』『あまりにも素敵な夜だから』を配信リリースしている。
[ALEXANDROS]“Thunder”を聴く(Apple Musicはこちら

―その「アティテュード」を、具体的に伺いたいです。

川上:バンドを長く続けていくうえで一番大切なのって「流動的であること」だと思うんですよね。僕らは来年でデビュー10周年なんですけど、さっき言っていただいたように、本当にカメレオン的にいろんなことをやってきたバンドだし、これからも、そのとき自分たちが「好きだ」と思ったチャンネルに合わせてやっていきたい。そのとき自分たちが好きなものを自由に吸収して消化して、曲に取り入れていく。[ALEXANDROS]は、そういうことを我慢しないでやっていきたいバンドなんです。

―うん、わかります。

川上:曲作りは、「嘘をつかないこと」がすごく大切で。「これがウケたから、これをやろう」とか、「この曲によってお客さんが増えたから、こういう曲をやろう」で曲を作っていくと、嘘になってしまうんですよね。それを身をもって経験したことが、この9年の間に何回かあったんです。そのたびに、曲に嘘が入り込んでくることが一番良くないと、僕は思ったので。

そもそも僕らはいろんな音楽が好きだし、単純に飽き性だし。新しいものに興味を持ったら、それを次の日のスタジオで「こんな曲やってみよう」っていうことをアマチュア時代からやってきたんです。そういうスタンスで今でも続けているから、それができないとバンドを続けることが窮屈になってくる。僕らのそういうスタンスは、ファンの皆さんには伝わっていると思うし、僕ら自身、もう周りになにを言われても気にならなくなった。それが自分たちの「アティテュード」ですね。

川上洋平

―“あまりにも素敵な夜だから”の歌詞は、窮屈で悩みや不安に満ちた日常から主人公が解放される、「今」という瞬間の刹那的な輝きを描いているようにも思えたんですけど、それもまさに、「流動的であること」につながるのかなと思いました。

川上:そうですね。今年出した“月色ホライズン”っていう曲の歌詞にも、<今をただ生きていく>っていうフレーズがあるんですけど、僕ももういい歳で、将来のことも見えてきてて。20代の頃とは違って、自分の寿命みたいなものをぼんやりとだけど実感するようになってきたんですよ。

同曲はアクエリアスのTVCMソングにも起用された。

―川上さんが寿命について考えられるというのは、意外です。

川上:考えますよ(笑)。特に、いまの時代のミュージシャンはライブがすごく重要じゃないですか。だから、ライブがいつまでできるのか、ライブを長くやっていくにはどうすればいいのか……なんてことはすごく考えます。そういうことを考えること自体は、「今を生きる」っていうことと矛盾するかもしれない。でも、考えれば考えるほど、1日1日、1曲1曲……そこにある「今」という瞬間を恐れることなく楽しみたいと思うようになってきたんです。

今、自分のなかで起こったことをそのまま出していきたいし、それができる時代でもある。なにをやるにしても、「今こういう曲を作っていても、出すのは来年だから、こういう流れを考えよう」みたいなことでは、もう自分たちはやっていけないんですよね。

川上洋平
Page 1
次へ

リリース情報

[ALEXANDROS]『あまりにも素敵な夜だから』
[ALEXANDROS]
『あまりにも素敵な夜だから』

2019年10月30日(水)配信

[ALEXANDROS]
『Pray』

2019年5月13日(月)配信

[ALEXANDROS]
『月色ホライズン』

2019年7月5日(金)配信

[ALEXANDROS]
『月色ホライズン(chill out ver.)』

2019年8月1日(木)配信

プロフィール

川上洋平(かわかみ ようへい)

2007年に本格始動した[ALEXANDROS]のボーカル、ギター。2015年よりユニバーサルミュージックとグローバル契約を結ぶ。2016年11月、6枚目のフルアルバム『EXIST!』で、オリコンウィークリーチャートで初登場1位を獲得。2018年8月には自身初となるZOZOマリンスタジアムでのワンマンライブを成功させ、11月には7枚目となるアルバム『Sleepless in Brooklyn』をリリース。2019年に入ってからは、『Pray』『月色ホライズン』『月色ホライズン(chill out ver.)』『あまりにも素敵な夜だから』を配信リリースしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る