特集 PR

the engyの研究発表 今の時代の「芸術性と大衆性を成す音」とは

the engyの研究発表 今の時代の「芸術性と大衆性を成す音」とは

the engy『Talking about a Talk』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2019/10/30

SuchmosとかNulbarichのライブで同期が使われているのを知って、意識が変わった。

―the engyの楽曲においてボーカルのインパクトも大きいと思うんですけど、「歌」にのめり込んでいった理由にも、「わからないから知りたい」と近いものがありますか?

山路:もともとギタリスト志望だったんですけど、曲を書いても誰も歌ってくれないから、大学のときに「このままじゃ4年間無駄になる」と思って弾き語りで歌い始めて。

エド・シーランが好きだったので、最初はルーパーを使って似たようなことをしていたんです。自分としてはギターを褒めてもらえると思ったら、「全然リズム感ないからルーパーやめた方がいい。せっかく歌はいいのに」みたいに言われて、「え、ギターじゃないの?」みたいな(笑)。そのあとにサークルでthe engyの前身のバンドを組んで、ライブをしたときに、PAさんが「めっちゃ声いいね」って言ってくれて、そこからちゃんと歌い始めました。

左から:山路洸至、濱田周作、境井祐人、藤田恭輔
左から:山路洸至、濱田周作、境井祐人、藤田恭輔

―the engyの楽曲は生演奏と打ち込みの融合もポイントだと思いますが、打ち込みをやり始めたきっかけは?

山路:最初のEPに入ってる“She makes me wonder”という曲は、エンジニアを目指している後輩が「DTMできる」って言うから、そいつと一緒に作ってみたんです。そうしたら「こんなこと身近でできんのや」ってわかって、「今iPadでもできますよ」って言われたので、自分でもやり始めました。

山路:もともと曲を作るのが好きで、弾き語りではすごい数作ってたんですけど、ギターで作るのにちょっと飽きてきていたところで。打ち込みで作るようになったらめちゃくちゃ楽しくなったんですよね。

―言ってみれば、研究の対象がDTMに移ったというか。

山路:ジョン・フルシアンテも言ってたんですけど、DTMで作るのって、最初のアイデアが必要ないんですよ。とりあえず音を出してみれば、そこからアイデアが広がって、どんどん曲が生まれる感覚になるんです。

しかも、ちょうどその頃に、SuchmosとかNulbarichのライブを観た人が「同期使ってた」って言ってて、「もうそういうふうにライブをやるのは普通なんやな」と思って。だったら、同期をもっと大胆に使った方が面白いものができるんじゃないかと思ったので、しっかりトラックを作ることを意識するようになりました。

―そこに関しては、時流の影響もあったと。

山路:twenty one pilotsとかも好きで、彼らのライブはドラムとピアノだけで、あとはオケなんですよ。でも、ドラムはめっちゃ叩いてるし、ボーカルはピアノからジャンプしたり、すごい熱量を感じて、同期を使おうがなにしようが、「大事なのは見せ方なんやな」と思って。それからは同期をどんどん使って、機材自体にハマっていった感じです。

左から:濱田周作、藤田恭輔、境井祐人、山路洸至
左から:濱田周作、藤田恭輔、境井祐人、山路洸至

ひねくれた作り方をする上では、「匂い」が大事なんですよね。

―新作『Talking about a Talk』のサウンドは、『Call us whatever you want』以上に、かなり作り込まれていますよね。

the engy『Talking about a Talk』(Apple Musicはこちら

山路:『Call us whatever you want』はライブを意識して作ったんですけど、その上で、さらに曲の完成度を上げたいと思ったのが今回のアルバムで、アナログの、温かみのある音を意識しました。

デジタルはどうしてもきれいというか、汚れてなくて、CGみたいなんですよ。でも、ちょっと汚れとか匂いが音自体についてる方が僕の曲には映えると思って、それを意識してやってたら、どんどん機材が増えて、今家が機材の段ボールだらけです(笑)。

―今はソフトさえあればある程度のクオリティのサウンドを誰でも出すことができるけど、よりオリジナリティを強くするために、アナログがポイントだったと。

山路:自分はちょっとひねくれてるのか、王道にはいけないんです。たとえば、「ファンクっぽい曲にしたい」って言ったら、普通エンジニアさんは全部の音をファンキーにしようとするじゃないですか。でもそうじゃなくて、「フレーズだけファンキーで、音も全部ファンキーだったらダメ」って言うんです。そうすると「なんで?」ってなるんですけど、一回やってみると、そっちの方がむしろファンキーだったりして。

そういうひねくれた作り方をする上では、「匂い」が大事なんですよね。今回だと声やギターをICレコーダーで録ったりして、それもいい質感になったなと思います。

―リード曲の“Sick enough to dance”のサウンドに関しては、どのように作っていったのでしょうか?

山路:この曲は今回一番最後に作ったので、それまでに得たいろんなノウハウを詰め込んで、音にはものすごくこだわりました。サンプル音源は一個も使ってなくて、キックの音は打ち込みなんですけどシェーカーは自分たちで振ってるし、スネアはわざわざ電話回線を通して録っていて。

―電話回線を通して?

山路:その方が遠くで鳴ってる感じがして、クラップと混ざったとき気持ちいいと思ったんです。“Sick enough to dance”はそうやっていろいろ積み上げつつ、遊びつつ、楽しんで作った曲ですね。ただ、積み上げれば積み上げるほど、逆に壊したくもなっちゃうんですよ。

山路洸至

―やっぱり、そこはひねくれてる(笑)。

山路:アメリカの音楽のずるいところって、結局「ジャーン!」ってやるとかっこいいんですよね。Bon Joviが「ドーン!」ってやれば、「かっけえ!」みたいな(笑)。そういう気持ちよさも出したくて、“Sick enough to dance”は「やりすぎ」をテーマにしました。パーティーすぎるし、バンドサウンドすぎるし、キック気持ちよすぎるし、メロもよすぎる。そういう方向性が面白いんじゃないかなって。

―今のサウンドメイクの流行りとしては、音数を減らして、空間を作って、ちゃんと帯域を分けて、それぞれの音をよく聴こえるようにするっていうのがあると思うんですね。でも、そこであえて「やりすぎ」を選んだと。

山路:「音数が少ない」ということに対して、僕は思うところがあって……。

山路洸至
Page 3
前へ 次へ

リリース情報

the engy『Talking about a Talk』
the engy
『Talking about a Talk』初回限定盤(CD)

2019年10月30日(水)発売
価格:2,530円(税込)
VICL-65257

1. At all
2. Still there?
3. Sick enough to dance
4. In my head
5. Touch me
6. Hey
7. I told you how
8. Have a little talk
9. Sick enough to dance [Pf ver.](ボーナストラック)

the engy
『Talking about a Talk』通常盤(CD)

2019年10月30日(水)発売
価格:2,200円(税込)
VICL-65258

1. At all
2. Still there?
3. Sick enough to dance
4. In my head
5. Touch me
6. Hey
7. I told you how
8. Have a little talk

イベント情報

『ONEMAN LIVE「Talking about a Talk」』

2019年11月25日(月)
会場:東京都 渋谷 WWW

2019年12月3日(火)
会場:大阪府 心斎橋 Pangea

『「Talking about a Talk」インストアLIVE』

2019年11月16日(土)
会場:東京都 タワーレコード新宿店7F イベントスペース

2019年11月17日(日)
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース

2019年11月23日(土)
会場:京都府 タワーレコード京都店 イベントスペース

プロフィール

the engy
the engy(じ えんぎー)

京都発。山路洸至(Vo,Gt,Prog)と濱田周作(Ba)、境井祐人(Dr)、藤田恭輔(E.Gt,Cho,Key)の4人からなるロックバンド。山路のスモーキーかつブルージーな歌声とソウル、ヒップホップ、ダンスミュージック、エレクトロニックなどあらゆるジャンルを取り込みつつ緻密に構築されたトラックメイクとロックサウンドが特徴。
2017年5月に自主制作盤1st EP『theengy』を発売。未流通の自主制作盤ながら耳の早いバイヤーがYouTubeなどで楽曲をキャッチし、コアな専門店やアパレル店などで取り扱いされ関西を中心にジワジワと存在感を増しいく。2019年には『Touch me』(6月12日配信)、『Still there?』(8月28日配信)と配信シングルを立て続けにリリースし、Apple Music「今週のNEW ARTIST」への選出、Spotifyでは国内外複数のプレイリストに取り上げられるなど更に注目度を上げている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材