特集 PR

ナツノムジナ×ピープル波多野の野外REC&対談 音が音楽になるとき

ナツノムジナ×ピープル波多野の野外REC&対談 音が音楽になるとき

『Punctum』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

12月4日、渋谷WWWでナツノムジナによる企画ライブ『Punctum』がPeople In The Boxを招いて開催される。bloodthirsty butchersやNUMBER GIRLといった日本のオルタナティブロックの系譜に連なるナツノムジナにとって、People In The Boxもまた尊敬する先達であり、念願叶っての共演となる。

両者の共通点として挙げられるのが、「音楽の抽象度の高さ」だ。ナツノムジナが7月に発表した最新作『Temporary Reality Numbers』は、フィールドレコーディングによるギターインストの小品“temporary,reality”に始まり、ラストも“(temporary,reality)”で締め括られる。それは現実と非現実の揺らぎを作り出し、聴き手それぞれの風景を喚起するもの。この感覚はPeople In The Boxの音楽とも非常に近しいように感じられる。

そこで今回CINRA.NETでは、ナツノムジナの粟國智彦とPeople In The Boxの波多野裕文に、上野を散策しながらフィールドレコーディングをしてもらい、両者の感性を探るという企画を行った。この対談は約2時間に及ぶ散策のあと、東京藝術大学の音楽環境創造科の出身で、ミュージックコンクレートの授業などを経験してきたというナツノムジナの窪田薫も交えて行われたもの。現代の音楽のあり方について、示唆に富む対談となった。

左から:粟國智彦(ナツノムジナ)、波多野裕文(People In The Box)
左から:粟國智彦(ナツノムジナ)、波多野裕文(People In The Box)

丁寧に作られたものにしか宿らないものがある。波多野が見抜いた、ナツノムジナのアーティストとしての気骨

―ナツノムジナのメンバーは高校時代からPeople In The Box(以下、ピープル)を聴いていたそうですね。

粟國(Vo,Gt):僕らがバンドを結成した高1のときに窪田くんが教えてくれて、みんなハマりました。一番思い入れが深いのは『Citizen Soul』(2012年)で、学校の古びたスクールバスに乗って、夕方のじめっとした空気のなかで聴いたことをよく覚えていて。「これから自分はどうなっていくんだろう?」ってことを考えていた時期に、あの曲たちが寄り添ってくれたような思い出があります。

ピープルには、そういう深い思い入れがあるので、波多野さんには自分たちの音源を聴いてもらいたくて。それで東京に出てきて、マヒトさん(GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポー)との2マンを観に行ったときに、『淼のすみか』(2017年)と『天体』(2017年)をお渡ししたんです。

ナツノムジナ<br>2010年、沖縄にて、高校の入学を目前に粟國智彦の呼びかけにより小学校の頃の同級生でナツノムジナを結成。同年の10月ごろにベーシストが抜け、現メンバーの窪田薫が加入。2011年7月、bloodthirsty butchersのライブのオープニングアクトを務めたことをきっかけに音源作成を決意。2019年7月、2ndアルバム『Temporary Reality Numbers』をリリース。12月4日には、ナツノムジナとPeople In The Boxによる企画ライブ『Punctum』を渋谷WWWにて開催する。
ナツノムジナ
2010年、沖縄にて、高校の入学を目前に粟國智彦の呼びかけにより小学校の頃の同級生でナツノムジナを結成。同年の10月ごろにベーシストが抜け、現メンバーの窪田薫が加入。2011年7月、bloodthirsty butchersのライブのオープニングアクトを務めたことをきっかけに音源作成を決意。2019年7月、2ndアルバム『Temporary Reality Numbers』をリリース。12月4日には、ナツノムジナとPeople In The Boxによる企画ライブ『Punctum』を渋谷WWWにて開催する。
People In The Box『Citizen Soul』を聴く(Apple Musicはこちら

―それをきっかけに波多野さんは、ナツノムジナのアートワークを担当されていた美山有さんにピープルのグッズデザインをお願いしたそうですね。

波多野:そうです。ストリーミング時代の風潮として、アートワークってそんなにこだわらなくても済んでしまうというか、それはそれで悪いことではないと思うんです。でも、ナツノムジナはそこをむしろこだわってやっていて、そこに念みたいなものを感じたんですよね。それで実際に聴いてみたらすごく好きだったんです。

People In The Box(ぴーぷる いん ざ ぼっくす)<br>2005年に結成した3ピースバンド。2008年に福井健太(Ba)が加入し、現在のメンバーで活動し始める。3ピースの限界にとらわれない、幅広く高い音楽性と、独特な歌の世界観で注目を集めている。2019年9月7日に7thアルバム『Tabula Rasa』をリリース。
People In The Box(ぴーぷる いん ざ ぼっくす)
2005年に結成した3ピースバンド。2008年に福井健太(Ba)が加入し、現在のメンバーで活動し始める。3ピースの限界にとらわれない、幅広く高い音楽性と、独特な歌の世界観で注目を集めている。2019年9月7日に7thアルバム『Tabula Rasa』をリリース。
ナツノムジナ『淼のすみか』を聴く(Apple Musicはこちら

粟國:1stアルバム(『淼のすみか』)のときは、自分たちのなかにはっきりとあるものや物語を、なんとか外界に「もの」として存在させたいっていう意識が強くあったんです。なのでアートワークも、現実世界に物体として置かれて、しっくりくるものじゃないといけないと考えていました。

波多野:わかります。ナツノムジナは音を聴いても、密度がすごくて、混沌としていますもんね。やろうとしていること自体はっきりしてるんだけど、いい意味で整理されてなくて、それがすごくいいなと思います。「整理されてない」ってことと、「丁寧に作る」ってことは矛盾してなくて、すごく丁寧に作っていることも伝わってくる。

粟國:曲を作っている段階で、その整理されてない要素に自分が持っていかれることもありますからね。そういう揺らぎのなかで曲が固まってきたとき、そのある種の混沌を取り除いてしまっていいのかって考えると、そうではないと思うんです。

たとえ未整理でも、聴く人に委ねて大丈夫だと思うから。その音楽を自分が聴き直して生まれる体験が混乱したものであっても、同じ混乱を聴き手とも共有したいんです。

粟國:1stアルバムからは、今もなにか渦巻いてるものを感じますし、音楽に閉じ込められた「かつて、こういうことがあったんだ」という記憶や物語は、自分にとってかけがえのないものになっています。だから、今もあのアルバムを聴くと勇気が出るというか、すごいことを成し遂げたなと思うんです。

波多野:自己培養というか、バンド内でフィードバックが起こっているというか……そういう制御不能なものをなんとか飼い慣らそうとして、でも飼い慣らしきらない、っていう部分がちゃんと作品に結実している。僕にはそれがすごく音楽的に聴こえたし、新作(『Temporary Reality Numbers』)もそこがすごく好きでしたね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Punctum』
『Punctum』

2019年12月4日(水)
会場:東京都 渋谷 WWW

出演:
ナツノムジナ
People In The Box
CHIIO

リリース情報

ナツノムジナ『Temporary Reality Numbers』
ナツノムジナ
『Temporary Reality Numbers』(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,484円(税込)
PCD-83016

1. temporary,reality
2. 煙の花束
3. 優しい怪物
4. 台風
5. 報せ
6. タイトロープ
7. 漸近線
8. 金星
9. (temporary,reality)

People In The Box
『Tabula Rasa』(CD)

2019年9月7日(土)発売
価格:2,5002,700円(税込)
BXWY-024

1. 装置
2. いきている
3. 風景を一瞬で変える方法
4. 忘れる音楽
5. ミネルヴァ
6. 2121
7. 懐胎した犬のブルース
8. まなざし

プロフィール

ナツノムジナ
ナツノムジナ

2010年、沖縄にて、高校の入学を目前に粟國智彦の呼びかけにより小学校の頃の同級生でナツノムジナを結成。同年の10月ごろにベーシストが抜け、現メンバーの窪田薫が加入。2011年7月、bloodthirsty butchersのライブのオープニングアクトを務めたことをきっかけに音源作成を決意。2017年9月、初の全国流通版1stフルアルバム『淼のすみか』をリリース。2018年3月、CINRA.NETの企画で田渕ひさ子氏とライブセッションと対談を行う。2019年7月、2ndアルバム『Temporary Reality Numbers』をリリース。12月4日には、ナツノムジナとPeople In The Boxによる企画ライブ『Punctum』を渋谷WWWにて開催する。

People In The Box
People In The Box(ぴーぷる いん ざ ぼっくす)

2005年に結成した3ピースバンド。2008年に福井健太(Ba)が加入し、現在のメンバーで活動し始める。3ピースの限界にとらわれない、幅広く高い音楽性と、独特な歌の世界観で注目を集めている。2019年9月7日に7thアルバム『Tabula Rasa』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露