特集 PR

ハルカミライ、躍進の理由。ヒーローすら必要ない領域へ行きたい

ハルカミライ、躍進の理由。ヒーローすら必要ない領域へ行きたい

ハルカミライ『PEAK'D YELLOW』
インタビュー・テキスト
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:嶋本丈士 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

パンクのデッカい歌と、フォークの美しいメロディ。それを、幾度となく爆発と転調を起こしてごった煮にしながら、どかーんと打ち上げていく楽曲。4人それぞれが思うままに自分を解放し、ぶつかり合ってはグッチャグチャになっていくライブ。ハルカミライを説明するならばそういう言葉になるが、そのど真ん中を担っているのが、圧倒的な「赤レンジャー」としてのヒロイズムと、どこまでも伸びていく美しい歌声の両方を滾らせるボーカルの橋本学だ。

「イェええええい!」の一声でその空気を一変させ、歌声一発で天まで届く存在証明を果たしてしまうボーカリストである。汗でぐちゃぐちゃになりながら、拳を掲げて、とにかく俺がヒーローだと歌を振り絞る。たったそれだけなのに、自分を見つけてほしいと叫び、求める異様な執念に胸を打たれる。個として生きること。大事な人を守れる強さを求めること。そして、一瞬だとしても歌と仲間の中では弱さをひっくり返して行けるんだということ――ロックバンドの根本をど真ん中に叩き込みながら、かつては「青春パンク」と呼ばれた日本人ならではのプロテストソングを歌の力で更新していく存在。そんな次なる主役が、11月13日にリリースしたシングル『PEAK’D YELLOW』を通し、根本と変化と迷いの全てを語った。

散々笑わせて、散々解放した上で本質的なメッセージが刺さる――その両方を表現するっていうのがやりたいし、やってるつもりです。

―動員としてもライブの力としても、そして音楽の素晴らしさにしても、デビューから2年ちょっとでとんでもない速度でスケールを増しているとお見受けしていて。しかも12月8日には幕張メッセで8888人を集めてのワンマンライブもあると。この異様な駆け上がり方は一体なんなんですか。

橋本:いやあ……先輩方がフェスにも呼んでくれて、観てくれる人が増えて。その中で自分たちもバチッとできた。それに尽きる気はしますね。

フェスに限らずどんなライブでも、俺らのことを知らないお客さんだったり、界隈の違う年齢層の人たちの前でやるのが面白いんですよ。「初めまして」のお客さんを一発で持っていけるのが自分たちの強みなのかなっていう気はしてます。

ハルカミライ(はるかみらい)<br>左から:須藤俊(Ba,Cho)、小松謙太(Dr,Cho)、橋本学(Vo)、関大地(Gt,Cho)<br>2012年結成。年間150本のライブ活動を行いながらデモ音源を制作し、2017年2月初の全国流通音源『センスオブワンダー』を発売。その後もリリースを重ね、2019年1月、1st フルアルバム『永遠の花』を発売。2月より全国ツアー『天国と地獄』をスタートし、全公演ソールドアウトさせた。12月8日には幕張メッセで360°センターステージ、8,888人動員と、彼らにとって史上最大規模となるワンマンライブの大舞台に立つ。
ハルカミライ(はるかみらい)
左から:須藤俊(Ba,Cho)、小松謙太(Dr,Cho)、橋本学(Vo)、関大地(Gt,Cho)
2012年結成。年間150本のライブ活動を行いながらデモ音源を制作し、2017年2月初の全国流通音源『センスオブワンダー』を発売。その後もリリースを重ね、2019年1月、1st フルアルバム『永遠の花』を発売。2月より全国ツアー『天国と地獄』をスタートし、全公演ソールドアウトさせた。12月8日には幕張メッセで360°センターステージ、8,888人動員と、彼らにとって史上最大規模となるワンマンライブの大舞台に立つ。

―実際に、一発で見た人を引きずりあげるライブの力と、ぐちゃぐちゃになりながらも美しいメロディを誇る楽曲の力がものすごいんですけど、ステージの規模も広がる中で、ハルカミライのストロングポイントを客観的に見られるようにはなりましたか。

橋本:言われた通り、俺らって4人全員がぐちゃぐちゃでライブをするし、「なんだこいつら」って、最初は引かれるわけですよ(笑)。でも人の心って不思議なもんで、一見引いたとしても、「なにが起こるんだろう」って面白がるところもあるんでしょうね。こちら側としても、ただ引かれるだけじゃない、人の心自体に語りかけて、その扉をこじ開けるにはどうしたらいいかを大事にしてライブをやっていて。

―ハルカミライとして、人の心のどういう部分に語りかけてると思うんですか?

橋本:俺らがやっているのはパンクロックだとは思いつつ、でも俺はコミックバンドのライブが世界で一番好きなんですね。そういうライブを観てると、「自分にとって大事なことは少しでいいんだよ」っていうメッセージがあると思うし、俺らもそれを伝えたいんです。

ふざけてもいい、ぐちゃぐちゃで自分を解放していい、だけど最後のたった3秒に、「自分にとって本当に大事なことは少しでもいいんだ」って叩き込むような、そういうライブが理想的なんですよ。散々笑わせて、散々解放した上で本質的なメッセージが刺さる――その両方を表現するっていうのがやりたいし、やってるつもりですね。

橋本学(はしもと まなぶ)
橋本学(はしもと まなぶ)

―「大事なことは少しでいい」とおっしゃいましたけど、自分が歌にして伝えたい本当に大事なことって、言葉にするとどういうものなんだと思いますか。

橋本:いやあ、そこがまさに今移り変わってきている実感があって――今までは「俺を見ろ!」「理想の自分になるんだ!」っていうことのために歌ってたんです。でも最近は、「人のための歌ってなんだろう?」っていうことを考え始めてもいて。

―それはどうして?

橋本:きっかけはわからないですけど……たとえば、理屈で理解しなくてもいいのがロックなんだ、って言う人もいるし、俺はきっとその豪快さに憧れてきたところがあったんです。説明しないで伝わる潔いものってカッコいいから。

だけど今は、哲学的なところにも近づいてみたくて。なぜ君と俺は友達なのか、なぜ君と俺は恋人なのか、なぜ君と俺は仲間なのか……みたいな。そういう「人と俺」みたいな部分を考え始めた気がするんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

ハルカミライ『PEAK'D YELLOW』
ハルカミライ
『PEAK'D YELLOW』(CD)

2019年11月13日(水)発売
価格:1,100円(税込)

1. PEAK'D YELLOW
2. 君と僕にしか出来ない事がある
3. これさえあればいい

プロフィール

ハルカミライ
ハルカミライ(はるかみらい)

橋本学(Vo)、関大地(Gt,Cho)、須藤俊(Ba,Cho)、小松謙太(Dr,Cho)によって、2012年に結成。年間150本のライブ活動を行いながらデモ音源を制作し、2017年2月初の全国流通音源『センスオブワンダー』を発売。その後もリリースを重ね、2019年1月、1stフルアルバム『永遠の花』を発売。2月より全国ツアー『天国と地獄』をスタートし、全公演ソールドアウトさせる。12月8日には幕張メッセで360°センターステージ、8,888人動員と、彼らにとって史上最大規模となるワンマンライブの大舞台に立つ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る 1

    元銀杏BOYZの安孫子と中村、憧れの農家と「農業とパンク」を語る

  2. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 2

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  3. 中山美穂がNHK『SONGS』に登場 思い出の場所で歌手活動再開の胸中明かす 3

    中山美穂がNHK『SONGS』に登場 思い出の場所で歌手活動再開の胸中明かす

  4. King Gnuの新アルバム『CEREMONY』1月リリース&初アリーナ含むツアーも 4

    King Gnuの新アルバム『CEREMONY』1月リリース&初アリーナ含むツアーも

  5. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 5

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  6. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 6

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察

  7. 二階堂ふみ×染谷将太の100年の恋描く 相鉄都心直通記念ムービー公開 7

    二階堂ふみ×染谷将太の100年の恋描く 相鉄都心直通記念ムービー公開

  8. 映画『ドクター・スリープ』あらすじ、キャストや『シャイニング』など紹介 8

    映画『ドクター・スリープ』あらすじ、キャストや『シャイニング』など紹介

  9. 『スター・ウォーズ』最新作の新映像&13種キャラポスター公開 9

    『スター・ウォーズ』最新作の新映像&13種キャラポスター公開

  10. カニエ・ウェストの記録映画『ジーザス・イズ・キング』3日間限定公開 10

    カニエ・ウェストの記録映画『ジーザス・イズ・キング』3日間限定公開