特集 PR

曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

曽我部恵一と後藤まりこ『結婚しようよ』
インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:諏訪稔 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

1972年にシングルとして発表された、吉田拓郎の代表曲“結婚しようよ”。ウェディングソングの草分けとしても知られるこの曲は、それまでプロテストソングが主流とされていた日本のフォークミュージックを再定義し、現在にいたるJ-POPの礎を築いたとも言われている。そんな名曲“結婚しようよ”を曽我部恵一と後藤まりこがデュエットでカバー。Bサイドには高田渡“銭がなけりゃ”のカバーを収録し、2曲入りの7インチシングルとして11月15日にリリースされる運びとなった。

今回のインタビューでは、まず彼らにこの2曲を選んだ理由からうかがっている。「結婚って楽しいですよね」と話す後藤と、“結婚しようよ”は人生のピークを描いた曲だと語る曽我部。ヒップホップ的なドラムループにギターサウンドを重ねた、この高揚感に満ちたトラックも含めて、彼らがふたつのカバー曲に込めたフィーリングは、とにかくハッピーで楽しげだ。

ところが、この取材の流れは同席していた28歳の編集者が発したひと言で大きく変わる。というのも、彼は今回のカバーシングルにはとてもシリアスなメッセージが込められているのではないか、と言うのだ。そんなわけで、インタビュー後半は20代後半男性の人生相談に後藤と曽我部が応じるという、予想外の展開に。それぞれに異なる結婚観も含めて、お楽しみください。

左から:曽我部恵一、後藤まりこ
左から:曽我部恵一、後藤まりこ

小田島等のダメ出しで路線変更。“結婚しようよ”のカバーは、ポップでロマンティックの極みに

―まずは、今回おふたりが“結婚しようよ”をカバーすることになった経緯を教えてください。

曽我部:きっかけはライブだったんです。後藤さんの企画に僕が呼んでもらったとき、後藤さんから「なにか一緒にやれそうな曲ありませんか?」と訊かれて、そのときにパッと思い浮かんだ曲が“結婚しようよ”だった。それで早速リハーサルで一緒に歌ってみたら、それがすごくよくて。

後藤:歌割りもなにも考えずにやってみたんですけど、その時点ですごくよかったんですよね。リハ後の控え室でも「すごく合うね」ってふたりで話してて。

曽我部:リハの段階で「これ、ちゃんと録音しといたほうがいいな」と思ったんです。アコギの弾き語りとか、そういう形で記録として残しておいてもいいんじゃないかって。

曽我部恵一(そかべ けいいち)<br>1971年生まれ、香川県出身。1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト・ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に「ROSE RECORDS」を設立。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐にわたって活動を展開中。曽我部恵一と後藤まりこ『結婚しようよ』を7インチシングルとして2019年11月15日にリリースする。
曽我部恵一(そかべ けいいち)
1971年生まれ、香川県出身。1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト・ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に「ROSE RECORDS」を設立。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐にわたって活動を展開中。曽我部恵一と後藤まりこ『結婚しようよ』を7インチシングルとして2019年11月15日にリリースする。

―当初のレコーディングは弾き語りの予定だったんですか?

曽我部:うん。弾き語り+αくらいのアレンジでいいかなと思ってました。あと、今回の録音は僕の家でやったんですよ。スタジオで録るのもなんだかなと思って、同じ空間にマイクを並べて、ふたりで向き合いながら歌ったんです。

後藤:すごく新鮮でした。エンジニアさんもいないなかでライブみたいに歌うレコーディングって初めてだったし、曽我部さんの飼ってる犬がいたのもよかった(笑)。

曽我部:すぐ邪魔しにくるからね(笑)。なので、当初のオケはもっと軽い感じだったんですけど、ジャケットを頼みたくて小田島等くんに音源を送ったら、「このトラックじゃダメ」と言われてしまって。「後藤まりこと曽我部恵一が“結婚しようよ”をカバーするって、本当にすごいことなんだよ。俺の期待はもっとでかいから、もうちょっと頑張ってくれ」と。それで泣きながら作ったのがこれなんです(笑)。

―当初はどんなアレンジだったんですか。

曽我部:最初はビートもなかったんです。エレクトロニカみたいな揺らいだ感じのトラックに、ふたりの歌がふわっと乗っかればいいかなって。でも、小田島くんから「絶対に踊れるやつにしなきゃ。結婚パーティーで流せるようにしてよ」と言われて。

それで悩んでたら、ふと「1990年代のマンチェスターみたいな感じにしたいな」と思ったんです。それこそCandy FlipがThe Beatlesの“Strawberry Fields Forever”をカバーしたように、僕らが吉田拓郎の“結婚しようよ”をブレイクビーツでやったらいいんじゃないかって。それで作り直して小田島くんに送ったら、「これこれ!」って。

後藤:結果的にすごくよくなりましたよね。めちゃくちゃポップになった。

後藤まりこ(ごとう まりこ)<br>2003年に結成したバンド「ミドリ」でボーカルとギターを担当する。2007年、メジャーデビュー。2012年、ソロ1stアルバム『299792458』リリース。2013年、ソロ2ndアルバム『m@u』リリース。2014年、3rdアルバム『こわれた箱にりなっくす』を「EVIL LINE RECORDS」よりリリース。2019年12月11日、「DJ後藤まりこ」として1stアルバム『ゲンズブールに愛されて』リリースする。大阪出身。
後藤まりこ(ごとう まりこ)
2003年に結成したバンド「ミドリ」でボーカルとギターを担当する。2007年、メジャーデビュー。2012年、ソロ1stアルバム『299792458』リリース。2013年、ソロ2ndアルバム『m@u』リリース。2014年、3rdアルバム『こわれた箱にりなっくす』を「EVIL LINE RECORDS」よりリリース。2019年12月11日、「DJ後藤まりこ」として1stアルバム『ゲンズブールに愛されて』リリースする。大阪出身。

曽我部:やっぱりポップが大事なんだなって改めて思いました。だってこれは後藤さんと歌うんだし、“結婚しようよ”はロマンティックの極みなんだから、結婚パーティーで絶対にかけたくなるような曲にしなきゃダメだなって。

Page 1
次へ

リリース情報

曽我部恵一と後藤まりこ『結婚しようよ』
曽我部恵一と後藤まりこ
『結婚しようよ』(7インチアナログ盤)

2019年11月15日(金)発売
価格:1,650円(税込)
ROSE-241

[SIDE-A]
結婚しようよ
[SIDE-B]
銭がなけりゃ

イベント情報

『曽我部恵一ソロコンサート「それからlove -東京編-」』

2019年12月21日(土)
会場:東京都 下北沢CLUB Que

2019年12月22(日)
会場:東京都 下北沢CLUB Que

プロフィール

曽我部恵一(そかべ けいいち)

1971年生まれ、香川県出身。1994年、サニーデイ・サービスのボーカリスト・ギタリストとしてメジャーデビュー。2001年よりソロとしての活動をスタート。2004年、メジャーレコード会社から独立し、東京・下北沢に「ROSE RECORDS」を設立。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、執筆、CM・映画音楽制作、プロデュースワーク、DJなど、多岐にわたって活動を展開中。曽我部恵一と後藤まりこ『結婚しようよ』を7インチシングルとして2019年11月15日にリリースする。

後藤まりこ(ごとう まりこ)

2003年に結成したバンド「ミドリ」でボーカルとギターを担当する。2007年、メジャーデビュー。2012年、ソロ1stアルバム『299792458』リリース。2013年、ソロ2ndアルバム『m@u』リリース。2014年、3rdアルバム『こわれた箱にりなっくす』を「EVIL LINE RECORDS」よりリリース。2019年12月11日、「DJ後藤まりこ」として1stアルバム『ゲンズブールに愛されて』をリリース。大阪出身。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性