特集 PR

DÉ DÉ MOUSEが、Aphex Twinらに感じた時代を把握する力

DÉ DÉ MOUSEが、Aphex Twinらに感じた時代を把握する力

DÉ DÉ MOUSE『Nulife』
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:沼田学 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

鋭敏なアンテナで時代と交信している人の話は楽しい。そのアンテナでキャッチした世界の空気と、自らのクリエイションを深く対話させている人なら、なおさらだ。

8枚目のフルアルバム『Nulife』を12月11日にリリースしたDÉ DÉ MOUSE。エキゾチック、そしてニューディスコがコンセプト。持ち前のボイスのカットアップは、よりジェンダーレスな声色へ、そして憂いを帯びながら熱くもあるラテンのパーカッションサウンドも織り込まれた、大人のダンスミュージックという趣の1枚となった。

インタビューからわかってきたのは、DÉ DÉ MOUSE自身もまた、瑞々しい感性のままに大人になった、ということ。彼はリアルとファンタジーの間の世界を、まさにネズミのように駆け続けている。

SquarepusherやAphex Twinのようにマイウェイを突き進んで見える人でも、「今」はちゃんと意識しているんですよね。

―『Nulife』、とてもソウルフルなアルバムに感じました。DÉ DÉ MOUSEさんはアルバムごとに世界観に変化がありますが、今作はどういう意図があったんですか。

DÉ DÉ MOUSE(以下、D):実は当初ひとりで作っていたときは、もっと展開も多くハードで、わりと押し出しの強いことをやっていたんですよ。アルバムごとにつくり方もテーマも変えているんですが、今回は定期的にスタッフと集まって話し合う方法をとる中で、だんだん自分が本来好きだった音が見えてきた。

最近だとトッド・テリエ(ノルウェーのDJ)がやっているようなエキゾチックなディスコだったり、それこそ昔から好きだったYMOだったり。ラテン音楽が入ってきているのも、故郷の群馬県太田市に住んでいた頃、地元の自動車メーカーや工場で多くのブラジル人の人が務めていて、毎日のようにあいさつしていた思い出が蘇ったからで。20歳くらいのときにはMBP(「ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ」の略、ブラジルのポピュラー音楽)をめちゃくちゃ掘っていた時期もあったんですよ。

そうやってだんだんアルバムの音を変えていって、派手さを少しずつ抜くことで、「今っぽさ」を自分なりに表現していったんです。

DÉ DÉ MOUSE(でで まうす)<br>遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。他作品のプロデュース / 楽曲提供 / リミックスも行う。メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ / 和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンにひとつの発明とも呼べる功績をもたらす。トラックメイカー / プロデューサーとしてのライブの追求にも積極的であり、バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続ける。
DÉ DÉ MOUSE(でで まうす)
遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。他作品のプロデュース / 楽曲提供 / リミックスも行う。メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ / 和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンにひとつの発明とも呼べる功績をもたらす。トラックメイカー / プロデューサーとしてのライブの追求にも積極的であり、バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続ける。

―アゲアゲじゃなく落ち着いているほうが今っぽいというのは、どういうことですか。

D:多幸感でアゲていくEDMがひと段落した、というか。最近はダンスミュージックのドロップ(最も盛り上がるサビにあたる部分)とかでもひと昔前のサイケトランスをやるのが増えて来たり、ニューディスコやローファイなハウスのようにテンポを下げていくものも受けいれられていて。あとはシティーポップや昭和グルーブ、フューチャーファンク、ヴェイパーウェイヴが注目されていますよね。

もちろんアゲアゲな熱血物が好きな人もいるけど、派手派手でなくても盛り上がれるものも増えているし、音楽が細分化されていっている印象を受けます。

―ものすごく冷静に、同時代の状況をマッピングされているんですね。クリエイションするときもそうしてコンセプトを決めていくんですか、それとも動物的な嗅覚で決めるんでしょうか。

D:どちらかというと後者で……直感でやっていくから、基本的には説明は後付けなんですよ。こうやってインタビューなどで自分の音を言葉で表現するときに、きちんと文脈や場所を作っておいたほうがいい、という意識はありますね。でも、基本は飽き性だから、ここから先に自分がどうなるかはわかりません。

―飽き性なんですか?

D:飽き性ですねえ……(笑)。すぐにやりたいことが変わっちゃうからこそ、「自分はこういう立ち位置にいて、こういう理由があるからこれをやろう」と意識しておかないと、と戒めているところもあります。

Squarepusher(スクエアプッシャー)が2020年1月に出すアルバム『Be Up A Hello』から先行して“Vortrack”を発表しましたけど、あれを聴くとすぐ「アシッドやりたいな」なんて思っちゃうんです(笑)。でも興味深いのは、彼のようにマイウェイを突き進んでいるような人でも、「今」はちゃんと意識して音にしていくんだな、というところなんです。イギリスでは今グライムが強くて、Aphex Twin(エイフェックス・ツイン)が2018年に出した『Collapse EP』も、インストグライムなアプローチがあったし。

単純にその音がカッコイイからやっているのではあるでしょうけど、「俺は別に周りとかカンケーねーから!」と、周囲からは見えるような人でも、実はちゃんと時代を意識しているんですよね。

Squarepusher “Vortrack”を聴く(Spotifyを開く

Aphex Twin『Collapse EP』を聴く(Spotifyを開く

―今作のテーマのひとつでもある「ジェンダーレス」というのは、どういった意識から出てきたんですか。

D:ジェンダーレスという言葉はまさに今の時代のものだ、と感じます。『Nulife』は、この時代で生活していくときに流れる音楽のようにしたかったんですよ。

DÉ DÉ MOUSE
Page 1
次へ

リリース情報

DÉ DÉ MOUSE『Nulife』
DÉ DÉ MOUSE
『Nulife』(CD)

2019年12月11日(水)発売
価格:2,420円(税込)
NOT-0027

1. Nulife
2. Magic
3. Heartbeat
4. Regret
5. Moment
6. Breath
7. Growing Up
8. Free
9. Stay (With Me)
10. You Are Right

イベント情報

『DÉ DÉ MOUSE “nulife” tour infomation』

2019年12月24日(火)~12月29日(日)
中国5都市ツアー(杭州、上海、南京、鄭州、北京)

2020年1月18日(土)
会場:福岡県 Kieth Flack
料金:前売2,500円 当日3,000円

2020年1月26日(日)
会場:京都府 CLUB METRO
料金:前売3,800円 当日4,300円

2020年2月15日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW X
料金:前売3,800円 当日4,300円

2020年2月22日(土)
台湾公演

プロフィール

DÉ DÉ MOUSE(でで まうす)

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。他作品のプロデュース / 楽曲提供 / remixも行う。メロディカットアップの手法とキャッチーで不思議なメロディ / 和音構成は、国内外問わず多くのフォロアーを生み、以降のシーンに一つの発明とも呼べる功績をもたらす。トラックメイカー / プロデューサーとしてのライブの追求にも積極的であり、バンドシーンとクラブシーンの枠組みを超えた縦横無尽なライブパフォーマンスは人々を魅了し続ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性