特集 PR

HEY-SMITH・猪狩の達観した人生観と、パンクバンドの社会的役割

HEY-SMITH・猪狩の達観した人生観と、パンクバンドの社会的役割

HEY-SMITH『Pure Freedom』
インタビュー・テキスト
吉羽さおり
撮影:上保昂大 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2019/12/27

日々のなかで生まれる喜怒哀楽、まだ形にすらならない泣きたいような、笑いたいような、怒りたいような気持ちを持ち寄って、存分にぶつけ合って、叫びや汗や涙として流せる。それがHEY-SMITHのライブだ。この場だけは、カッコつけずに心のうちをさらけ出せる、思い切りその音に寄りかかれるーーそんな懐の深さが彼らのライブの醍醐味だろう。

昨年11月にリリースした5thアルバム『Life In The Sun』を引っさげたHEY-SMITH史上最大規模の全国ツアー『Life In The Sun TOUR』の最終公演、Zepp Osaka Baysideでのステージを完全収録したDVD / Blu-ray『Pure Freedom』が1月1日にリリースとなる。画面越しにも、会場の熱狂や熱波が飛び出してくるようなボルテージの高いライブをパッケージした本作。ライブバンドとして、パンクバンドとしての高い志を1曲1曲に詰め込んで、フロアに打ち込んでいくようなHEY-SMITHのライブを堪能することができる。また同時に、そこに映る、うねるような熱を生み出す観客の表情も、グッとくるものがある。

彼らは、ライブという場所についてどのような思いを抱いているのか。どういう思いでその空間を作り上げているのか、猪狩秀平に話を聞いた。

「動けなくなるまで止まれない」――突然襲ってきた病気とライブ休止期間について

―2019年の夏、猪狩さんが肺気胸で入院・手術となってしばらくライブを休んだ時期がありました。HEY-SMITHというバンドにとってライブというのはとても大きな、大事なものだと思うのですが、振り返ってみてどんな時期でしたか?

猪狩:一言で言ったら最悪でした。

―自分の体のことも含めて、いろいろなことを考えそうですね。

猪狩:なんか知らんけど、自分のことを無敵だと思っていたんです。大きな病気もなく、連日激しい飲み方をしても今までは壊れなかったので。でも、「やっぱ、壊れんねんな」って思いました。

猪狩秀平(いがり しゅうへい)<br>2006年に結成されたHEY-SMITHのギターボーカル。約5万人を動員した過去最大規模の全国ツアー『Life In The Sun TOUR』のファイナル、Zepp Osaka Bayside公演の映像を完全収録したDVD / Blu-ray『Pure Freedom』を2020年1月1日にリリースする。(前回記事:<a href=https://www.cinra.net/interview/201811-heysmith>HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳</a>)
猪狩秀平(いがり しゅうへい)
2006年に結成されたHEY-SMITHのギターボーカル。約5万人を動員した過去最大規模の全国ツアー『Life In The Sun TOUR』のファイナル、Zepp Osaka Bayside公演の映像を完全収録したDVD / Blu-ray『Pure Freedom』を2020年1月1日にリリースする。(前回記事:HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳
HEY-SMITH『Life In The Sun』を聴く(Apple Musicはこちら

猪狩:今もまだ痛むんですよ。でも、痛いぐらいですんじゃう(笑)。動けなくなるまで止まれない病気なんでしょうね。「痛いわー」と思っても、「まあ大丈夫やし、いくか」っていう感じになっちゃうんです。

―とはいえ、だんだんと肉体的には歳を重ねるわけで。今回のことで自分の人生観を見直したり、死生観について考えたりすることはありませんでしたか?

猪狩:「死んだらどうなるんやろ?」とか「今までやってきたことどうなるの?」とか、そういうことは物心ついたときから常に考えていることではあるんですよ。

―だからこそ動けなくなるまで止まれない、というか。猪狩さんのなかには、どこか後悔したくないという気持ちがあるんですかね?

猪狩:後悔してもいいけど、満足しておきたいんです。思い切りやって突き詰めたとしても、どこかで後悔は残ると思うんですよね。ひとつのことをやり切ったけど、他のことをおろそかにしたとか、別の後悔が出てくると思う。生きていて後悔しないことはないし、しまくりですよ(笑)。

猪狩秀平

―猪狩さんの人生において、ひとつ突き詰めるものというのは音楽だったということですよね。

猪狩:そう。音楽で飯を食いたいとか、一生音楽を続けたいという気持ちは絶対的にありつつ、一方では音楽以外何やったらいいかわからんっていう。

―音楽をやる以外は考えられなかったですか?

猪狩:考えられなかったですね。失礼な話ですけど、小学校くらいのとき、バンドや音楽をやっている人を見て、「この人、歌って酒飲んで金もらってる。なんていい仕事なんや!」って思っちゃったんですよね(笑)。

猪狩:その当時はサッカー選手になりたいとか、普通にいろいろあったんですよ。でも、「歌って酒飲んでる仕事、最高やな」って。正直、今も根っこにあるのがそれなんです。ラクなんですよ、この仕事。

―バンドが大きくなっていくほど、責任など抱え込んだり、背負ったりするものは増えそうですけど。

猪狩:それはそうですね。曲が書けないとか、物事がうまく進まないとか、そうなったら病みそうになりますけど。でも、そんなの働いてたらみんなそうでしょ?

学校の先生だったら、モンスターペアレンツとか大変なことはいくらでもあるじゃないですか。そういうことを考えると、だいぶラクな仕事なんですよ。まず、歌うのって楽しいじゃないですか。で、毎日酒飲んでいいんですよ。人としてはクズですけどね、社会貢献ゼロですし(笑)。

猪狩秀平
Page 1
次へ

リリース情報

HEY-SMITH『Pure Freedom』
HEY-SMITH
『Pure Freedom』(2DVD)

2020年1月1日(水)発売
価格:4,840円(税込)
CBR-102

[DISC1]
1. Not A TV Show
2. Soundtrack
3. Living In My Skin
4. 2nd Youth
5. California
6. Don't Try So Hard
7. Over
8. Buffalo Soldier
9. Fog And Clouds
10. Drug Free Japan
11. Judgement Day
12. Sunday Morning
13. Don't Worry My Friend
14. Skate Or Die
15. Magic Leaf
16. Summer Head
17. Love Summer
18. No Mates
19. Summer Breeze
20. Truth Inside
21. We Sing Our Song
22. Dandadan
23. I Will Follow Him
24. Goodbye To Say Hello
25. The First Love Song
26. True Yourself
27. Endless Sorrow
28. Longest Day
29. I'm In Dream
30. Let It Punk
31. Come Back My Dog

HEY-SMITH
『Pure Freedom』(Blu-ray)

2020年1月1日(水)発売
価格:5,940円(税込)
CBR-102

・Life In The Sun TOUR FINAL@Zepp Osaka Bayside
1. Not A TV Show
2. Soundtrack
3. Living In My Skin
4. 2nd Youth
5. California
6. Don't Try So Hard
7. Over
8. Buffalo Soldier
9. Fog And Clouds
10. Drug Free Japan
11. Judgement Day
12. Sunday morning
13. Don't Worry My Friend
14. Skate Or Die
15. Magic Leaf
16. Summer Head
17. Love Summer
18. No Mates
19. Summer Breeze
20. Truth Inside
21. We Sing Our Song
22. Dandadan
23. I Will Follow Him
24. Goodbye To Say Hello
25. The First Love Song
26. True Yourself
27. Endless Sorrow
28. Longest Day
29. I'm In Dream
30. Let It Punk
31. Come Back My Dog

・Life In The Sun TOUR FINAL SERIES DOCUMENTARIES
・MUSIC VIDEOS(Let It Punk、Not A TV Show、California、No Mates、Fog And Clouds)
・“謎の旅番組”

プロフィール

HEY-SMITH
HEY-SMITH(へいすみす)

2006年結成。メンバーは、猪狩秀平(Gt,Vo)、YUJI(Vo,Ba)、満(Sax)、Task-n(Dr)、かなす(Tb)、イイカワケン(Tp)。2018年11月7日、ニューアルバム『Life In The Sun』を発表。約5万人を動員した過去最大規模の全国ツアー『Life In The Sun TOUR』のファイナル、Zepp Osaka Bayside公演の映像を完全収録したDVD / Blu-ray『Pure Freedom』を2020年1月1日にリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察