特集 PR

コムアイが渋谷PARCOでお買い物。買うことは未来を見ること

コムアイが渋谷PARCOでお買い物。買うことは未来を見ること

渋谷PARCO
インタビュー・テキスト
長嶋太陽
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

再開発によって次々と高層の建物が乱立し、ものすごいスピードで街並みが移り変わっていく、東京・渋谷。そんな渋谷のランドマークでもあり、20016年8月にリニューアルのために一時休業した渋谷PARCOが、3年間の建替え期間を経て、今年11月、ついに新装開店した。ある人は3年間の建替え期間を自らの近況と重ねて振り返り、またある人は、2020年以降の変わりゆく渋谷を想像したりと、多様な想いを乗せた「おかえり」に迎えられながら、渋谷PARCOは帰ってきた。

そんな渋谷PARCOで、3名のゲストにお買い物をしてもらう連載企画「新生・渋谷PARCOで紡ぐ、3人のお買い物ドキュメンタリー」がスタート。制限時間は2時間、上限金額は10万円というルールの中、「今本当に欲しいもの」を購入してもらう企画だ。今回お買い物するのは、水曜日のカンパネラのコムアイ。

買い物という行為を通して見えたのは、渋谷という街の姿や「欲しい」という感情について。駆け足のショッピングクルーズの末にコムアイは何を発見したのか。彼女が選んだ読者プレゼントも用意しているので、最後までお楽しみに。

新生・渋谷PARCOでお買い物スタート

コムアイ<br>歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応してライブパフォーマンスを創り上げる。好きな音楽は世界の古典音楽とテクノとドローン。好きな食べ物は南インド料理とグミとガム。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見に行くこと。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活動している。
コムアイ
歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応してライブパフォーマンスを創り上げる。好きな音楽は世界の古典音楽とテクノとドローン。好きな食べ物は南インド料理とグミとガム。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見に行くこと。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活動している。

2019年12月某日。晴天の冬空のもと、グランドオープンしたての渋谷PARCOに訪れた、コムアイ。

渋谷PARCOは全11フロアからなり、多種多様なショップや施設が軒を連ねる。まず向かったのは、さまざまな飲食店や占い、レコードショップなどが並ぶB1の「CHAOS KITCHEN」フロア。

ユニオンレコード 渋谷

コムアイ

「CHAOS KITCHEN」をぐるりと一周し、ユニオンレコード 渋谷の店内へ。「レコードプレイヤーは持っていないけど、日本の1980年代のレコードが揃っているから、海外から友人が来たら連れてきたいです」。

k3

コムアイ

続いて、2Fの「MODE & ART」フロアへ。ふらっと足を踏み入れたk3の店内では「KNOWHOW」のアクセサリーが気になる様子。「最近、ピアスの穴をあけていない若い人も多いらしいですよ」と言いながら、イヤーカフを試着。

手に取ったブラウスは「facetasm」のもの。その他にも作家性の強いブランドを手にとり鏡の前で合わせる。「『facetasm』は、楽しいブランドですね」。

THE NORTH FACE LAB

コムアイ

そのまま、向かいにあるTHE NORTH FACE LABに入店。ここは世界で唯一のカスタムメイドに対応した店舗ということで、自分だけのウェアが制作できるのだそう。コムアイはフリースのアウターを試着。

コムアイ

「その白衣もノースフェイスなんですね! 売ってるんですか?」と、ショップスタッフのお兄さんに声をかけ、ショップコートを試着させてもらう。残念ながら、このコートは非売品だそう。

OIL by 美術手帖

コムアイ

アート作品を取り扱うOIL by 美術手帖でコムアイが注目したのは、鎌倉在住の作家・藤村亮太の作品。既存の陶器を「再燃焼」することで生まれる、独特の朽ちた質感が特徴的だ。

 

コムアイ:これ、徳利が2つくっついてるんだ……! 花瓶にしたらかわいいかも。時間を飛び越えてきたような風合いが素晴らしいですね。欠けていて捨てられてしまいそうなものに、新しい価値をもたらしているの、すごく良いですね。

コムアイ

ショップには「美術手帖」が企画運営を行うギャラリースペースも併設されている。取材時は、玉山拓郎の展示『The Sun, Folded.』が開催されていた(現在は終了している)。

Santa Maria Novella

コムアイ

世界最古の薬局として知られる、Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ)では、ポプリに手を伸ばした。

コムアイ:これ、玄関でずっと使っているんです。車で使っている人もいますね。このポプリ、発酵させた生ハーブって感じで、気に入っているんです。食品みたいにすごくしっとりしていて。売り切れていることもあるので、見つけたら購入しています。ちょっと高いけど、それでも代わりになるものがない。

コムアイ

「ハーブのマウスウォッシュ、探してたんです!」と言いながら選んだのは、ハーブマウスウォッシュ。ここで、ポプリとマウスウォッシュを購入した。

2点で9,900円(税込)のお買い上げ。残金は90,100円、この時点で30分経過
2点で9,900円(税込)のお買い上げ。残金は90,100円、この時点で30分経過
Page 1
次へ

店舗情報

渋谷PARCO

東京都渋谷区宇田川町15-1
営業時間:10:00~21:00 ※一部店舗異なります

キャンペーン情報

読者プレゼント情報

自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ「She is」のMembersの中から抽選で1名様に、コムアイが選んだ作家・藤村亮太の作品をプレゼント。

リリース情報

水曜日のカンパネラ, オオルタイチ『YAKUSHIMA TREASURE』
水曜日のカンパネラ, オオルタイチ
『YAKUSHIMA TREASURE』

2019年4月3日(水)配信リリース

プロフィール

コムアイ
コムアイ

歌手・アーティスト。1992年生まれ、神奈川育ち。ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。その土地や人々と呼応してライブパフォーマンスを創り上げる。好きな音楽は世界の古典音楽とテクノとドローン。好きな食べ物は南インド料理とグミとガム。趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見に行くこと。音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開