特集 PR

はるまきごはんは宇宙人との遭遇を求める 未知にしか希望がない

はるまきごはんは宇宙人との遭遇を求める 未知にしか希望がない

はるまきごはん『ネオドリームシネマ』
インタビュー・テキスト
沖さやこ
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

シンガーソングライター、イラストレーター、アニメーターなど、多岐にわたる表現方法で自身の世界を作り出す、はるまきごはん。そんな彼が傾倒しているテーマのひとつが「夢」だ。

2018年12月に2ndアルバム『ネオドリームトラベラー』をリリースし、2019年3月にワンマンライブ『ドリームシネマ』を開催。同年11月には同ワンマンを拡張した『ネオドリームシネマ』を、11月23日の「-DAYDREAM story-」、11月24日の「-NIGHTMARE story-」という2日公演で行った。

わたしが足を運んだ「-NIGHTMARE story-」で、彼はMC中に、2018年にリリースしたアコースティックミニアルバム『SLEEP SHEEP SUNROOM』について、「夢をテーマにしたアルバムを作りたかったから、まずは寝かせるためのアルバムを作ろうと思った」と語っていた。なぜ彼はこれほどまでに夢を表現することに駆り立てられているのだろうか?

夢と現実の狭間を感じる、はるまきごはんのワンマンライブ『ドリームシネマ』

会場である白金高輪のSELENE b2は背景に6面のLEDモニターを持ち、そのすべてにはるまきごはんのアニメーション制作チーム「スタジオごはん」が手掛けたアニメーションが映し出されている。青、桃、白の3色を基盤に描かれた世界は、『ネオドリームシネマ』という冠に相応しく、どこか現実離れした空間を感じさせた。

はるまきごはん『ネオドリームシネマ』の様子
はるまきごはん『ネオドリームシネマ』の様子

だがギターボーカルを務めるはるまきごはんと、ギター、ベース、ドラムのサポートメンバーによる生演奏が加わることで、その空間は一気にリアリティーを帯びていく。そもそも夢とは現実世界ではないとはいえ、現実世界や自分の潜在意識と密接な関係にあるものだ。夢での出来事を現実に引きずった経験をした人も多いと推測する。そういう意味では夢の世界も、はるまきごはんが生きてきた時間の一部なのだろう。

演奏とアニメーションの描く物語が進めば進むほど、現実世界とはるまきごはんの作る世界の境目がわからなくなっていく。ライブ中盤に披露された“きっと夢の中ね”は、はるまきごはんが初音ミクとユニゾンで歌唱し、いよいよ次元という概念も捻じ曲げられるようだった。その次々起こる固定観念の崩壊が、不思議と心地好い。宇宙へと放り出されたときにこんな感覚になるのだろうか、となんとなく思った。

はるまきごはん『ネオドリームシネマ』の様子
はるまきごはん『ネオドリームシネマ』の様子

本編ラストの“ドリームレス・ドリームス”の前に、こんな台詞があった。 「ずっと同じ夢をみている。忘れちゃいけない夢。もう大人になったのに、心のどこか隅っこですすり泣いているのだ。教室の影法師ひとり、夢のない夢を見ている」

もしかしたらこれが、はるまきごはんが夢を表現する理由なのだろうか? それを解明すべく、彼に話を聞きにいった。だがその背景にあるものは「夢と現実」なんていう簡単な話ではなかった。はるまきごはんの世界は、開拓されていないことだらけの未知なる領域なのだ。

夢での「飛ぶ」は「閉塞感からの解放」や「自分がやりたいことをやれてるかどうか」という比喩なんだと思います。

―はるまきごはんさんは、なぜそこまで「夢」を表現に落とし込みたいと思われたのでしょう?

はるまきごはん:夢をめちゃくちゃ見る体質だからですね。ロングスリーパー寄りなので1日8~9時間寝てるんですけど、それぐらい寝ると毎日ちゃんと夢を見られるんです。夢を見るのは大切なことだと思ってるんですよ。

―そう思い始めたのはいつごろから?

はるまきごはん:小さい頃からですね。夢は現実より大冒険になるので、現実よりも感動したり、心が動いたり、達成感がある瞬間が多くて。現実世界以上の感動や体験があると思うんです。僕は夢の中で芽生えた能力がそれ以降の夢へと引き継がれることが多くて。

はるまきごはん<br>2月7日生まれ、北海道札幌市出身のクリエイター、ミュージシャン。音楽、イラスト、アニメーション映像制作をひとりで手掛ける。2016年に投稿したボカロ楽曲“銀河録”から知名度を増し、“メルティランドナイトメア”をはじめ多くの楽曲が人々の心を掴んだ。2019年からはアニメーション制作スタジオ「スタジオごはん」を設立し、楽曲“再会”では自身がボーカルを務めたバージョンとボカロバージョンの2形態のMVを制作するなど、既存の型にはまらない作品を發表し続けている。
はるまきごはん
2月7日生まれ、北海道札幌市出身のクリエイター、ミュージシャン。音楽、イラスト、アニメーション映像制作をひとりで手掛ける。2016年に投稿したボカロ楽曲“銀河録”から知名度を増し、“メルティランドナイトメア”をはじめ多くの楽曲が人々の心を掴んだ。2019年からはアニメーション制作スタジオ「スタジオごはん」を設立し、楽曲“再会”では自身がボーカルを務めたバージョンとボカロバージョンの2形態のMVを制作するなど、既存の型にはまらない作品を發表し続けている。
はるまきごはん“約束”

―夢の世界も現実世界と並行して、しっかりと進んでいるんですね。

はるまきごはん:たとえば僕は夢の中で空を飛べるんですけど、飛べるようになったきっかけは小学校低学年ぐらいのときに見た夢で。家の前で魔女に襲われて、その魔女から必死に逃げようともがいていたら、ゆっくり飛ぶことができるようになりました。そして徐々にコントロールできるようになり、最近は飛びたいときに飛べるようになって、飛行機並にスピードが出ます(笑)。

―現実世界で、飛び立ちたい思いがあったのでしょうか?

はるまきごはん:夢においての「飛ぶ」は「閉塞感からの解放」や「自分がやりたいことをやれてるかどうか」という比喩なんじゃないか? という仮説が僕の中にあって。飛ぶシチュエーションはいつも、学校の窓からだったり、敵に襲われたときだったり。逃げる手段であることが多くて、飛んだあとは心が幸せで満たされるんです。その感覚って学校を卒業したときと似ていて。僕、学校がめちゃくちゃ嫌いだったんです。

―それはどの時期の学校ですか?

はるまきごはん:中学も高校も。大学は授業が少なかったので比較的楽でしたけど、僕はもともと押しつけがましい「教育」がめちゃくちゃ嫌いで(笑)。そもそも小さい頃から、朝決められた時間にひとつの空間に集められる理由がわからなかった。幼稚園を脱出しようとして、めちゃくちゃ怒られたことがあるんです。だから卒業した瞬間は「やっと逃げ出せる」みたいな気持ちになったんですよね。

大学を卒業してからまだ2年しか経っていないので、今は解放の喜びを噛みしめていて、その時期はもう少し続くのかなと思っています。この解放感が当たり前のものになったとき、自分の創作が次のステップにいくんじゃないかな、と思ったりもしてます。

はるまきごはん“再会”

はるまきごはん『ネオドリームトラベラー』(2018年)を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

イベント情報

はるまきごはん
『ネオドリームシネマ -DAYDREAM story-』

2019年11月23日(土・祝)
会場:東京都 白金高輪 SELENE b2

はるまきごはん
『ネオドリームシネマ -NIGHTMARE story-』

2019年11月24日(日)
会場:東京都 白金高輪 SELENE b2

プロフィール

はるまきごはん
はるまきごはん

2月7日生まれ、北海道札幌市出身のクリエイター、ミュージシャン。音楽、イラスト、アニメーション映像制作をひとりで手掛ける。2016年に投稿したボカロ楽曲「銀河録」から知名度を増し、「メルティランドナイトメア」をはじめ多くの楽曲が人々の心を掴んだ。2019年からはアニメーション制作スタジオ「スタジオごはん」を設立し、楽曲「再会」では自身がボーカルを務めたバージョンとボカロバージョンの2形態のMVを制作するなど、既存の型にはまらない作品を發表し続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露