特集 PR

離婚、再婚、事実婚 『彼らを見ればわかること』から考える家族像

離婚、再婚、事実婚 『彼らを見ればわかること』から考える家族像

WOWOW連続ドラマW『彼らを見ればわかること』
インタビュー・テキスト
村上広大
撮影:鈴木渉 編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

3組に1組の夫婦が離婚し、それと同時に再婚する人も増えている昨今。つまり、1度目の結婚で伴侶と生涯を添い遂げるという価値観自体が揺らいでいる。そうした「夫婦関係の多様化」というテーマに挑んだドラマが、2020年1月11日よりWOWOWプライムで放送をスタートする『彼らを見ればわかること』だ。

同じマンションに住む3組の家族が抱えた事情と欲望が入り乱れ、それが徐々に明るみに出ていくーー地上波ではなくWOWOWだからこそ挑戦できたというこのドラマにはどんなメッセージが込められているのか? プロデュースの羽鳥健一と脚本を手掛けた沢木まひろの2人に話を聞いた。

かつてタブー視された不倫ドラマが当たり前になった今、新しい「夫婦」のドラマは何を描くか

―原作もののドラマが多い今、オリジナル脚本というのはとても挑戦的だと感じました。企画が立ち上がった背景はどのようなものだったんですか?

羽鳥:僕は2年前にフジテレビからWOWOWに出向してきたのですが、そのタイミングでドラマ制作部の上司から「40代の女性をターゲットにしたオリジナルドラマを作ってほしい」という話があり、かねてから親交のあった沢木さんに声をかけたのが始まりです。

実は彼女とは6、7年くらい前にドラマを制作しようとしたことがあり、1話分の脚本まで作ったことがあるんです。そのときは残念ながら紆余曲折あってお蔵入りしてしまったんですが、その後も沢木さんが書いてくださったストーリーがすごく印象に残っていて、今回ご一緒させていただけないかと相談しました。

左から:沢木まひろ、羽鳥健一
左から:沢木まひろ、羽鳥健一

―そうすると、今回の物語はそのときに書いた1話分の脚本がベースにあるのでしょうか。

羽鳥:それとはまったく別のものです。今回は、僕が大好きな『金曜日の妻たちへ』のような不倫をテーマにしたドラマを構想していました。ただ、今の時代に不倫を扱うのは安直すぎないか、という疑問が浮かんだんです。かつては不倫を題材にすること自体がタブーでしたが、今では当たり前のようにある話。しかも、せっかく地上波でなくWOWOWでやるのであれば、もっと挑戦したものにしたい。そうしてスタッフ間で何度もディスカッションした末に決まったのが「夫婦関係の多様化」というテーマでした。

連続ドラマW『彼らを見ればわかること』90秒番宣

毎日ハッピーな人なんて多くないからこそ、もがきながら幸せを掴もうとする夫婦のあけすけな「会話」に焦点をあてた

―どうして「夫婦関係の多様化」にたどり着いたのでしょうか?

沢木:日本人の離婚率や再婚に対する抵抗感は昔と比べると低くなっているように感じるし、別居生活を送る夫婦もいます。それだけでなく、血縁関係ではない者同士が家族のように繋がる機会も多くなっている感覚があります。だから、これからの時代は夫婦の形もさらに多様になっていくんだろうなと思ったんです。

沢木まひろ(さわき まひろ)<br>小説家。2006年『But Beautiful』で第1回ダ・ヴィンチ文学賞優秀賞を受賞。2007年より公に執筆活動を始め、2012年には『ワリナキナカ』で第7回日本ラブストーリー大賞を受賞。『こごえた背中の、とける夜』(メディアファクトリー)、『44歳、部長女子。』(宝島社)など。
沢木まひろ(さわき まひろ)
小説家。2006年『But Beautiful』で第1回ダ・ヴィンチ文学賞優秀賞を受賞。2007年より公に執筆活動を始め、2012年には『ワリナキナカ』で第7回日本ラブストーリー大賞を受賞。『こごえた背中の、とける夜』(メディアファクトリー)、『44歳、部長女子。』(宝島社)など。

羽鳥:僕自身も、家族と向き合っているといろんなことを考えるんですね。そして、毎日をハッピーに過ごしている人なんてそんなに多くない。むしろ、もがきながら何とか幸せを掴もうと必死に生きている。そうした夫婦の姿を、あけすけな会話を紡ぎ合わせることでドラマにできないかと考えたんです。原作ものではなかったので、作品化に至るまでにものすごく時間がかかりました。

沢木:大変でしたね。最初にお声がけいただいたのが今から2年くらい前で、企画が通ったのが半年後ですから。

―何にそれほど時間がかかったのでしょうか?

羽鳥:プロットですね。実は企画段階で全8話分のプロットを完成させていて。原作ものではないからこそ、企画の時点で物語の完成度の高さが求められたわけです。それにキャスティングにおいても、魅力的な作品であることが伝わらなければオファーを受けてもらえませんから。そういうこともあって、企画が通ってからもブラッシュアップを重ねて脚本に落とし込んでいます。

左から:沢木まひろ、羽鳥健一

沢木:脚本は脚本で主要メンバーとなる3組の夫婦の人格構成に多くの時間を割きました。私自身は妻でも母でもないので、周囲の友人に話を聞いたり、スタッフと議論を重ねたりしながら。

羽鳥:リアリティのある会話を生み出すためには、登場人物のバックグラウンドが大切になります。たとえば中山美穂さんが演じる内田百々子は、レディースコミックの人気漫画家ですが、過去に祖父の持っていた春画を見て美しいと感じてその道を志した人なんです。だから、画のタッチはいわゆるエロ漫画の延長線上にあるものではない。そういう作品内では描かれない登場人物の過去まで綿密に決めていきました。

場面写真:漫画家である内田百々子役を務めるのは中山美穂
場面写真:漫画家である内田百々子役を務めるのは中山美穂
Page 1
次へ

番組情報

『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』
『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』

2020年1月11日(土)から毎週土曜22:00~WOWOWプライムで放送【第1話無料放送】

監督:深川栄洋
脚本:沢木まひろ
音楽:福廣秀一朗
出演:
中山美穂
木村多江
大島優子
髙橋優斗(HiHi Jets / ジャニーズJr.)
佐久間由衣
七瀬公
中川翼
笠原秀幸
駒木根隆介
堀内敬子
桂三度
片瀬那奈
高橋惠子(特別出演)
片岡鶴太郎(特別出演)
上地雄輔
長野博
生瀬勝久

プロフィール

沢木まひろ(さわき まひろ)

小説家。2006年『But Beautiful』で第1回ダ・ヴィンチ文学賞優秀賞を受賞。2007年より公に執筆活動を始め、2012年には『ワリナキナカ』で第7回日本ラブストーリー大賞を受賞。『こごえた背中の、とける夜』(メディアファクトリー)、『44歳、部長女子。』(宝島社)など。

羽鳥健一(はとり けんいち)

1993年フジテレビ入社。ドラマ全盛期にドラマ制作の現場を経験し、その後営業、編成、CS放送まで幅広いテレビ局の職務を歴任し、2017年からWOWOWへ出向。フジテレビ時代に『バスストップ』『信長協奏曲』『ようこそ、わが家へ』『貴族探偵』など数多くのドラマを手がけ、WOWOWでは『闇の伴走者~編集長の条件』『食い逃げキラー』などを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー