特集 PR

コレサワの「失恋」の捉え方。簡単に言えない、女の子の複雑な心

コレサワの「失恋」の捉え方。簡単に言えない、女の子の複雑な心

コレサワ『失恋スクラップ』
インタビュー・テキスト・編集
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:田中一人
2020/01/09

シンガーソングライターのコレサワが、失恋ソングだけを収録したミニアルバム『失恋スクラップ』を、1月15日にリリースする。そこで鳴らされるのは、しんみりとしたバラード、ではなく、自立しながら自らの幸せを掴みにいく生き様を歌うコレサワならではの「失恋」の捉え方から生まれた楽曲たちだ。同性から憧れられる女性像を体現しているコレサワにとって、そして楽曲提供も多数行うなどソングライターとして高く評価されているコレサワにとって、「失恋」は人生と音楽に貴重な価値を与えてくれるものだという。

そもそもオリジナル曲を書き始めたきっかけが、高校生のときに「彼氏の元カノが文化祭で突然オリジナル曲を披露して、それが悔しかったから」だというコレサワにとって、自身の音楽のルーツには「恋愛」が色濃くある。今回CINRA.NETでは、「恋愛」と「失恋」をテーマに撮影した写真とともに、コレサワのストーリーをお届けします。

コレサワの実体験「失恋をしたって言ったら嘘になるし、失恋してないって言っても嘘になる」

コレサワ
コレサワ
コレサワ<br>大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。中毒性のある声、ポップなメロディー、日常の風景を独自の視点で切り取った歌詞が話題に。メディアには顔だしはせず、素顔が見れるのはライブのみで、「れ子ちゃん」と言われるクマのキャラクターがビジュアルを担当する。2017年8月に1stアルバム『コレカラー』でデビュー。2020年1月15日にはミニアルバム『失恋スクラップ』を発売する。
コレサワ
大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。中毒性のある声、ポップなメロディー、日常の風景を独自の視点で切り取った歌詞が話題に。メディアには顔だしはせず、素顔が見れるのはライブのみで、「れ子ちゃん」と言われるクマのキャラクターがビジュアルを担当する。2017年8月に1stアルバム『コレカラー』でデビュー。2020年1月15日にはミニアルバム『失恋スクラップ』を発売する。

―今回、なぜ「失恋」をテーマにミニアルバムを作ろうと思ったんですか?

コレサワ:最初は別にそうしようとは思ってなかったんですけど、曲を作る時期にちょうど、失恋ソングが出てきたんですよね。「別れる」とか、「好きな人がいる」とか、「どうやったら人を大切にできるんだろう」いうことを、自分の中ですごく考えていた時期だったんだと思います。それで周りのスタッフに「全曲失恋ソングってどう思いますか?」って聞いたら、「面白いじゃん」って言ってくれて。

―そういうことを考えていたのは、どうして?

コレサワ:自分の環境で「失恋」というものがあった時期だったのかなって思います。別れるということは、それまで好き同士だったという事実があるわけじゃないですか。なのにどうして別れるんだろう、みたいなことをすごく考えていたし……センチメンタルな気持ちになってたのかな。

―ええっと……今回の曲って、コレサワさんがあくまでソングライターとして「失恋」のストーリーを想像しながら書いた作品だと思ってたんですけど……実際に失恋を経験した、センチメンタルになる出来事があった、ということですか?

コレサワ:うーん、失恋をしたって言ったら嘘になるし、失恋してないって言っても嘘になるみたいな。そういう、女の子の気持ちわかります?(笑)

―まさに、このアルバムで描かれてることですね。

コレサワ:説明しようとすると、すごく簡単に言えるのかもしれないけど、でも簡単に言いたくない、みたいな。ただ「別れた」「失恋した」では片付けられない、女の子の複雑な感じ。

―具体的になにがあったかは……聞かない方がいいですよね?(笑)

コレサワ:実体験なのかそうじゃないのかも想像して聴いてもらうのもいいかなって。好きに憶測して聴いてほしいですね、今は。

コレサワ
コレサワ
コレサワ

―今作に入っている7曲って、フラれたとも取れるし、こっちからフッたとも取れる、そういう描き方をされていますよね?

コレサワ:それはありますね。「失恋」イコール「フラれる」、という印象が一番強いと思うんですけど、実際は、好きだけど自分からフる失恋もあるじゃないですか。特に大人になったらいろんな事情があるし、20代って、すごく複雑な恋愛もあると思うから。

別れる原因って、きっと人に言いたくもないと思うし、すごくプライベートなことだから突っ込みすぎた話を聞けないときもあるし。そういうものって案外人に言えないから、みんな経験したことがあるけど人にちゃんと説明してこなかった細かい気持ちっていうのが、結構あるんじゃないかなと思って。

―今回、3年前にリリースした“たばこ”の彼氏目線から歌ったアンサーソング“恋人失格”が収録されていますが、この2曲を聴けばまさに、「別れ」って見る角度によっていろんな事情があるよな、ということが伝わってきます。

コレサワ:“たばこ”に対してのコメントとかに、「この男最低だ」みたいなことが書かれてたりして、それは嫌だったんですよね。だからアンサーソングを書くときには、女の子側も「そうだね、かわいそうだね」って思われて、男の子側も「いや、お前もしょうがなかったよな」って言ってもらえるような曲にしたいと思ったんです。「二人ともすれ違いだったんだね」って、どちらも悪者にならないように、ということはすごく気をつけて書きました。

2017年3月に公開された、“たばこ”のミュージックビデオ。現在3100万回以上再生されている

2019年6月に公開された、“恋人失格”のミュージックビデオ

―たしかに別れって、どちらか一人が悪いというケースもときにはあるけれど、どっちにも言い分があるということの方が多かったりしますもんね。

コレサワ:そう。本当に、価値観とか相性が合わなくて、どうしようもない別れもあるから。どっちが悪いとかじゃなくて、ただ合わなかった、っていう。それはもうしょうがないよなって。

コレサワ
Page 1
次へ

リリース情報

コレサワ『失恋スクラップ』初回限定盤
コレサワ
『失恋スクラップ』初回限定盤(2CD+DVD)

2020年1月15日(水)発売
価格:4,070円(税込)
KICS-93889/90

[DISC1]
1. Day by Day
2. 最後の彼女になりたかった
3. 恋人失格
4. 帰りたくないって
5. センチメンタルに刺された
6. やっぱり泣くよ
7. バカでしょ

[DISC2]
『2019年11月10日 コレサワ2nd Anniversary「君におんがえしツアー」恵比寿ザ・ガーデンホールより』
1. あたしを彼女にしたいなら
2. 君のバンド
3. おやじ
4. いただきます
5. いたいいたい
6. これから
7. SSW

[DVD]
・“恋人失格”MUSIC VIDEO
・“センチメンタルに刺された”MUSIC VIDEO
・「コレサワのハートブレイク講座」

コレサワ『失恋スクラップ』通常盤
コレサワ
『失恋スクラップ』通常盤(CD)

2020年1月15日(水)発売
価格:2,420円(税込)
KICS-3889

1. Day by Day
2. 最後の彼女になりたかった
3. 恋人失格
4. 帰りたくないって
5. センチメンタルに刺された
6. やっぱり泣くよ
7. バカでしょ

イベント情報

『コレサワ LIVE TOUR 2020 HEART BREAK TOUR!!』

2020年3月21日(土)
会場:北海道 札幌 cube garden

2020年3月28日(土)
会場:香川県 DIME

2020年4月4日(土)
会場:広島県 SECOND CRUTCH

2020年4月5日(日)
会場:鹿児島県 SR HALL

2020年4月12日(日)
会場:愛知県 名古屋 E.L.L.

2020年4月18日(土)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2020年4月19日(日)
会場:熊本県 B.9 V2

2020年4月25日(土)
会場:大阪府 BIGCAT

2020年5月6日(水・祝)
会場:宮城県 仙台 darwin

2020年5月9日(土)
会場:京都府 KYOTO MUSE

2020年5月10日(日)
会場:静岡県 浜松 FORCE

2020年5月30日(土)
会場:新潟県 CLUB RIVERST

2020年5月31日(日)
会場:石川県 金沢 vanvanV4

2020年6月4日(木)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

プロフィール

コレサワ
コレサワ

大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。中毒性のある声、ポップなメロディー、日常の風景を独自の視点で切り取った歌詞が話題に。メディアには顔だしはせず、素顔が見れるのはライブのみで、「れ子ちゃん」と言われるクマのキャラクターがビジュアルを担当する。2017年8月に1stアルバム『コレカラー』でデビュー。2018年9月には2ndアルバム『コレでしょ』をリリース。2019年10月にテレビ東京 木ドラ25『新米姉妹のふたりごはん』主題歌“いただきます”を、11月に『センチメンタルに刺された』を配信リリース。2020年1月15日にはミニアルバム『失恋スクラップ』を発売する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」