特集 PR

眉村ちあきが、おバカなことを愛す理由。奔放さの奥にある想い

眉村ちあきが、おバカなことを愛す理由。奔放さの奥にある想い

眉村ちあき『劇団オギャリズム』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:南阿沙美 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

こんな世界に生きていると、もう一度、赤ん坊だった頃に戻って、オギャアオギャアと泣いてみたくもなるものだ。自分のなかに生まれる様々な感情や欲望を、「言葉」というまどろっこしいツールでそれっぽい形に切り取って満足してしまう前の、あの頃のやり方。自分の全てをわかってほしくてオギャアオギャアと泣き叫ぶ、そんな嘘のないやり方で、世界ともう一度コミュニケーションを取ってみたいものだ。……と考えてみたところで、教育を受け、言葉を覚え、人と人との社会で生きている以上、そんなことはできっこないのだけれど。しかし、自分も生まれてきた以上、一度は、そうやって世界と対峙した瞬間があったのだと思うと(覚えていないけれど)、なんとも遥かな気持ちになってくる。

眉村ちあきの2ndアルバムのタイトルは、『劇団オギャリズム』と名づけられた。眉村ちあきを見ていて時折抱く気持ちと、赤ん坊だった頃を思って抱く遥かな気持ちは、もしかしたら少し似ているのかもしれない。人生を肯定したいとか、そういうことではない。世界への恐怖も抱えながら、それでも「うおぉ、生まれたぞ!」と突進していくような、強烈な速度と力強さ。そんなものを、眉村の声や佇まいからは感じる。この声は、どこから生まれて、どこに響くのか。

眉村ちあき(まゆむら ちあき)<br>東京都出身。弾き語りトラックメイカーアイドル・兼(株)会社じゃないもん代表取締役社長兼カリスマ。趣味ゴミ拾い、マンガみたいな生活を送っている。目標はビルボード全米1位。2020年1月8日、ニューアルバム『劇団オギャリズム』をリリースした。
眉村ちあき(まゆむら ちあき)
東京都出身。弾き語りトラックメイカーアイドル・兼(株)会社じゃないもん代表取締役社長兼カリスマ。趣味ゴミ拾い、マンガみたいな生活を送っている。目標はビルボード全米1位。2020年1月8日、ニューアルバム『劇団オギャリズム』をリリースした。

「ライブハウスに来る人って、普通じゃない」――そんなファンから彼女は、「安心」をもらった

―新作『劇団オギャリズム』は、今までよりも丁寧に、繊細に作られた作品という印象を受けました。繊細に作られているがゆえに、今までよりも広く、遠くにアプローチできる作品になっているのかなと。ご自身としては、今までと意識の違いはありましたか?

眉村:音作りに関しては今までと変わっていなくて、自分が聴いて気持ちいいと思えるものを作っています。でも、今回は今まで以上に、メロディーはもっとキャッチーになるように意識したり、言葉選びも、あんまりコアになりすぎないように考えたりました。

これまではライブ会場のお客さんの顔を見て、「この人たちが喜ぶ音楽を作ろう」と思っていたけど、今は、顔が見えない人の顔を想像しながら作るようになったと思う。

―なぜそういう意識が芽生えたのでしょう?

眉村:「今まで、誰に向けて曲を作っていたんだろう?」って考えたら、「ライブハウスに来てくれるお客さんのためだな」って気づいたんです。でもなんというか、ライブハウスに来る人って、普通じゃないというか……(笑)。

眉村:ライブハウスに来る人は、お金や時間をかけてでも「休みたい」より「ライブを観たい」を優先させるわけじゃないですか。それって普通じゃなないと思う。

普通の人はたぶん、YouTubeやアプリで音楽を聴いているんだと思うんです。仕事で忙しかったり、あと、地方に住んでいて、なかなかライブに来ることができなかったり。ライブハウスの外側にいる、そういう人たちにも自分の音楽が届けばいいのになと思ったんですよね。

眉村ちあき
眉村ちあき『劇団オギャリズム』を聴く(Apple Musicはこちら

―眉村さん自身はどっちなんですか?

眉村:私は普通です。早く仕事が終わったら、友達とご飯に行ったり、家でゴロゴロしたいなって思う。

―でも、音楽はたくさん聴かれるわけですよね?

眉村:私、音楽をほとんど聴かないんですよ。1か月に2曲とかしか聴かないんです。だから「聴いている」とも言えないくらいなんですよね。レディー・ガガとか好きなんですけど、4曲くらいしか知らないから、「好きです」っていうとガチ勢に怒られちゃうんですよ。

―それで、この音楽が作られているというのは驚きです。話を戻すと、ライブハウスにいる人に向けていた頃は、そこにいる人たちに音楽が届くことで、眉村さんのどんな部分が満たされていたのでしょうか?

眉村:曲にリアクションがもらえて、安心します。

メジャー2ndアルバム『劇団オギャリズム』収録曲

―もたらされるものは、「安心」なんですね。

眉村:自分で、自分の作る曲がいいかどうか、わからなくて。お客さんに「いい曲だね」とか「今の曲好きだよ」って言われると、「あ、そうなんだ」ってなるから、安心できるし、自信になります。

眉村ちあき

『SONGS』で尾崎豊のカバーを披露して感じたこと。歌の本当の意味は、誰にもわからない

―「伝えたいこと」が伝わっていることよりも、曲のよさを認めてもらうことが、眉村さんにとって安心のもとですか?

眉村:伝えたいことは、伝わっていなくてもいいです。だって、人によって受け取り方は違うじゃないですか。

たとえば、歌詞の「私」っていう言葉を、その人自身のことだと思って聴く人もいるし、眉村ちあきのことだと思って聴く人もいるけど、本当はどっちかわからないですよね。想像したら想像したぶんだけ無限に解釈は広がるんだし、私は、伝えたいこととか、本当の意味はわからなくてもいいと思っています。

眉村ちあき

眉村:最近、尾崎豊さん特集の『SONGS』(NHK)に出て、“僕が僕であるために”をカバーしたんですよ。歌わせていただくにあたって何度も曲を聴いて、ライブ映像を見て、“僕が僕であるために”の本当の意味ってなんだろうって考えたんですけど、誰も知らないですよね?

尾崎豊“僕が僕であるために”を聴く(Apple Musicはこちら

眉村:<僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない>って、素直に受け取れば「勝ち続けよう、頑張らなくちゃ」って歌詞かもしれないけど、尾崎さんが本当にそういう意味を込めて作ったかどうかなんて、誰もわからない。だから、私の曲も伝えたいこととか、本当の意味はわからなくてもいいと思っています。

眉村ちあき
Page 1
次へ

リリース情報

眉村ちあき『劇団オギャリズム』限定盤
眉村ちあき
『劇団オギャリズム』限定盤(CD+DVD)

2020年1月8日(水)発売
価格:5,000円(税込)
TFCC-86697

[CD]
1. DEKI☆NAI
2. 壁みてる
3. 夏のラーメンワルツ
4. おばあちゃんがサイドスロー
5. タイムスリッパー
6. あたかもガガ
7. 緑のハイヒール
8. チャーリー
9. スクワットブンブン
10. 私についてこいよ
11. スーパードッグ・レオン
12. 顔面ファラウェイ
13. ぬ
14. アハハハハ(Bonus Track)
15. チャーリー(レコーディング前日までこれになる予定だったVersion)

[DVD]
『2019.6.4 眉村ちあき3rdワンマンライブ~東京湾へダイビング!~』
1. 東京留守番電話ップ
2. ブラボー
3. メソ・ポタ・ミア
4. Queeeeeeeeeen
5. ほめられてる!
6. ナックルセンス
7. スクワットブンブン
8. MCマユムラ
9. コカコ○ラのスリッパ壊れた
10. おじさん
11. ピッコロ虫
12. 荻窪選手権
13. I was born in Australia.
14. おばあちゃんがサイドスロー
15. スーパーウーマンになったんだからな!
16. 開国だ
17. ツクツクボウシ
18. 奇跡・神の子・天才犬!
19. 代々木公園
20. 書き下ろし主題歌
21. 緑のハイヒール
22. 大丈夫
23. 本気のラブソング
24. ビバ☆青春☆カメ☆トマト

眉村ちあき『劇団オギャリズム』通常盤
眉村ちあき
『劇団オギャリズム』通常盤(CD)

2020年1月8日(水)発売
価格:3,000円(税込)
TFCC-86698

1. DEKI☆NAI
2. 壁みてる
3. 夏のラーメンワルツ
4. おばあちゃんがサイドスロー
5. タイムスリッパー
6. あたかもガガ
7. 緑のハイヒール
8. チャーリー
9. スクワットブンブン
10. 私についてこいよ
11. スーパードッグ・レオン
12. 顔面ファラウェイ
13. ぬ
14. アハハハハ(Bonus Track)
15. チャーリー(レコーディング前日までこれになる予定だったVersion)

イベント情報

『CHIAKI MAYUMURA 2nd Tour 劇団オギャリズム』

2020年2月7日(金)
会場:宮城県 spaceZero

2020年2月9日(日)
会場:北海道 COLONY

2020年2月11日(火・祝)
会場:新潟県 GOLDEN PIGS YELLOW STAGE

2020年2月22日(土)
会場:静岡県 FM STAGE

2020年2月23日(日・祝)
会場:愛知県 SPADE BOX

2020年2月24日(月)
会場:大阪府 BananaHall

2020年3月6日(金)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2020年3月8日(日)
会場:広島県 広島セカンド・クラッチ

2020年3月22日(日)
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2

2020年4月3日(金)
会場:東京都 豊洲PIT

プロフィール

眉村ちあき
眉村ちあき(まゆむら ちあき)

1996年9月12日生まれ。東京都出身。弾き語りトラックメイカーアイドル・兼(株)会社じゃないもん代表取締役社長兼カリスマ。趣味ゴミ拾い、マンガみたいな生活を送っている。目標はビルボード全米1位。2020年1月8日、ニューアルバム『劇団オギャリズム』をリリースした。2020年2月より眉村ちあき2ndツアー「劇団オギャリズム」がスタート、4月3日には豊洲PITでのワンマンライブが行われる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー