特集 PR

差別が愛情に変わる時、人は生まれ変わる。劇団ファマリーが語る

差別が愛情に変わる時、人は生まれ変わる。劇団ファマリーが語る

『True Colors Festival』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

障害や性、国籍など様々なちがいを互いに認め合い、みなで支え合う社会を目指すための芸術祭『True Colors Festival』(日本財団主催)。昨年9月からスタートし、およそ1年にわたって様々なプログラムを開催する本フェスティバルにて、劇団ファマリーによるミュージカル『ホンク!~みにくいアヒルの子~』が2月に上演される。

劇団ファマリーは、障害のあるパフォーマーやアーティストたちの就労・自立を促しながら、『アニー』や『シカゴ』など芸術的に高いクオリティを持ったミュージカル作品を多数手掛けてきたカンパニーである。このたび上演される、アンデルセンの童話『みにくいアヒルの子』をモチーフとした『ホンク!』は、英国演劇界の最高峰ローレンス・オリヴィエ賞の最優秀ミュージカル賞に輝いたミュージカルコメディ。他とは違っている自分の特徴を「個性」だと発見していく主人公アグリーの物語は、ルッキズムの問題や多様性の捉え方など今まさに価値観の過渡期にある日本において、ひとつのヒントを与えてくれることだろう。なお、本公演には日本人アーティスト、鹿子澤拳と東野寛子の2人が参加しており、障害の有無のみならず国籍や言語の違いを越えた演出にも期待が集まっている。

現在、劇団ファマリーの芸術監督を務めているのはリーガン・リントン。交通事故により車いす使用者となった彼女は、障害のある役者のみをキャスティングしたミュージカルを数多く手掛け、演劇界に一石を投じてきた人物である。これまで何度か日本を訪れたことのある彼女の目には、この国のダイバーシティとインクルージョンはどのように映っているのだろうか。

作品をより高めてくれる資源として(障害を)使っているところにファマリーの特徴がある。

―リーガンさんが芸術監督を務める「劇団ファマリー(Phamaly Theatre Company)」とは、どのような団体なのでしょうか。

リーガン:劇団ファマリーは今から30年前、1989年にコロラド州デンバーで、5人の障害のあるパフォーマーにより設立されました。当時デンバーでは、障害のあるパフォーマーが舞台に出演する機会が全くなく、既存の劇団からも除外されているという認識があり、「それなら自分たちで劇団を立ち上げてしまおう」という経緯がありました。ちなみに劇団名は、「Physically Handicapped Amateur Musical Actors League(身体的障害のあるアマチュアのミュージカル俳優チーム)」の末尾に「Y」を足したものです。

ファマリーは発足以来、毎年1本ミュージカルを発表し続けてきましたが、15年ほど前からはミュージカル以外の作品や、自ら書き下ろしたオリジナル作品も発表するようになりました。年々ファマリーの知名度は上がっていき、現在のアメリカではこのような試み、つまり様々な障害者がキャストとして参加し、プロとして作品を発表している唯一のカンパニーとして知られています。

リーガン・リントン<br>過去の作品を様々な障害のある役者のみをキャスティングして再表現する非営利の劇団ファマリーの芸術監督。車いす使用者としては唯一のアメリカのメジャー劇団を率いて、演劇の分野でインクルージョンを呼びかける主要な人物である。
リーガン・リントン
過去の作品を様々な障害のある役者のみをキャスティングして再表現する非営利の劇団ファマリーの芸術監督。車いす使用者としては唯一のアメリカのメジャー劇団を率いて、演劇の分野でインクルージョンを呼びかける主要な人物である。

―リーガンさんが、劇団ファマリーの芸術監督に就任された経緯はどのようなものだったのですか?

リーガン:ご覧の通り私は車いすを使って生活しています。2002年、南カリフォルニア大学在籍時に交通事故により脊髄を損傷しました。治療のため一旦は休学しましたが、復学し2004年に卒業してからはデンバーに戻り、そこでファマリーに出会います。2005年から2010年の間はファマリーのパフォーマーとして活動し、その後に大学院に入ったため一旦ファマリーを離れたのですが、2016年に芸術監督に就任して今に至ります。

―これまでファマリーでは、どのような実績や社会貢献を成し遂げてきたのでしょうか。

リーガン:アメリカでは障害者を対象にした演劇の取り組みはたくさんあるのですが、それらはどちらかといえば、障害のある人が芸術に参加するための「機会作りの場」です。要するにチャリティの一環であり、社会の公正性を担保することや、コミュニティを作ることに重きが置かれているわけです。一方、ファマリーの最もユニークかつ実践的なのは、そのような活動をしつつも「芸術的なクオリティ」を一切落としていないところにあるのです。

―作品としても、プロフェッショナルかつ高レベルであることを目指している、と。

リーガン:むしろ障害を芸術表現のためのリソースというか、作品をより高めてくれる資源として使っているところにファマリーの特徴があります。そうすることにより、障害のある人々に対する社会の認識を変えたことが、我々の行ってきた社会貢献のひとつだと思っています。

そしてそれは、単に芸術のことだけではありません。お客さんが私たちの作品を観に来ると、それまでの認識を様変わりさせるような、価値観をグラグラと揺さぶられるような体験をすることになるでしょう。舞台の上で、小児麻痺の人や車いすの人が演技している姿にきっと、「新たな可能性」を見出すはずです。

Page 1
次へ

イベント情報

『True Colors MUSICAL ファマリー「ホンク!~みにくいアヒルの子~」』
『True Colors MUSICAL ファマリー「ホンク!~みにくいアヒルの子~」』

2020年2月15日(土)~2月16日(日)
会場:東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

プロフィール

リーガン・リントン

過去の作品を様々な障害のある役者のみをキャスティングして再表現する非営利の劇団ファマリーの芸術監督。車いす使用者としては唯一のアメリカのメジャー劇団を率いて、演劇の分野でインクルージョンを呼びかける主要な人物である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談