特集 PR

マカロニえんぴつ・はっとりの生き方。不安とロマン、絶望と希望

マカロニえんぴつ・はっとりの生き方。不安とロマン、絶望と希望

Honda
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:山川哲矢(Showcase) 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

今を全力で走るアーティストとHondaでスペシャルコラボミュージックビデオを制作する、「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」。若者たちが不安や迷いから一歩を踏み出すための応援キャンペーンとして立ち上がった本企画は、「不安や迷いを置きざりにするくらい、キミの一歩を加速させる。キミを解放する」というメッセージを掲げ、それを体現するアーティストにマカロニえんぴつ、雨のパレード、CHAI、the peggiesが選ばれている。2月6日には、その第一弾として、マカロニえんぴつの新曲“恋人ごっこ”のミュージックビデオが公開された。

昨年発表したミニアルバム『season』では「オールシーズンあなたの逃げ場所を担当します」と宣言し、“ヤングアダルト”で絶望と隣り合わせの希望を歌ったマカロニえんぴつ。“恋人ごっこ”という曲も、人生で何度となく繰り返される別れの瞬間を描くことで、「似た者同士」の聴き手にそっと寄り添ってくれる。4月には待望のフルアルバム『hope』の発表を控える中、はっとりに今回のコラボのテーマである「不安や迷いからの抜け出し方」について聞いた。

不安は襲ってくるものではなくて、自分の中にずっとあるものだと思うんです。

はっとり<br>マカロニえんぴつのボーカル&ギター。2012年に、はっとりを中心にマカロニえんぴつ結成。メンバー全員音大出身のロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げている。4月1日にニューアルバム『hope』をリリース。4月18日より、全国14か所を回るワンマンツアー『マカロックツアーvol.10 ~わずかな希望を探し求める者たちよ篇~』を開催する。
はっとり
マカロニえんぴつのボーカル&ギター。2012年に、はっとりを中心にマカロニえんぴつ結成。メンバー全員音大出身のロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げている。4月1日にニューアルバム『hope』をリリース。4月18日より、全国14か所を回るワンマンツアー『マカロックツアーvol.10 ~わずかな希望を探し求める者たちよ篇~』を開催する。

―「若者が不安や迷いから抜け出すために、音楽とバイクを通して応援する」という今回の企画について、どんな印象をお持ちですか?

はっとり:マカロニえんぴつにぴったりの企画だと思いました。“STAY with ME”という曲では、「安全な旅じゃないけど、ずっと乗っててくれ」みたいな歌詞を歌ってて、今回の「バイクに乗っちゃう?」というキャッチフレーズもスッと入ってきたし。でも、最近思うのは、「アーティストがお客さんを連れて行く」わけではないんだなって。

―というと?

はっとり:前までは「武道館まで連れてくぜ!」みたいなスタンスでいるべきだと思ってたんですよ。でもそうじゃなくて、お客さんが僕らを自分たちでも思ってもいなかったようなところに連れて行ってくれるんだなって。だから今は、「マカロニえんぴつという乗り物にお客さんを乗せてる」みたいな感覚ではなくなりました。でも、仲間も理解者も増えてきて、今すごく楽しい旅をしてる最中だなと感じてます。

マカロニえんぴつ“STAY with ME”を聴く(Apple Musicはこちら

マカロニえんぴつ
マカロニえんぴつ

―昨年10月から今年の1月にかけて行われたツアー(『マカロックツアーvol.8 ~オールシーズン年中無休でステイ・ウィズ・ユー篇~』)も全公演ソールドアウトで、バンドの状況は間違いなくいい方向に向かってますもんね。

はっとり:それでも不安はつきもので。ただ、不安がなくなったら、音楽を作る原動力が一個なくなっちゃうとも思うんです。

僕はどうしても不安がぬぐえない性格で、曲を書くのは自分を奮い立たせるためでもあるから、不安は僕にとって大事な要素。意図的に不安になりたいわけではないですけどね。

たぶん不安は襲ってくるものではなくて、自分の中にずっとあるものなんだと思うんです。拭おうとしたところで、一生いるものだから、最近はもうしょうがないと思ってますよ。どうしようもない大きさに膨れ上がるときもあれば、忘れてしまってるときもあって……勝手なもんだなって思いますけどね(笑)。

はっとり
はっとり
Page 1
次へ

ウェブサイト情報

「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」
「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」

今を全力で走るアーティストとHondaでスペシャルコラボミュージックビデオを制作し、若者たちが、不安や迷いから一歩踏み出すための応援キャンペーン。マカロニえんぴつの他、雨のパレード、CHAI、the peggiesが順次登場する予定。

リリース情報

マカロニえんぴつ『恋人ごっこ』
マカロニえんぴつ
『恋人ごっこ』

2020年2月7日(金)配信

プロフィール

マカロニえんぴつ
マカロニえんぴつ

メンバーは、はっとり(Vo,Gt)、高野賢也(Ba,Cho)、田辺由明(Gt,Cho)、長谷川大喜(Key,Cho)。2012年はっとりを中心に神奈川県で結成。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。全国にマカロックを響かせるべく都内を中心に活動中。4月1日に、ニューアルバム『hope』をリリース。4月18日より、全国14か所を回るワンマンツアー『マカロックツアーvol.10 ~わずかな希望を探し求める者たちよ篇~』を開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」