特集 PR

新生envyが体現する、国も人種も超えて自由に生きるためのヒント

新生envyが体現する、国も人種も超えて自由に生きるためのヒント

envy『The Fallen Crimson』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:浜野カズシ
2020/03/06

envyが2人だけになった時に「辞めたい」って言ったら、中川が「俺は1人になっても辞めない」って言うの。(河合)

―壊したくないenvyの音像という話もありましたが、やはりenvyの音楽においてギターのメロディは大きな肝だと思うんですね。それで言うと、ノブさんが滝さんとyOshiさんにギターとして声をかけてギター3本になったのは、どういうイメージが鳴ってたからなんですか。

河合:「なるべくシンプルで印象的なメロディを書きたい」と思って曲を書いてきたから、やっぱり俺はそのメロディを弾きたかったのね。俺だけだとどうしても、そのメロディ以外のことを弾かなきゃいけなくなって、ライブだと大元のフレーズがなくなってしまう。そこで、俺の上を飛んで広げてくれるギターが欲しくて。それが滝だったの。そして、ゲインを稼いで土台になるギターをyOshiに弾いてほしかった。新しいことをしたいならギターは3本だなっていうのは最初からイメージできてたんですよね。結果、メロディとしても新鮮なものが生まれましたね。

―実際、今作ではラテンのメロディやリズムもあり、それと同時にアグレッシブなナンバーもより鋭くされている。このフレッシュな音と激情の両立は、『君の靴と未来』(2001年)を聴いた時の感覚と通ずるところがあると思ったんですよ。『君の靴と未来』は音楽的な脱皮を明確に目指して、日本のハードコアシーンとはまったく違うベクトルで歌心と叙情を聴かせた作品でしたけど、それと同じように、リミッターがない状態で自由に音をぶん回している感覚を覚えたんですよね。

深川(Vo,Syn):僕も、アルバムが出来上がった時の感覚が『君の靴と未来』に似ていると思った。もちろんあの頃とは表現の仕方も変わったけど……でも、結局歌にしたいことは「自分が今大事にしているもの」で変わらないと実感できたんです。『君の靴と未来』は以前の5人体制での作品だったけど、あの時はまさに自由にアイデアを出しながら、バンドとして楽曲を作れてたんです。だけどだんだん馴れ合いが生じたり、新鮮さがなくなったりして、バンドの中の関係が変わっていってたのは事実です。

envy

―初期衝動という言葉もありましたし、『君の靴と未来』と同じようにバンドの生まれ変わりがこのアルバムの大きなファクターだと思うんですね。だからこそ、サポートメンバー3人がほぼ正式メンバーに近い形で6人体制になった今、ここまでにバンドの中で何があったのかをちゃんと聞きたいです。

河合:……長い間やっていれば、しかも全部自分たちだけで運営して活動してれば、いろんなことがあるわけですよ。その中で2016年にテツが脱退して、サポートボーカルを迎えながら4人でやっていたんだけど、今度はふたりが脱退して、俺と中川のふたりだけになっちゃったの。その時はさすがに落ち込んでしまって、過呼吸で倒れた。

それで、25年やってきて初めてガクちゃん(中川)とふたりでメシを食いに行って「もう辞めたい、2人で新しいことやろう」って言ったら、彼は「俺ひとりになってもenvyは辞めない」って言うわけ。あのひと言があったから腹を決められてね。やっぱり、20年以上もやってきた曲を二度と鳴らせなくなるのはどうしても嫌だったから。

Spotifyでenvy『all the footprints you've ever left and the fear expecting ahead(君の靴と未来)』(2001年)を聴く(Apple Musicはこちら

―中川さんは、1人になってもenvyをやめないと言った真意はどういうものだったんですか。

中川(Ba):envyでまだできてないことがあると思ったんですよ。まだまだできてないこと――具体的な言葉にはならないんですけど、でも、envyにはまだまだ秘めた可能性があると思ってたんです。僕1人でもenvyを維持していれば、また一緒にやれるかもしれない――そういう希望を残したかったんです。その結果、envyが持っていた可能性を、新しい3人が引き出してくれた感覚があったんですよね。

―今回の作品はどの曲もより一層歌心が強くなっていると感じるんです。それは「新しいenvy」であると同時に元々持っていた可能性でもあるということですよね。そこで逆に伺うと、新しく生まれ変わるタイミングだったからこそ、envyがクリエイトしてきた音楽の根幹や独自性を見つめ直すタイミングでもあったと思うんですよ。そのあたりはどうでしたか。

河合:日本に限らず世界的にも「ユニークなサウンドだ」って言ってもらうことは多いし、自分でもそう思う。ただ、自分で作曲する楽曲に自信はあるけど、それ以上にenvyにおいてテツの存在がデカいと改めて感じてね。彼を一度失ったからこそわかることなんだけど……テツがenvyを離れた時、マイクを立てて順番にみんなで歌って「誰が一番envyになるか」とかも試したの。だけど、どうしてもenvyの歌にならなくて。初めて言うけど、いっそ歌モノにしちゃおうかと思ったこともあったんだよね。

―それがenvyかどうかは別にして、実際、歌モノとしても成立するくらいメロディアスなフレーズがたくさんあるのがノブさんの曲ですよね。轟音に耳が行きがちだけど、その実、包容力のある音像には歌への意識と温かさがある。

Spotifyでenvy『Alnair in August』(2018年)を聴く(Apple Musicはこちら

河合:envyの音楽的な独特さの要因を考えると――envyの曲はシャウトと文字がバーッと入ってくる印象があるけど、実はそうじゃないんだよね。音に対する言葉の刺し方がよく吟味されていて、全体として歌と音が交差しながら突き抜けていく爽快感がある。たとえば日本の音楽はボーカルにばかり耳がいきがちだけど、envyの場合は、それぞれのフレーズも言葉も全部綺麗に交差するようになっていて。そういう意味で、絶叫や歌の新しい在り方を作った人がテツだと思うんだよね。その佇まいも含めて。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

envy『The Fallen Crimson』
envy
『The Fallen Crimson』(CD)

2019年2月5日(水)発売
価格:2,750円(税込)
SZ-008

1. Statement of freedom
2. Swaying leaves and scattering breath
3. A faint new world
4. Rhythm
5. Marginalized thread
6. HIKARI
7. Eternal memories and reincarnation
8. Fingerprint mark
9. Dawn and gaze
10. Memories and the limit
11. A step in the morning glow

プロフィール

envy(えんゔぃー)

前進のBLIND JUSTICEを経て、1995年に結成。日本ではSONZAI RECORDSを主宰し、世界各国のレーベルからも作品をリリース。北米、欧州、アジア問わずツアーを実施している。ハードコアバンドとして始動しながらも、ポストロックやシューゲイザーまでを消化した深い音響と轟音を特徴とした音楽性を持つ。2018年にyOshi(killie)、滝善充(9mm Parabellum Bullet)、渡部宏生(heaven in her arms)をサポートメンバーとして迎え、2016年に脱退していた深川哲也も復帰。6人編成でリスタートを果たし、現体制で初のアルバム『The Fallen Crimson』を2月5日にリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡