特集 PR

大巻伸嗣が語るアートプロジェクトと地域の関係。継続が育む街

大巻伸嗣が語るアートプロジェクトと地域の関係。継続が育む街

Memorial Rebirth 千住
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

集う人々を包むように、また風景に溶けていくように、記憶をつないでいく無数のシャボン玉。アーティスト、大巻伸嗣の代表作の1つ『Memorial Rebirth』は、過去から未来へと続く記憶の再生をテーマに各地で展開されてきた。

なかでも特別なのが、2011年から東京都足立区で継続する『Memorial Rebirth 千住』だ。同区で展開されているアートプロジェクト『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』とのタッグでほぼ毎年開かれ、進化してきた、通称『千住のメモリバ』(参考:足立区名物「シャボン玉」祭に5千人が集結 大巻伸嗣インタビュー)。

大巻自身が「自分の作品であることを放棄するところから始まった」という特異な協働は、10年近くを経て「皆がその場の発言者になる」ことを期した、新たなスタートラインに立とうとしている。プロジェクトの牽引者であり一員でもある大巻に、現在形の思いを聞いた。

「自分の作品にしたいという思いを放棄すること」から始めたんです。

―『Memorial Rebirth 千住』(以下、『千住のメモリバ』)のプロジェクトが始まったのは2011年。準備を重ねて2012年に「千住いろは通り」の商店街で初開催されました。あいにくの雨模様ながら、いくつものシャボン玉が通りを包み込む様子は、特に子供たちが大喜びだったと聞いています。

『Memorial Rebirth 千住いろは通り』(2012年) Photo:Kosuke Mori
『Memorial Rebirth 千住いろは通り』(2012年) Photo:Kosuke Mori

大巻:「千住いろは通り」は昔ながらの商店街ですが、路面電車が廃線になったことで、今はメインストリートから少し外れているような場所です。でもだからこそ、ここで始めたかった。これは以降『千住のメモリバ』が「つなげて、ひらく」ことを意識してきたことに通じています。

大巻伸嗣<br>1971年岐阜県生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科教授。『アジアパシフィック・トリエンナーレ』や『横浜トリエンナーレ2008』、『アジアンアートビエンナーレ』など世界中の芸術祭や美術館・ギャラリーでの展覧会に参加している。展示空間を非日常的な世界に生まれ変わらせ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックな作品『Liminal Air』『Memorial Rebirth』『Echoes』を発表している。
大巻伸嗣
1971年岐阜県生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科教授。『アジアパシフィック・トリエンナーレ』や『横浜トリエンナーレ2008』、『アジアンアートビエンナーレ』など世界中の芸術祭や美術館・ギャラリーでの展覧会に参加している。展示空間を非日常的な世界に生まれ変わらせ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックな作品『Liminal Air』『Memorial Rebirth』『Echoes』を発表している。

大巻:実施に至るまでには、いろんなことが初めてで大変でした。たとえば、本番直前に警備スタッフが足りないとわかって、区内で青少年委員や地域活動を熱心になさっている方にお願いして仲間を集めてもらったりして、なんとか無事に開催できた。

その方は一見ちょっと強面で、若いころ結構やんちゃもしていたという人ですが(笑)、本番を見てすごく感動してくれて、この景色を今後も子どもたちに見せたいと、今でも区内の様々な人のつなぎ役になってくれています。

―『音まち』は、その名の通り音をテーマに、地域における人と人の縁(えん)を育てようというアートプロジェクトです。これまで他に実施されてきた、大友良英さんや野村誠さんなど、音楽家の方のプロジェクトと共にありつつ、『千住のメモリバ』は具体的な音が主役ではないようにも思います。

大友良英『千住フライングオーケストラ 縁日』(2014年) / 東京都中央卸売市場 足立市場にて開催

大巻:確かに、プロジェクトのコンセプト上、音がテーマになっていました。でも僕は、まちの中で「まだ聞こえていないけれど大切な音」のようなものを探すのも大事ではと感じたんです。そのとき、自分の作品『Memorial Rebirth』(以下、『メモリバ』)が生かせたらと考えました。シャボン玉は音を出さないけれど、その一つひとつに、目には見えない色々なものをイメージすることができるからです。

―まちの人々の記憶や夢など、様々な思いを乗せた音符が広がり、それらに耳を澄ますような感覚でしょうか。

大巻:当初は僕自身も千住にアトリエがあったこともあって、アーティストがその時だけやってきて行うイベントやワークショップの限界も、かなり批判的に意識していました。その場限りで終わるだけは、地域に根ざす意味が薄れてしまう。

『Memorial Rebirth』が初めて実施された『横浜トリエンナーレ2008』での様子 / 約50万個以上のシャボン玉を使って、光の空間を演出した
『Memorial Rebirth』が初めて実施された『横浜トリエンナーレ2008』での様子 / 約50万個以上のシャボン玉を使って、光の空間を演出した

大巻:ですからここでは、継続的に関わることでの可能性を考えたいと思った。この点は大友さんや野村さんのプロジェクトも同様ですよね。だから最初に「ここで30年は続けたいです」と事務局にも伝えました。

―メモリバは『横浜トリエンナーレ2008』で初めて実施されて以降、大巻さんの故郷である岐阜など各所で展開されてきました。その土地ごとの記憶を過去から未来に「再生」するというコンセプトは一貫していますね。ただ、千住では毎年継続してきたことで、独特な展開をした印象があります。

大巻:僕は『千住のメモリバ』を、「自分の作品にしたいという思いを放棄すること」から始めたんです。もともと『音まち』は、まちなかでのプロジェクト。アートって何? という人と一緒に作っていくものだと考えています。

―アーティスト個人の作品に地域が協力するのとは違う?

大巻:これがアートです! と一方的に告げるのとは違うところから人と一緒に何が作れるのかを探っていくなかで、自分の作品を「使う」のも面白いと思ったんです。結果的に、『千住のメモリバ』は、僕自身まだ見えていなかったものを見せてくれました。

『Memorial Rebirth 千住 2016 青葉』撮影:高田洋三 / 2011年にスタートし、小学校や公園など毎年場所を変えながら、足立区内でリレーのバトンのように手渡されてきた
『Memorial Rebirth 千住 2016 青葉』撮影:高田洋三 / 2011年にスタートし、小学校や公園など毎年場所を変えながら、足立区内でリレーのバトンのように手渡されてきた
大巻伸嗣『Memorial Rebirth 千住 2017 関屋』(Long version)

―「縁」というキーワードについてはいかがですか? 地域おこしなどとも違う、より個々の生活者が主語になる言葉だと感じます。

大巻:『千住のメモリバ』は、従来の「まつり」をとらえ直したものです。いわば「縁」を結ぶ場所ですね。たとえば同じ地域に住んでいながら、コミュニティーの中で結ばれていない人もいます。家庭の事情でそうした機会を作りづらかったり、国外含め他地域から移り住んできたりした人もいる。地域内の結び付きは、昔のように強くないところが多いんです。

そういった地域と結びつきが薄い人が増えると、まつりも一部の人のものになっていき、以前のような役割は果たせなくなっていく。こう考えると、『千住のメモリバ』は新しいまつりゆえのニュートラルさがある。昔から続くまつりも大切だけど、誰でも入ってこられる良さも活かしていきたいと思います。

大巻伸嗣
Page 1
次へ

プロジェクト情報

Memorial Rebirth 千住

約50万~100万個のシャボン玉で、見慣れたまちを一瞬にして光の風景へと変貌させる現代美術家の大巻伸嗣のアートパフォーマンス『Memorial Rebirth』(通称:『メモリバ』)。千住では、2012年3月にいろは通りから始まり、区内の小学校や公園など毎年場所を変えながらリレーのバトンのように手渡されてきました。その過程で、オリジナルの盆踊り「しゃボンおどり」が誕生したり、まちの記憶や風景を描いた歌詞ができたり、夜空にシャボン玉を飛ばす「夜の部」が始まったりと、その形を変えながら、まちの様々な記憶と人をつないでいます。

イベント情報

大巻伸嗣『Memorial Rebirth 千住 2020 舎人公園』

日程:2021年3月頃を予定

※新型コロナウイルス感染症の影響を受け、当初予定していた日程を延期しました。
※詳細は随時、音まちウェブサイトやSNSにて発信いたします。

プロフィール

大巻伸嗣(おおまき しんじ)

1971年岐阜県生まれ。『トーキョーワンダーウォール2000』に『Opened Eyes Closed Eyes』で入選以来、『Echoes』シリーズ(資生堂ギャラリー、水戸芸術館、熊本現代美術館、東京都現代美術館等)、『Liminal Air』(東京ワンダーサイト、ギャラリーA4、金沢21世紀美術館 、アジアパシフィック・トリエンナーレ2009年、箱根彫刻の森美術館等)、『Memorial Rebirth』(横浜トリエンナーレ2008)など、展示空間を非日常的な世界に生まれ変わらせ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックなインスタレーション作品やパブリックアートを発表している。

 

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開