特集 PR

原田祐馬×服部滋樹のデザイン流儀 「公共性」と「工共性」

原田祐馬×服部滋樹のデザイン流儀 「公共性」と「工共性」

『UMA / design farm展 Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:片岡杏子 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

大阪を拠点に、日本各地の建築や都市のデザインなどに関わる原田祐馬と、彼が主宰するUMA / design farmの展覧会が開催される。とくに2011年の東日本大震災発生以降、人と人とのつながりや地域やコミュニティーの再生などが社会全体のみならず、クリエイションの場でも重視される傾向が加速した。原田はその中のトップランナーと呼んで差し支えない人物だが、どうやら本人の意思は違うところにあるらしい。「地域やコミュニティーは出発点ではない」とは、このインタビュー内での彼の言葉だ。

阪神・淡路大震災から25年、東日本大震災から約10年。そのあいだに世界も日本も大きく変化し、多くの人々がこれまでの生き方を再考する段階に足を踏み入れつつあるが、そんな時代の中で原田はどんな「デザイン」を考えているのだろうか。彼同様に大阪を拠点に、モノだけでなくコトへも関心を寄せた活動を続けてきたgraf代表の服部滋樹を招き、2人の考える「いま」と「これから」を聞いた。

「よい三角関係」をつくるってことがデザインの役割なんじゃないかと思っています。(服部)

―原田さんとUMA / design farmはじつに多くのデザインを手がけていますが、今回の個展では奈良県の社会福祉施設「たんぽぽの家」と協働している障害のある人たちの仕事づくりを実践する「Good Job! Project」を中心に、とくに地域やコミュニティーに関わるプロダクトにフォーカスされていますね。

原田:うーん。自分自身としては地域やコミュニティーを出発点にしてデザインの仕事をしている感じはないんですよ。もちろんいろんな人と関係性をつくりながら仕事をしていくっていうのは僕らにとってはかなり重要な方法で、むしろそうでないとうまく仕事をやっていけないんですよね。服部さんもそうじゃないですか?

服部:うん。目標が先に決まっていてキャスティングするよりも、「このメンバーで探っていくと、もっといろんな人も巻き込めて面白くなりそうだぞ」みたいな感じが最初にあって、リサーチしていった先にはじめて結果が出てくるというのが自分としてはしっくりきますね。

左から:原田祐馬、服部滋樹
左から:原田祐馬、服部滋樹

服部:最近、「シンバイオティクス・リレーション」っていうことについてよく考えてるんだけど。日本語に訳すと「共生関係」かな。たとえば蜂と花みたいに蜂が花の花粉を運んで受精させて……と考えると2つの共生関係しかないように思えるけれど、実際にはそこには土も関わっていて三者以上の共生の関わりがあるわけです。そういった「よい三角関係」をつくるってことがデザインの役割なんじゃないかと思っていて、ちょっと流行らせたいんだよね。シンバイオティクス・リレーションって言葉を。

原田:面白いですね。

服部:生きて仕事してると、健全な利害関係をどう持続的に結びつけていくかってことを常に考えるでしょう? お互いのスキルや知識を共有し、その関係を持続させることが大事。(原田)祐馬がやってるのはまさにそれだと思う。「たんぽぽの家」だって、スタッフの人たち、障害のある人たちも含めた三者がよくなる方法を模索してると思うんですよ。いい換えると、それは「生態系をつくる」ってことやね。祐馬が神様になってさ。天地創造(笑)。

服部滋樹(はっとり しげき)<br>1970年生まれ、大阪府出身。graf 代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちとgraf を立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手掛け、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。
服部滋樹(はっとり しげき)
1970年生まれ、大阪府出身。graf 代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちとgraf を立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手掛け、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。

原田:いやいや、人間ですよ(苦笑)。

服部:生態系が持続されるためには、そこにいる人が重要で、だから大西麻貴(「大西麻貴+百田有希/o+h」を主宰する建築家)さんがいないとだめだし、祐馬がいないとだめだし、ヨレヨレのTシャツにこだわりのあるプロダクトデザイナーの吉行良平くんがいないとだめで。ある生態系に興味のある人が自ずと集まってデザインが立ち上がってくるのであって、大層なコンセプトやビジョンありきじゃないんだよ。

原田:僕らが最近興味を持っているのが「群れ」で。群れって、突然発生するものではないじゃないですか。生きるための技術というか勘のようなもの。

服部:群れるといえばヤンキーだから、祐馬にはぴったりだね!

原田:そういう意味じゃなくて(笑)。僕の隣のガラの悪い中学校に通ってた服部さんにいわれたくないですよ!

服部:ガラ悪くないわ!

原田:それはともかく(笑)。「群れ」というより「群れていく」っていうのかな。走っている人たちが実感し、知ってみようと合流していくというか。「たんぽぽの家」で手がけた『Good Job! Project 』や、福井市との協働プロジェクト、次世代のデザイナーに向けての教室『XSCHOOL』もたぶんそうで、走りたい人、興味のある人がどんどんジョインして、生態系や群れが広がっていくのが面白かったんだと思います。魚の群れは英語では「school」と呼ぶし、面白いですよね。

原田祐馬(はらだ ゆうま)<br>1979年大阪生まれ。UMA / design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「ともに考え、ともにつくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。「グッドデザイン金賞」(2016年度)、「第51回日本サインデザイン賞最優秀賞」(2017年度)など国内外で受賞多数。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。愛犬の名前はワカメ。
原田祐馬(はらだ ゆうま)
1979年大阪生まれ。UMA / design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「ともに考え、ともにつくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。「グッドデザイン金賞」(2016年度)、「第51回日本サインデザイン賞最優秀賞」(2017年度)など国内外で受賞多数。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。愛犬の名前はワカメ。
Page 1
次へ

リリース情報

『UMA / design farm展 Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields』
『UMA / design farm展 Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields』

日程:2020年2月25日(火)~3月28日(土)日曜・祝日休館
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8
料金:無料

プロフィール

原田祐馬(はらだ ゆうま)

1979年大阪生まれ。UMA / design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「ともに考え、ともにつくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。主なプロジェクトに、香川県・小豆島町のアートプロジェクト「醤の郷+坂手港プロジェクト ー観光から関係へ」、奈良県・奈良市のたんぽぽの家と障害のある人たちの仕事づくりを実践する「Good Job! project」、福岡県・福智町での町立図書館と歴史資料館建設プロジェクト「ふくちのち」、福井県・福井市での未来につなぐ ふくい魅える化プロジェクト「make.fukui」などがある。グッドデザイン賞審査委員、京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。

服部滋樹(はっとり しげき)

1970年生まれ、大阪府出身。graf 代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちとgraf を立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手掛け、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信