特集 PR

『音まち千住の縁』の10年間を振り返る。人と人の縁を結ぶには

『音まち千住の縁』の10年間を振り返る。人と人の縁を結ぶには

アートアクセスあだち 音まち千住の縁
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

地域に密着したアートプロジェクトが目指すのは、一体どんなことだろう? 豊かな文化を共有したい、来訪者を増やし活性化したいなど、その目的は様々だ。

人と人の「縁(えん)」を生み出したいとの願いから始まった『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』は、今年、立ち上げから10年目を迎える。足立区千住地域を中心に、これまで大巻伸嗣、大友良英、野村誠、足立智美ら多彩なアーティストが市民と協働し、「音」をテーマとした多様なプログラムをまちなかで展開してきた。

プロジェクトは今後どこに向かっていくのか。ディレクターである吉田武司に、これまでの歩みとこれからについて聞く。

日常では出会わない人たちが出会う場を目指したい。

―『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』(以下『音まち』)で何より特徴的なのは、やはり「音」と「縁」というキーワードですね。改めて、このアートプロジェクトの始まりを教えてください。

吉田:少しシリアスな背景として、「縁」というキーワードの由来をお話しすると、孤独死などが社会的な問題になってきていたという背景があります。

吉田武司<br>1984年生まれ。埼玉県北本市で実施された『北本ビタミン』(2010年~2012年)や東京都三宅島の『三宅島大学』(2013年)などアートプロジェクトの事務局として企画運営に携わる。現在、『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』のディレクター
吉田武司
1984年生まれ。埼玉県北本市で実施された『北本ビタミン』(2010年~2012年)や東京都三宅島の『三宅島大学』(2013年)などアートプロジェクトの事務局として企画運営に携わる。現在、『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』のディレクター

吉田:ちょうど、無縁社会(人と人との関係が希薄となりつつある社会)という言葉が広がった頃で、足立区もこの問題を真剣に受け止め、より積極的に人々が出会う機会を作っていこうと考えた。そこで軸となるキーワードとして「縁」が挙がりました。

アートプロジェクトを通じて、これまでの日常では出会わない人たちが出会う場を目指したい。『音まち』は、そのように始まったんです。

―どのようにして現在の形になったのでしょう? その際にアートを介するようになったいきさつは?

吉田:『音まち』の企画が立ち上がった大きなきっかけとしては、足立区のシティプロモーション課が、当時千住にアトリエを構えていたアーティストの大巻伸嗣さんに話を聞きに行ったことですね。

シティプロモーション課は当時、都心型のシティプロモーションについて考えるため、東京文化発信プロジェクト室(現・アーツカウンシル東京)含め、いろいろな方に話を聞いたり取材に行ったりしていた。大巻さんに取材した際、大巻さんは「足立区はアートや文化活動や音楽やいろいろなものがそこここにあふれるまちであるといい」と話した。アートを導入さえすれば地域が元気になる、といった安易な考えではない、本気の取り組みを区がやるなら協力したいと。

足立区シティプロモーション課が行っていた「足立大好きインタビュー」での大巻伸嗣のインタビュー写真 写真提供:足立区
足立区シティプロモーション課が行っていた「足立大好きインタビュー」での大巻伸嗣のインタビュー写真(サイトを見る) 写真提供:足立区

―そこから企画が走り出した?

吉田:さらに、東京藝大の千住キャンパスにいらしたアートマネージメントの専門家である熊倉純子教授(東京藝術大学音楽環境創造科・大学院国際芸術創造研究科)に相談することで話が形になっていきました。「音」をキーワードにしたのは、この千住キャンパスには音楽系の学科群があることから、連携の広がりや可能性に期待した面があったのだと思います。

―「音」は声や生活音から音楽まで、暮らしに身近な存在。そこから、アートへの関心の有無を超えて、広く人々がつながっていく可能性もありそうですね。

吉田:その点で、『音まち』の誕生時から関わり続けてくれている、音楽家の野村誠さんによる『千住だじゃれ音楽祭』は面白いと思います。だじゃれという言葉遊びは、一見無関係な言葉どうしを音の類似によって半ば強引に結びつける力がある。そこで地域の人たちが気軽にだじゃれを言い合い、そこから音楽を生み出していくプロジェクトです。

『野村誠ふろデュース「風呂フェッショナルなコンサート」』(2012年)撮影:森孝介 / 『千住だじゃれ音楽祭』第一弾企画として、名物銭湯「タカラ湯」で開催された
『野村誠ふろデュース「風呂フェッショナルなコンサート」』(2012年)撮影:森孝介 / 『千住だじゃれ音楽祭』第一弾企画として、名物銭湯「タカラ湯」で開催された

吉田:開始以来、定期的に野村さんに千住に来てもらい、プロジェクトに参加するメンバー「だじゃれ音楽研究会」(通称:だじゃ研)と即興のセッションをやるようになっていきました。僕はそれを見ていて、野村さんは単に即興演奏の質を高めたいというより、メンバーたちが音を介してコミュニケーションすることを試みているのだな、と思った時がありました。

あるとき、メンバーの一人が木琴で「ドレミファソラシド」と音を滑らせるように、流れるように演奏したんです。野村さんはそれに反応して、真似をし始めて。それを聴いた別のメンバーがまた真似をし始めるみたいな。それは音を介したコミュニケーションに聴こえて、すごく面白いなと思った。

―野村さんは地域の人たちと、どんなふうに関わろうと考えたのでしょう?

吉田:もともと野村さんはこのプロジェクトで、価値観の違う人と出会うためのプラットフォームを目指しています。特にオジサンたちと出会いたいそうで、だから「だじゃれ」をフィーチャーしたんですね。実際に始めると、「オジサン」以外にも小学生やご高齢の方、海外にルーツを持つ方もいるし、演奏技術に自信がない方など様々なバックグラウンドを持った方が参加しています。

―だじゃれは老若男女、万国共通の「音遊び」でもあるかもしれませんね。

吉田:参加メンバーを集めたミーティングでは、人によって話を聞いたり聞かなかったりですが(苦笑)、セッションが始まると皆、ちゃんと音でコミュニケーションしているんです。

だじゃ研メンバーとのセッションの様子
だじゃ研メンバーとのセッションの様子
タイやインドネシアの音楽家たちとだじゃれ音楽を通じた交流を行なっている
タイやインドネシアの音楽家たちとだじゃれ音楽を通じた交流を行なっている

―他にも、大友良英さんらが音の出る凧などを開発して「空から音が降り注ぐ演奏会」を目指した『千住フライングオーケストラ』や、アサダワタルさんが記憶や風景を通して街と人の関係を扱う音楽レーベル『千住タウンレーベル』、あるいはスプツニ子!さんが地元の若者と協働した『Adachi Hiphop Project』など、これまでのプロジェクトもバリエーションは様々ですね。

吉田:音ってやはり抽象的なもので、だからこそいろいろな伝え方、伝わり方があるし、言葉を介さず様々な人とつながれるのかもしれません。そういう意味では、市民の方々にとっても、参加の敷居を感じずにいてもらえるなら嬉しいですね。僕自身も楽器も弾けず楽譜も読めませんが、それを感じています。

これは『音まち』だからできることとして大切にしたいし、新たに『音まち』を知ってくれる人にも伝えていけたらと思っています。

吉田武司
Page 1
次へ

プロジェクト情報

アートアクセスあだち 音まち千住の縁(音まち)

アートを通じた新たなコミュニケーション(縁)を生み出すことを目指す市民参加型のアートプロジェクトです。足立区千住地域を中心に、市民とアーティストが協働して、「音」をテーマに様々なまちなかプログラムを展開しています。日本家屋「仲町の家」も文化サロンとして土日月・祝日にオープン中。

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、東京藝術大学音楽学部・大学院国際芸術創造研究科、特定非営利活動法人音まち計画、足立区
※本事業は「東京アートポイント計画」として実施しています。

プロフィール

吉田武司(よしだ たけし)

1984年生まれ。大阪市出身。京都造形芸術大学芸術表現・アートプロデュース学科卒業。埼玉県北本市で実施された『北本ビタミン』(2010年~2012年)や東京都三宅島の『三宅島大学』(2013年)などアートプロジェクトの事務局として企画運営に携わる。その後、2014年には東京アートポイント計画のプログラムオフィサーに従事。現在、足立区千住を中心に「音」をテーマにまちなかで展開しているアートプロジェクト『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』のディレクター

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄