特集 PR

THE ORAL CIGARETTES・山中が語る、表現者が今果たすべき使命

THE ORAL CIGARETTES・山中が語る、表現者が今果たすべき使命

THE ORAL CIGARETTES『SUCK MY WORLD』
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

「俺らはこれからロックバンドとして、こういう生き方をしていくよ」ということを込めて作ったのが、今回の一連のミュージックビデオです。

THE ORAL CIGARETTES、『Dream In Drive』ルック
THE ORAL CIGARETTES、『Dream In Drive』ルック

―今の話を聞いていてつながったんですけど、今回リリースされた順番にMVを見ていると、最後の“Slowly but surely I go on”に出てくる少年は、どこかで山中さん自身が投影されている姿なのかと思ったんです。そこに、どこか「輪廻転生」的なものを感じたというか。

山中:MVとジャケットについては……これはまだファンにも解説していないんですけど(笑)。このアルバムのなかで最初に出した『ワガママで誤魔化さないで』のシングルのジャケットに、泣いている少年の姿を使ったんです。

なぜ、少年を泣かせたのかというと、「今、子供の頃のように本当にピュアな感情でワガママを言える大人がどれだけいるの?」ということを訴えかけたかったからで。今は、みんな周りを気にしたり、情報を気にしたりしながらでないと、ワガママを言えなくなってしまっている。「そんなことをやり続けていたら、ロックスターは生まれないよね?」と思った。なので、ジャケットにも「Rock Star is dead」と書いたんです。「もう日本にはロックスターはいないんだ」って。

―なるほど。

山中:それからシングルを1作切るごとに、ロックスターに必要なものを描いていったんです。そうすることで、「日本に今、必要なロックバンドってこれだよね?」ということを徐々に描いていきました。

最後の“Slowly but surely I go on”のMVには、それまでの全MVの要素を取り入れているんですけど、そこでも冒頭で少年は泣いているんですよ。でも最後は、笑いながら俺らを見送ってくれているんです。

―本当にロックバンドへの想いが強いし、それゆえに問題意識も強いんですね、山中さんは。

山中:そうですね。それこそ、最近でも日本には「ロックバンドが政治に口出すな」みたいな風習があったりするじゃないですか。俺としては疑問に感じているんですよね。ロックバンドと社会、政治は密な関係であるべきだと思う。そういう感じで、「俺らはこれからロックバンドとして、こういう生き方をしていくよ」っていうことを、ひとりの主人公を立てたストーリーに込めて作ったのが、今回の一連のMVだと思います。

“ワガママで誤魔化さないで”ミュージックビデオ(2018年12月23日公開、監督:渡邉哲)

“Don't you think (feat.ロザリーナ)”ミュージックビデオ(2019年9月13日公開、監督:BUDDHA.INC)

“Shine Holder”ミュージックビデオ(2019年12月18日公開、監督:BUDDHA.INC)

“Tonight the silence kills me with your fire”ミュージックビデオ(2020年2月14日公開、監督:野田智雄)

“Dream In Drive”ミュージックビデオ(2020年3月25日公開、監督:野田智雄)

“Naked”ミュージックビデオ(2020年4月15日公開、監督:Shin Okawa(LMANAGEMENT))

“Slowly but surely I go on”ミュージックビデオ(2020年4月22日公開、監督:野田智雄)

俺は、人間の汚い部分も美しいと思う。けど、その美しさをもっと磨き上げた美しさにしていかないか? と語りかけていきたい。

―ちょっと漠然とした質問になってしまいますけど、今、日本という国に対して思うことはありますか?

山中:「もったいないな」と思うことは多いです。根本的に自信がないという日本人特有の感覚があるんじゃないかなと思いますね。

以前タクシーに乗ったとき、運転手さんが言っていたんですけど、その運転手さんはソムリエの資格を取りたくて、フランスに留学していたことがあるらしいんです。そのとき、現地の人たちに「なんでお前には日本酒という素晴らしい酒があるのに、それに対するリスペクトを持たずにワインを勉強しているんだ」と言われたらしくて。その話を聞いて、「なるほどな」と思ったんです。

日本には素晴らしい伝統や文化があって、それを見るために海外の人たちも日本に来ているのに、日本人自体が日本を応援しない風潮があったりする……それは本当によくないことなんだろうなって感じていて。本当にもったいないなと思います、日本は。

―たしかに、自虐的な側面はありますよね。

山中:あと、「遡る」という作業がどれほど大事か、今回のアルバムを作ることで知ることができた気がしていて。それもあって、ちゃんと調べてから物事を発信することがすごく大事だなっていうのは、ここ最近すごく考えていました。

例えば、新型コロナウイルス関連のことで、一部分だけを切り取って騒がれている状況があったじゃないですか。俺もSNSで発言したんですけど、メディアが一部分だけを騒ぎ立てたし、そこに文句を言う人が多い気がして。この状況に対して具体的にどんな保障や対策が立てられて、実行されているのか、ひとつのことに対して文句を言う前にちゃんと調べたのか? と思ったんですよね。

―確かに、怒ることも必要だけど、反射的、感情的にそれを他人に当ててしまうことの怖さはありますもんね。

山中:そう……最近は、「探す」とか「ディグる」という精神が本当になくなっている気がするんですよ。そういう問題意識から音楽を発することが、今、自分がこういう場所に立たせてもらっている意味でもあるなと最近は感じていますね。

―そういう意味でいうと、今作の世界観の前提にあるのは、SNSなどの影響で人と人との関係性が歪なものになっている現代社会、という見方もできそうですね。

山中:そうですね。でも、なんというか……SNSって人間の汚い部分がより濃く出てしまうものではあると思うんですよ。SNSに感情をぶつけてしまうっていうのは、人間の本質が出ている行動なのかもしれないですよね。でも、それによって人は自分を救おうとしているのかもしれなくて。

それなら、俺は「それは違うだろ」というよりは、「その弱さもわかるぜ」と言いたいんです。そのうえで「もっとよくなっていくために、一緒に変わっていかない?」と問いかけたい。

さっきの映画監督の話じゃないですけど、俺は、人間の汚い部分も美しいと思う。けど、その美しさをもっと磨き上げた美しさにしていかないか?――そう語りかけていくことが、この先の自分がオーラルでやっていくことだと思っているんです。だから、問いかけてはいるけど、決してマイナスな意味での表現にはなっていないと思います。

山中拓也
Page 4
前へ 次へ

リリース情報

『SUCK MY WORLD』初回盤A(CD+DVD)
THE ORAL CIGARETTES
『SUCK MY WORLD』初回盤A(CD+DVD)

2020年4月29日(水)発売
価格:4,290円(税込)
AZZS-104

[CD]
1. Introduction
2. Tonight the silence kills me with your fire
3. Fantasy
4. Dream In Drive
5. Maze
6. Don't you think (feat.ロザリーナ)
7. Hallelujah
8. Breathe
9. ワガママで誤魔化さないで
10. Shine Holder
11. Naked
12. Color Tokyo
13. From Dusk Till Dawn
14. The Given
15. Slowly but surely I go on

[DVD]
『PARASITE DEJAVU ~2DAYS OPEN AIR SHOW~』DAY1 ONE MAN SHOW at 泉大津フェニックス(2019.9.14)
1. BLACK MEMORY
2. What you want
3. WARWARWAR
4. N.I.R.A(Redone)
5. GET BACK
6. 瓢箪山の駅員さん
7. LIPS(Redone)
8. ワガママで誤魔化さないで
9. カンタンナコト
10. DIP-BAP(feat.KAIRI)
11. ハロウィンの余韻(Redone)
12. 僕は夢を見る(Redone)
13. 5150
14. PSYCHOPATH
15. 狂乱 Hey Kids!!
16. See the lights
17. LOVE(Redone)
18. 容姿端麗な嘘
En1. Don't you think(feat.ロザリーナ)
En2. 起死回生STORY

THE ORAL CIGARETTES
『SUCK MY WORLD』初回盤B(CD+Blu-ray)

2020年4月29日(水)発売
価格:5,390円(税込)
AZZS-105

[CD]
1. Introduction
2. Tonight the silence kills me with your fire
3. Fantasy
4. Dream In Drive
5. Maze
6. Don't you think (feat.ロザリーナ)
7. Hallelujah
8. Breathe
9. ワガママで誤魔化さないで
10. Shine Holder
11. Naked
12. Color Tokyo
13. From Dusk Till Dawn
14. The Given
15. Slowly but surely I go on

[Blu-ray]
『PARASITE DEJAVU ~2DAYS OPEN AIR SHOW~』DAY1 ONE MAN SHOW at 泉大津フェニックス(2019.9.14)
1. BLACK MEMORY
2. What you want
3. WARWARWAR
4. N.I.R.A(Redone)
5. GET BACK
6. 瓢箪山の駅員さん
7. LIPS(Redone)
8. ワガママで誤魔化さないで
9. カンタンナコト
10. DIP-BAP(feat.KAIRI)
11. ハロウィンの余韻(Redone)
12. 僕は夢を見る(Redone)
13. 5150
14. PSYCHOPATH
15. 狂乱 Hey Kids!!
16. See the lights
17. LOVE(Redone)
18. 容姿端麗な嘘
En1. Don't you think(feat.ロザリーナ)
En2. 起死回生STORY

THE ORAL CIGARETTES
『SUCK MY WORLD』通常盤(CD)

2020年4月29日(水)発売
価格:3,300円(税込)
AZCS-1090

1. Introduction
2. Tonight the silence kills me with your fire
3. Fantasy
4. Dream In Drive
5. Maze
6. Don't you think (feat.ロザリーナ)
7. Hallelujah
8. Breathe
9. ワガママで誤魔化さないで
10. Shine Holder
11. Naked
12. Color Tokyo
13. From Dusk Till Dawn
14. The Given
15. Slowly but surely I go on

プロフィール

THE ORAL CIGARETTES
THE ORAL CIGARETTES(じ おーらる しがれっつ)

2010年奈良にて結成。メンバーは、山中拓也(Vo,Gt)、鈴木重伸(Gt)、あきらかにあきら(Ba,Cho)、中西雅哉(Dr)。人間の闇の部分に目を背けずに音と言葉を巧みに操る唯一無二のロックバンド。メンバーのキャラクターが映えるライブパフォーマンスを武器に全国の野外フェスに軒並み出演。2017年6月には初の日本武道館公演、2018年2月には地元関西にて大阪城ホール公演を開催し両日とも即日完売。リリースした作品は常に記録を更新し、2018月6月リリース4th アルバム『Kisses and Kills』はオリコン初登場1位を獲得。9月から半年に渡りアリーナ4公演含む全国ワンマンツアー『Kisses and Kills Tour 2018-2019』、2019年5月には初のアジアツアー『KK Tour 2019 in Shanghai/Beijing/Taipei』を開催した。そして、8月に初のベストアルバム『Before It’s Too Late』をリリースし、9月には大阪泉大津フェニックスにて初の野外自主イベント『PARASITE DEJAVU ~2DAYS OPEN AIR SHOW~』を開催、2日間で約4万人を動員した。BKW!!(番狂わせ)の精神でロックシーンに旋風を巻き起こしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄