インタビュー

椹木野衣に聞くコロナ禍のアート。立ち戻るべきは孤独の創造性

椹木野衣に聞くコロナ禍のアート。立ち戻るべきは孤独の創造性

インタビュー・テキスト
杉原環樹
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

新型コロナウイルスが人々から奪った、地域を超えた活発な移動や交流、多くの人が身を寄せ合う場のあり方は、近年のアートがその原動力としてきたものでもあった。大規模展覧会、芸術祭、ワークショップ……。そうした活動形態に影が落ちたいま、アートにはどのような変化や想像力が求められているのだろうか? 災害と美術の関係を丹念に紐解いた『震美術論』などの著書がある、美術評論家の椹木野衣さんに話を聞いた。

※本記事は2020年4月27日に実施された取材をもとに制作しています。

(メイン画像:大改修工事を終え3月21日にオープン予定だった京都市京セラ美術館。5月26日に京都府在住の方に限定し、来館前日までの事前予約制をとり開館。6月19日以降は京都府在住の限定も解除予定 / 撮影:来田猛)

遠隔的 / 非接触型のコミュニケーションを、いかにより創造的なものに変えていくか

―新型コロナウイルスの発生以降の経緯をどうご覧になっていましたか?

椹木:中国で未知のウイルスによる急性呼吸器疾患が広がっていると知った際、まず浮かんだのは「これがパンデミックの状態にならなければいい」ということでした。僕らの世代で芸術文化に関わる人間ならば、1980年代以降にエイズ禍をもたらしたHIVウイルスの記憶は鮮烈です。

HIVは感染力も弱く今回のような次元でのパンデミックには至らなかったけれど、当時の文化で影響力のあった人物が数多く亡くなった。そうした事態にならなければいいなと。

椹木野衣<br>美術批評家。多摩美術大学教授、同芸術人類学研究所所員。著書『日本・現代・美術』、『「爆心地」の芸術』、『反アート入門』、『後美術論』(第25回吉田秀和賞)、『震美術論』(平成28年度芸術選奨文部科学大臣賞)ほか多数。最新刊に『感性は感動しない』。福島の帰還困難区域で開催中の「見に行くことができない展覧会」、『Don’t Follow the Wind』では実行委員も務める。
椹木野衣
美術批評家。多摩美術大学教授、同芸術人類学研究所所員。著書『日本・現代・美術』、『「爆心地」の芸術』、『反アート入門』、『後美術論』(第25回吉田秀和賞)、『震美術論』(平成28年度芸術選奨文部科学大臣賞)ほか多数。最新刊に『感性は感動しない』。福島の帰還困難区域で開催中の「見に行くことができない展覧会」、『Don’t Follow the Wind』では実行委員も務める。

椹木:しかし、当初はさほど強く危機感を持てていなかったと思います。2月に、関わる帰宅困難区域での展覧会『Don’t Follow The Wind』のため福島を訪れた際、その車中で初めて自分の無症状感染の可能性に思い至り、現地の人に会っていいのかを真剣に悩みました。

結局、感染対策を万全にした上で会ったのですが、その辺りからこの感染症は対人の配慮の点でとても面倒だと実感しました。同時に、不可視のものに対する想像力を必要とする点で、この問題は福島の放射能と同じく、おのずと表現の領域と絡んでくると考え始めました。

―新型コロナの性質は、人やモノが国を超えて活発に行き来するグローバル社会の弱点を見事に突いています。近年の主流なアートシーンも例外ではなく、まさしくそうした社会の構造を土台に展開されてきましたが、大局的にはどんな影響が考えられますか?

椹木:僕自身は、1989年の「ベルリンの壁崩壊」以後を、グローバライゼーションの時代だと位置付けています。それ以降、アートもそのシステムの上で世界的に波及しました。

たとえば、ビエンナーレやトリエンナーレなどの大規模な国際美術展、アートフェア、国内的には芸術祭と呼ばれる催しもその文脈で活性化したものです。これらはグローバル時代のアートのインフラと呼ぶべきもので、美術館以上に重要な役割を果たしてきた。それが大幅に縮減されれば、その上で活動するアートの形態も自然と変わると思います。

1990年代以前のアートには、「アートとは、特権的な才能に恵まれた個人としてのアーティストが、孤独や内省を経て作るもの」という共通認識がありました。しかしグローバリズム以後は、いわばすべての人がアーティストであり、人と人、人とモノをつなげることで、個々人の創造性を引き出してくれる存在がアーティストだと考えられるようになった。そこから、ワークショップやコミュニケーションをベースにしたアートのあり方が主流となり、芸術祭やプロジェクト型の活動の足場となってきました。(参考:『ARTNE』グローバリズムの光と影 アートフェア、国際展… 中止は一時的現象か?

清津峡渓谷トンネルTunnel of Light(2018年)  ©Osamu Nakamura / 『「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春』
清津峡渓谷トンネルTunnel of Light(2018年) ©Osamu Nakamura / 『「大地の芸術祭」の里 越後妻有2019春』

椹木:コロナ禍は、観光や市民の学びと密接に結びついたそうしたタイプのアートの可能性を、すべて「リスク」に反転させました。たとえば芸術祭では、国内外から大量の表現者や作品、観客、ボランティアが集まり、現地の高齢者を含む市民と交流します。

また、そこで重要な役割を果たすのが祭りや食といった要素です。これらは、感染リスク以外の何者でもない。コロナ禍がいつまで続くかはわかりませんが、少し待てば同じような形態でふたたびこうした催しができるかと言えば、それは楽観でしょう。いまは主に美術館などの閉鎖が注目を集めていますが、長期的にはこちらの影響の方が深刻かもしれません。

―延期になった東京オリンピックが象徴的ですが、新たな感染症の発生で催しが「飛ぶ」リスクを知ったいま、大規模イベントの企画者には不安がつきまといますね。

椹木:それぞれに初めてアートコレクティブを芸術監督に迎えた今年開催予定の『ヨコハマトリエンナーレ2020』や2022年の『ドクメンタ』(ドイツで5年に1度開催される国際美術展)が控えたこの数年は、本来ならば、先ほどの「すべての人がアーティストだ」式のアートのひとつの節目となるはずの年でした。しかし、これらの催しも、当初のコンセプトのまま開催することは難しいでしょう。

そうしたなかで、僕は最近、「リモート・アート」や「引きこもり芸術」という言葉を試行的に使用しています(参考:『ARTNE』リモート・アート 日本の在宅芸術の原点? NTTの電話網仮想館)。現在は、単に対面型の代替物と捉えられている遠隔的 / 非接触型のコミュニケーションを、いかにより創造的なものに変えていくのか。それと、この30年ほどに育んできた対面のコミュニケーションを軸とするアートのノウハウを、どんな風に矛盾なくすり合わせていくのかが、今後の大きなトライアルになると思います。

当初の予定から2週間遅らせて7月17日からの開幕が発表された『ヨコハマトリエンナーレ2020』アーティスティック・ディレクターを務める、ラクス・メディア・コレクティヴ / 撮影:田中雄一郎 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会
当初の予定から2週間遅らせて7月17日からの開幕が発表された『ヨコハマトリエンナーレ2020』アーティスティック・ディレクターを務める、ラクス・メディア・コレクティヴ / 撮影:田中雄一郎 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会
Page 1
次へ

プロフィール

椹木野衣(さわらぎ のい)

美術批評家。多摩美術大学教授、同芸術人類学研究所所員。秩父に生まれ、京都の同志社で哲学を専攻。のち東京に移り1991年に最初の評論集『シミュレーショニズム』を刊行、批評活動を始める。著書『日本・現代・美術』、『「爆心地」の芸術』、『反アート入門』、『後美術論』(第25回吉田秀和賞)、『震美術論』(平成28年度芸術選奨文部科学大臣賞)ほか多数。最新刊に『感性は感動しない』。福島の帰還困難区域で開催中の「見に行くことができない展覧会」、『Don’t Follow the Wind』では実行委員も務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで