特集 PR

大衆を抜け出して踊れ。個を証明するため、ステレオガールは鳴らす

大衆を抜け出して踊れ。個を証明するため、ステレオガールは鳴らす

ステレオガール『Pink Fog』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:木村篤史

2014年に高校の軽音楽部で結成され、2018年から本格的な活動をスタートしたステレオガール。USポストパンク、サイケデリック、マッドチェスター、ブリットポップ、ガレージロックリバイバルからの影響を感じさせる楽曲に、素面のままバーストしていく狂気的な歌が乗る。UKもUSも日本もごちゃ混ぜにして食らっていく音楽性にも、目だけが笑っていない鋭い歌にも、そして何より5人が一気に音へ没入していくライブパフォーマンスにも、瞬時にロックオンされた。煽らず、媚びず、語りかけず、ただただ爆音と鋭い残響だけを置いていく。「古き良き」も「今が云々」も関係ない、普遍的なロックバンドロマンを強烈に感じるところが好きだ。

6月3日にリリースされた初のフルアルバム『Pink Fog』に収録された楽曲たちには、上記した特徴がより鮮やかに表れている。特に“春眠”や“I Don't Play Baseball”に映り込むのは、自分の意志で群れから離れて生きる人間の、孤独と喜びのコントラストだ。その音に滲む影響源や文脈から、音自体の陰影から、静けさの中で踊り続けようとするリズムから、自分の居場所を求めて歩き続ける心の声が聴こえてくる。ボーカルのAnju、コンポーザーでありギターのChamicotに、バンドの背景を語り尽くしてもらった。ロックバンドをやる必然しか感じない語録だ。

その音楽を聴いたそれぞれが好きなように踊れる――私たちが好きな「踊る」っていう行為は、ガレージロックとか、1980年代のマッドチェスターにあるんです。(Anju)

―Anjuさんの歌の力、ガレージロックリバイバルの影響やマッドチェスターのエッセンスを日本的な歌に昇華しているところが素敵なバンドだと思って聴かせていただいてるんですが、ご自身ではステレオガールの音楽はどういうものだと捉えられていますか。

Anju(Vo):やりたいことが変わりながらも明確になってきたのが今回の『Pink Fog』だと思うんですけど、基本的には、「音楽を聴いて体が動くと嬉しいな」って思った時の感覚のままやってきた気がします。無理やりじゃなく、音楽で自然に体が動くって楽しい。きっと音楽をやっている人の多くは、そういうプリミティブなところを目指している気がするんですけど。それを、周りとは違うやり方でステレオガールはできているんじゃないかなって思います。

Chamicot(Gt):たとえば今回の『Pink Fog』も、個々の曲を作った時期が違うはずなのにまとまりがあると思うんです。それはどうしてかって考えたら、Anjuが言ったように、自分たちの目指すところが常に一緒だからだと思っていて。音楽で自然と体が動く感じ、人と一緒に踊るんじゃなく自分の好きに動ける感じ……それさえ大事にすれば、もっと広がりが出てくるんだろうなって。

ステレオガール<br>左から:Anju(Vo)、Kanako(Gt)、Yuka(Dr)、Riku(Ba)、Chamicot(Gt)<br>2014年、高校の軽音部にて結成。2018年より本格的な活動をスタートし、同年6月にリリースした『ベイビー、ぼくらはL.S.D.』が話題を呼ぶ。10代アーティスト限定の『未確認フェスティバル』では準ブランプリを獲得し、2019年3月にアメリカ・テキサス州オースティンで開催された『SXSW 2019 Japan Nite』に出演。2020年6月3日に初のフルアルバム『Pink Fog』をリリースした。
ステレオガール
左から:Anju(Vo)、Kanako(Gt)、Yuka(Dr)、Riku(Ba)、Chamicot(Gt)
2014年、高校の軽音部にて結成。2018年より本格的な活動をスタートし、同年6月にリリースした『ベイビー、ぼくらはL.S.D.』が話題を呼ぶ。10代アーティスト限定の『未確認フェスティバル』では準ブランプリを獲得し、2019年3月にアメリカ・テキサス州オースティンで開催された『SXSW 2019 Japan Nite』に出演。2020年6月3日に初のフルアルバム『Pink Fog』をリリースした。

―今おっしゃった「周りとは違う、ステレオガールのやり方」とはどういうものだと思います?

Anju:毒のある話に聞こえるかもしれないですけど……やっぱり日本の音楽は、わかりやすくダンサブルなビートとか、一体感を演出するようなやり方とか、人の感情を操作して「踊らせる」みたいな手法が多く見られると思うんですよ。実際、画一的な動きで一体感を演出する音楽は流行ったと思うんですけど……それとは別のやり方でやりたいのがステレオガールの音楽なんだと思います。

私たちが好きな「踊る」っていう行為は、それこそガレージロックとか、1980年代のマッドチェスターにあって。ロックバンドは何を煽るでもなく自分たちのままでいて、その音楽を聴いたそれぞれが好きなように踊れる音楽というか。それに元々、その場を支配する空気によった「一体感っぽいもの」が苦手な人間だったので。

―そもそもの音楽の原風景は、どういうものだったんですか。

Chamicot:うちの5人は高校の軽音部で出会ったんですけど、その当時は椎名林檎さん、クリープハイプ……あとはBLANKEY JET CITYとか、ARBもコピーしたよね?

Anju:ああ、やってた! バラバラだったね。

―年代も毛色も違う音楽たちですけど、やっぱりジャンルとか年代は関係なく音楽を吸収していたんですか。

Anju:私たちが所属してた軽音楽部にはいろんなタイプの音楽好きがいたんですよ。メタルやってる人もパンクやってる人もいたし、ノイズやってる先輩もいたし。どんなジャンルでも「音楽」として楽しめる場所だったので。「音楽が楽しい」っていう感覚だけを純粋に感じられてたんです。じゃあその感覚を自分たちなりに表現してみようと思った時に、音楽的にも、その背景的にも、ガレージロックとかマッドチェスターがピッタリきたんです。もちろんUSのバンドも大好きなんですけど、影響源を考えると、そういう感じでしたね。

Chamicot:私は高校時代にAnjuに貸してもらったOasisのCDを聴いてからUKロックが大好きになったんですよ。そこからThe Stone RosesとかThe Smithsが好きになって。その時に感じた「カッコいい」が私の基準になってしまったので、カッコいい曲を作ろうと思ったら、自然とそこにいっちゃうんですよね。

ステレオガール

―特にUKの1980年代、1990年代の音楽を聴いてしっくりきたのは、ご自身のどういう琴線に触れたからなんだと思います?

Anju:私個人はUSもUKも分け隔てなく音楽を聴いてたんですけど、The Velvet Undergroundが好きで、Televisionが好きで、Pavementが好きで、Oasisが好きで、The Strokesが好きで……その音楽に通じてるのは何かって考えると、その音楽の脱力感から感じる、「起きている物事から距離を置いている感覚」ですかね。感情にも、世間の刷り込みにも浸り切ってない音楽っていうか。

でも自分が中学生、高校生の頃によく流れてた日本の音楽は、感情に寄ってるものが多かったんです。それこそ一体感を求めることが日本の音楽の要素として大きいし、2010年代くらいまでは、全部において型が決まり過ぎちゃってた感じがして。たとえば音楽だけじゃなくガワの話で言っても、「ロックバンドの人はスラッとしていて、演奏が上手くて、完璧で」みたいな。だけど私は、どうにもその型や洗練された感じに馴染めなかったんですよ。

―自分の周囲で鳴っている音楽の型に馴染めなかったから、心地いい場所を探すようにしてヴェルヴェッツやTelevisionがいた1960年代、1970年代くらいまで遡ったということ?

Anju:ああ、そういう感じですね。

ステレオガール
Page 1
次へ

リリース情報

ステレオガール
『Pink Fog』
ステレオガール
『Pink Fog』(CD)

2020年6月3日(水)発売
価格:2,200円(税込)
UXCL-226

1. Intro
2. 春眠
3. I Don't Play Baseball
4. GIMME A RADIO
5. Walking Through The River
6. おやすみグッドナイト
7. ルー
8. サバクを見に行こう
9. ランドリー、銀色の日

プロフィール

ステレオガール

2014年、高校の軽音部にて結成。2018年より本格的な活動をスタートし、同年6月にリリースした『ベイビー、ぼくらはL.S.D.』が話題を呼ぶ。10代アーティスト限定の『未確認フェスティバル』では準ブランプリを獲得し、2019年3月にアメリカ・テキサス州オースティンで開催された『SXSW 2019 Japan Nite』に出演。2020年6月3日に初のフルアルバム『Pink Fog』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『オーシャンズ8』地上波初放送。キャストの魅力や呈示された問いも 1

    『オーシャンズ8』地上波初放送。キャストの魅力や呈示された問いも

  2. サザンオールスターズの横アリ無観客ライブが「特別」だった理由 2

    サザンオールスターズの横アリ無観客ライブが「特別」だった理由

  3. 吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』主題歌はBTSが担当 3

    吉高由里子×横浜流星『きみの瞳が問いかけている』主題歌はBTSが担当

  4. 西川美和監督の映画『すばらしき世界』に役所広司、仲野太賀、長澤まさみら 4

    西川美和監督の映画『すばらしき世界』に役所広司、仲野太賀、長澤まさみら

  5. カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在 5

    カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在

  6. ハルカミライが手にした本当の強さ。ひたむきさを抱き締める歌 6

    ハルカミライが手にした本当の強さ。ひたむきさを抱き締める歌

  7. 石原さとみが笑顔で「おうち、すきや~」 すき家の新CM「おうち」篇放送 7

    石原さとみが笑顔で「おうち、すきや~」 すき家の新CM「おうち」篇放送

  8. 山下達郎、ライブ映像を初配信 「皆さんのおいでをお待ちしています」 8

    山下達郎、ライブ映像を初配信 「皆さんのおいでをお待ちしています」

  9. Suchmosの楽曲“Miree”のライブ映像が期間限定公開 9

    Suchmosの楽曲“Miree”のライブ映像が期間限定公開

  10. 遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌 10

    遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌