特集 PR

少女たちがEMPiREになるまで 6人から垣間見える陰と陽のイメージ

少女たちがEMPiREになるまで 6人から垣間見える陰と陽のイメージ

EMPiRE『SUPER COOL EP』
インタビュー・テキスト
三宅正一
執筆協力:笹谷淳介 撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2020/08/11

他のアイドルとは一線を画す存在として、昨今メキメキと頭角を表すWACKの最注目グループであるEMPiRE。彼女たちの最新作『SUPER COOL EP』が、8月5日にリリースされた。2017年の結成以降、二度のメンバー脱退を乗り越え、進化を続ける彼女たちはなぜ普通の女の子からアイドルを志したのだろう。そこにはBiSHの存在が大きく影響しているという。

EMPiREの陰と陽が垣間見られる今回のインタビューは、紆余曲折を経てここまで辿り着いた6人の軌跡を紐解いていく。

EMPiRE(えんぱいあ)<br>左から:MiDORiKO EMPiRE、NOW EMPiRE、MAHO EMPiRE、MiKiNA EMPiRE、YU-Ki EMPiRE、MAYU EMPiRE<br>WACK×avexによる共同プロジェクト。2018年4月1st フルアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』にてデビュー。メンバーの脱加入を経て、2019年4月より現体制で活動を本格化。8月5日には、7曲入りEP『SUPER COOL EP』をリリース。
EMPiRE(えんぱいあ)
左から:MiDORiKO EMPiRE、NOW EMPiRE、MAHO EMPiRE、MiKiNA EMPiRE、YU-Ki EMPiRE、MAYU EMPiRE
WACK×avexによる共同プロジェクト。2018年4月1st フルアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』にてデビュー。メンバーの脱加入を経て、2019年4月より現体制で活動を本格化。8月5日には、7曲入りEP『SUPER COOL EP』をリリース。
EMPiRE『SUPER COOL EP』を聴く(Apple Musicはこちら

「WACKのオーディションがあるって知ったときは自信満々で受けました」(NOW)

―CINRA.NET初登場ということで、まずみなさんがなぜアイドルを志したのかというところから、それぞれにお話していただこうと思います。それでは、NOWさんからお願いします。

NOW EMPiRE(以下、NOW):私は小学生のころからアイドルが大好きで、当時はAKB48さんのような王道系アイドルが好きで聴いていたんです。でもあるとき、BiSHの“オーケストラ”という曲に出会って、そこから人生が変わったんです。今まではなんとなく音楽を聴いていた人生だったんですけど、初めて音楽を聴いて感動したというか……。

そこから自分がもしこのステージに立っていたら、こういうライブをしたいなとか、自分がステージに立っている姿が浮かんできて。WACKのオーディションがあるって知ったときは自信満々で応募しました。

NOW EMPiRE
NOW EMPiRE

―自信満々ということは、絶対に入れる自信があった?

NOW:はい。私だっていいライブができる! っていう謎の自信がありました。自分にも、音楽で人を楽しませられるんじゃないかなって。

―今までは王道アイドルが好きだった中で、BiSHでありWACKのどんなところに魅力を感じました?

NOW:ストイックなところですかね。合宿オーディションはすごく過酷なんですけど、それを乗り越えた人たちは、最初と最後で人が変わっているんです。ここには、自分が追いかけていたアイドル像とはちがう何かがあるんじゃないかってすごく興味を持ったし、魅力を感じました。

―実際にEMPiREのメンバーになってみてどうですか?

NOW:今までは嫌なことに直面しないように生きてきたけど、このグループに入ってから、もっと刺激がほしいって思うようになりました。苦しいが楽しいって思えるようになりましたね!

「BiSHの、内側から出てくる輝きがすっごく魅力的でポロポロ泣いちゃて」(MiDORiKO)

―MiDORiKOさんはどうですか?

MiDORiKO EMPiRE(以下、MiDORiKO):私は知り合いにアイドルがいるんですけど、その子のライブに行ったときにすごいなぁと思ってアイドルに惹かれはじめました。それからいろんなグループを勉強していくうちに、BiSHの日比谷野音(2016年開催『Less Than SEX TOUR FiNAL“帝王切開”』)での“オーケストラ”のライブ映像を見て、めちゃくちゃカッコいいと思ったんです。

―どんなところに魅力を感じたんですか?

MiDORiKO:身につけた輝きではなく、もっと内側から出てくる輝きっていうんですかね。そこがすっごく魅力的で。初めて“オーケストラ”の映像を見たときに「うわっ! すごっ!」ってポロポロ泣いちゃてって。

―それは、すごいな。EMPiREになってからの時間を振り返るとどうですか?

MiDORiKO:今まで自分のことで怒ったり悲しかったりして泣くことはあったんですけど、誰かのことを思って泣くことはなかったので、そういう人たちに出会えたことは大きいなと思います。

―誰かっていうのは?

MiDORiKO:メンバーだったり、ファンのみなさんだったり。

―それってなかなかないことですよね。今は歌っていても泣いたりすることもある?

MiDORiKO:それもありますけど、メンバーの変動もあったりしたので、そういうことで泣いたりすることもありましたね。

MiDORiKO EMPiRE
MiDORiKO EMPiRE
Page 1
次へ

リリース情報

『SUPER COOL EP』初回生産限定盤・BOX仕様
EMPiRE
『SUPER COOL EP』初回生産限定盤・BOX仕様

2020年8月5日(水)発売
価格:10,000円(税込)
AVTD-96522/B
※PHOTOBOOK、CASSETTE TAPE、Blu-ray Disc

[CASSETTE TAPE]
SiDE-A
1. This is EMPiRE SOUNDS
2. SUPER FEELiNG GOOD
3. Clumsy
4. I don't cry anymore
SiDE-B
5. I have to go
6. Can you hear me?
7. ORDiNARY

『SUPER COOL EP』DVD盤(CD+DVD)
EMPiRE
『SUPER COOL EP』DVD盤(CD+DVD)

2020年8月5日(水)発売
価格:4,950円(税込)
AVCD-96523/B

[CD]
1. This is EMPiRE SOUNDS
2. SUPER FEELiNG GOOD
3. Clumsy
4. I don't cry anymore
5. I have to go
6. Can you hear me?
7. ORDiNARY

[DVD]
『EMPiRE'S GREAT PARTY EXCEPTiON -SUPER COOL EGP-』

『SUPER COOL EP』CD盤(CD)
EMPiRE
『SUPER COOL EP』CD盤(CD)

2020年8月5日(水)発売
価格:2,200円(税込)
AVCD-96524

1. This is EMPiRE SOUNDS
2. SUPER FEELiNG GOOD
3. Clumsy
4. I don't cry anymore
5. I have to go
6. Can you hear me?
7. ORDiNARY

プロフィール

EMPiRE
EMPiRE(えんぱいあ)

YU-Ki EMPiRE、MAYU EMPiRE、MiDORiKO EMPiRE、MAHO EMPiRE、MiKiNA EMPiRE、NOW EMPiREからなる、WACK×avexによる共同プロジェクト”EMPiRE”。2018年4月1st Full Album「THE EMPiRE STRiKES START!!」にてデビュー。メンバーの脱加入を経て、2019年4月より現体制で活動を本格化。2019年12月に開催したツアーファイナル@Zepp DiverCity公演は前日にMAYUがインフルエンザにかかり、5人でライブを開催。2020年1月に、6人でのリベンジ公演として、EMPiREʼS GREAT REVENGE LiVEをツアーファイナルのチケットを持っている人を対象に入場無料で開催。2020年4月より開催予定だった全国ツアー「SUPER FEELiNG GOOD TOUR」はツアーファイナルZepp Tokyo含め全公演ソールドアウト(コロナ禍により全公演中止)。8月5日には、New EP「SUPER COOL EP」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会