特集 PR

STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

STUTS『Contrast』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:山本華 編集:川浦慧、山元翔一(CINRA.NET編集部)
2020/09/23

星野源の現場など、外仕事から受ける刺激とインプット。打ち込みと自身のライブ音源からサンプリングした生音を融合させる、斬新な方法で作られた本作

―たとえば星野源さんの現場で得ることも大きいと思うんですよね。先日の星野さんの配信ライブを見ても、ルーツの異なるバンドメンバーたちが、風通しのいい状態でそれぞれの個性を活かしながら一つのグルーヴを生んでいる楽しさがあって。そういう充実した外仕事の刺激もあるからこそ、自分の音楽性をブラッシュアップするための挑戦をしたいと思ったところもありますか?

STUTS:それはあったと思います。ここ数年はいろんな素晴らしいミュージシャンの方々とご一緒させていただく機会がすごくあったので、もっと自分自身でできることを伸ばしたいと思いましたね。

―今、同志として意識しているアーティストはいますか?

STUTS:難しいですね。でも、一緒に曲を作らせてもらったり、自分が関わってるミュージシャンの方々みんなに影響を受けてると思います。ビート面でも、ボーカルでも、ラップでも。だからこの人が、というのは難しいですね。絞りきれない。

いろんなミュージシャンの方と交わることで、自分の音楽の聴き方が変化した実感がすごくあります。もともと自分はバンドから音楽を始めたわけではないので。星野さんの現場でも普段自分がリスナーとして聴いてる昔の音楽──ソウルやファンクとかの生音のグルーヴが生楽器でどのように作られているのかを体感できるのは大きくて。

ずっとMPCで曲を作ってきたので、生楽器で音楽が生まれていく流れを感じられたのは大きな経験です。4曲目の“Contrast, Pt.1”と5曲目の“Contrast, Pt.2”は最初に4つ打ちのトラックがあって、その上に今年1月にやったワンマンライブのときにバンド編成でやった音を素材として重ねているんですけど。

STUTS『Contrast』収録曲“Contrast, Pt.1”を聴く(Apple Musicはこちら

STUTS『Contrast』収録曲“Contrast, Pt.2”を聴く(Apple Musicはこちら

―方法論としてかなり斬新な作り方ですよね。打ち込みと自身のライブ音源からサンプリングした生音を新しい次元で融合させるという。

STUTS:そうすることで、ライブで白熱している音のニュアンスをトラックに入れられたら面白いかなと思ったんです。そうやって新しい手法で作れたのも大きいですね。

2020年1月30日にWWW Xで開催されたワンマンライブの様子

STUTS:2ndアルバム(『Eutopia』)はスタジオでレコーディングした生音を素材にしてサンプリングするという手法がメインだったんですけど、今作はミュージシャンさんの生音ありきで作り始めたのは1曲目の“Conflicted”くらいですね。あとは普通にビートを作るところからスタートしたり、鍵盤や覚えたてのギターを弾いたりするところから始めていて。僕はシーケンスでもほとんどクオンタイズ(タイミングのズレを補正すること)させないので、生々しい揺れが出ていると思います。自分の中でのサンプリング感覚はずっとあるものだと思うので。

―STUTSくんにとって、サンプリングの魅力ってどんなところでしょうか?

STUTS:1つ大きくあるのは、偶然性だと思うんですね。自分で演奏するだけでは思いつかないメロディを組み立てられたり、サンプリングした音をベースに実際に弾いた音を加えてみたらまた全然違うニュアンスが生まれたりする。生演奏では生まれない偶然性がそこにあると思うんです。その感覚は大切にしていきたいです。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

STUTS『Contrast』
STUTS
『Contrast』(CD)

2020年9月16日(水)発売
価格:2,200円(税込)
PECF-5004

1. Conflicted
2. Mirrors(feat. SUMIN, Daichi Yamamoto & 鎮座DOPENESS)
3. See the Light
4. Contrast, Pt. 1
5. Contrast, Pt. 2
6. Vapor
7. Landscapes
8. Seasons Pass

イベント情報

『STUTS “Contrast” Release Live』
『STUTS “Contrast” Release Live』

名古屋公演
2020年10月17日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN’
1公演目:開場 16:15 / 開演 17:00
2公演目:開場 19:45 / 開演 20:30

大阪公演
2020年10月18日(日)
会場:大阪府 心斎橋 LIVEHOUSE ANIMA
1公演目:開場16:00 / 開演16:30
2公演目:開場19:30 / 開演20:00

東京公演
2020年10月26日(月)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
開場:18:30 / 開演 19:30

プロフィール

STUTS
STUTS(すたっつ)

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作等を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優