特集 PR

表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」
インタビュー・テキスト
松井友里
撮影:寺内暁 編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

「テクノロジー」という言葉を聞くと、「AI」や「バーチャルリアリティ」などのような、最先端のデジタルテクノロジーを想起してしまうことが多いのではないだろうか。しかし、「テクノロジー」とは本来、「知識の実用化」全般を指すのだそう。時代とともに進歩しているのは、先端技術だけとは限らない。

「テクノロジー」を自身の生活に取り入れるとき、あなたなら何を基準に選ぶだろう? 今回インタビューした市川渚は、美しさと機能性が共存する「機能美」について、特にこだわりを持つのだという。

空間を豊かにする壁材商品、エコカラットのプロジェクトLIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」とCINRA.NETのコラボレーションにより、空間と人との関係について話を聞いていく本連載企画、第四弾。ファッション、そしてテクノロジーに精通する彼女が選んだ、心やすらぐ空間を形づくるものたちを紹介してもらった。

自分の世界を広げてくれた存在として、テクノロジーを絶対的に信頼しているんです。

市川渚(いちかわ なぎさ)<br>ファッションデザインを学んだ後、海外ラグジュアリーブランドのPRなどを経て、2013年に独立。フリーランスのクリエイティブ・コンサルタントとして、ファッション、ラグジュアリー関連の企業やプロジェクトのコンサルティング、デジタルコンテンツのクリエイティブ・ディレクション、プロデュース、制作などを手がける。ガジェットとデジタルプロダクト好きが高じメディアでのコラム執筆やフォトグラファー、モデルとしての一面も。ファッションとテクノロジーがクロスする領域で幅広く活躍中。
市川渚(いちかわ なぎさ)
ファッションデザインを学んだ後、海外ラグジュアリーブランドのPRなどを経て、2013年に独立。フリーランスのクリエイティブ・コンサルタントとして、ファッション、ラグジュアリー関連の企業やプロジェクトのコンサルティング、デジタルコンテンツのクリエイティブ・ディレクション、プロデュース、制作などを手がける。ガジェットとデジタルプロダクト好きが高じメディアでのコラム執筆やフォトグラファー、モデルとしての一面も。ファッションとテクノロジーがクロスする領域で幅広く活躍中。

―市川さんがテクノロジーの分野に関心を持つようになったのは、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

市川:両親ともに新しいものに貪欲な人たちだったし、親戚にもパソコン好きのおじさんがいて、育った環境に機械好きな人が多かったんです。だから自然と興味を持って、小学生の頃はワープロで遊んでいたし、中学時代はインターネットにすごくはまって、自分のサイトを作っては、夜な夜なパソコンで遊ぶ生活を送っていて。インターネットで「こんな音楽があるのか!」と知って、タワーレコードに行ってみたり、学校では知り得ない知識をどんどん得られる場所でした。学校以外の世界があることを知ることができたのは、14歳くらいの私にとってはすごく救いで。だから、自分の世界を広げてくれた存在として、テクノロジーを絶対的に信頼しているんです。

―身近なものでありつつ、世界を広げてくれる存在だったんですね。

市川:そこから、パソコンやそれに付随する周辺機器にも自然と興味を持つようになりました。それと同時に着飾ることが大好きで、自分で服を作ったりもしていて。その両方をずっと並行して突き詰め続けている感じです。

―市川さんはもの選びや、暮らしを快適に保つことにおいても徹底的に突き詰めていらっしゃるように思います。

市川:私、突き詰めがちなんです(笑)。もともと、すごくストレスを感じやすいからなんだと思います。納得のいかないものが身の回りにあることも、私にとっては小さなストレスになっていると気づいて。もちろん周りの人にそれを強要したりはしないですけど、せめて毎日過ごす自宅の空間に関しては、自分が本当に納得できるものだけで固めたいと思うんです。

―ストレスの要因って、自分ではどうしようもないこともありますけど、身の回りに置くものは変えることができますしね。

市川:社会の状況や、ちょっと苦手な人がいたりするような職場など、外的要因って耐えなきゃいけないこともありますよね。だから自分の好きにできる部分はとことん好きにしたい。それがちょっとエクストリームになっているような感じです(笑)。

市川渚
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロジェクト情報

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」

壁は間取りを作るためのものだけではなく、空間を作り、空気感を彩る大切な存在。その中でインテリアや照明が溶け込み、人へのインスピレーションを与えてくれる。
LIXIL「PEOPLE & WALLS」は、LIXILとCINRA.NETがコラボし、7名のアーティストにインタビューを行う連載企画。その人の価値観を反映する空間とクリエイティビティについてお話を伺います。

プロフィール

市川渚(いちかわ なぎさ)

ファッションデザインを学んだ後、海外ラグジュアリーブランドのPRなどを経て、2013年に独立。フリーランスのクリエイティブ・コンサルタントとして、ファッション、ラグジュアリー関連の企業やプロジェクトのコンサルティング、デジタルコンテンツのクリエイティブ・ディレクション、プロデュース、制作などを手がける。ガジェットとデジタルプロダクト好きが高じメディアでのコラム執筆やフォトグラファー、モデルとしての一面も。ファッションとテクノロジーがクロスする領域で幅広く活躍中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施