特集 PR

神宿・塩見きら×THREE1989上村翔平 作詞論や夢を掴むこと

神宿・塩見きら×THREE1989上村翔平 作詞論や夢を掴むこと

神宿『THE LIFE OF IDOL』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:鈴木渉 編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

原宿発のアイドルユニット・神宿(かみやど)のニューアルバム『THE LIFE OF IDOL』は、メンバーが全収録曲の作詞に携わった意欲作だ。そのなかでも共作を含め6曲の作詞を手掛けた塩見きらは、コンペを通した収録曲の選定から最終工程のマスタリングまで、楽曲制作のクリエイティブに全面的に携わった。今作で、驚きを隠せないほど進化した姿を提示することに成功した立役者となっている。

ここでは本作の最重要人物とも言える塩見と、アルバムの最後を飾る“Orange Blossom”で楽曲を提供したTHREE1989の上村翔平による対談をお届けする。歌詞も塩見と共作し、「僕が歌っても伝わらないことを神宿に代弁してもらった」と語った上村は、アイドルが歌うことの意義をどのように考えているのだろうか。コラボという表現がふさわしい実際の制作過程や、両者の作詞論、アイドル論まで、信頼を築いた2人ならではの会話を踏まえてアルバムを聴けば、より作品の魅力が増していくはずだ。

「私たちの歌詞は、夢に向かって頑張る成長ストーリーを描いている。そこに翔平さんのロマンチックさが入ったら、良い化学反応が起こるんじゃないかと思ったんです」(塩見)

―まずはTHREE1989が神宿のアルバムに楽曲提供することになった経緯から教えていただけますか?

上村:知り合いの方から「コンペがあるので参加しませんか?」と声をかけていただいたのがきっかけです。前々から楽曲提供とかもやっていきたいなと思っていたので、「やりたいっす!」みたいな感じでした。ただ、僕らはアイドルソングに対する教養がなかったので、従来のアイドルソングみたいなものは作れない。そこに無理して寄せるよりも、自分たちのスタイルの曲を神宿さんに歌ってもらったほうが、新しいものが生まれるんじゃないかなと思って、僕らのスタイルを崩さず作りました。

上村翔平(THREE1989)<br>THREE1989(すりー)<br>西暦1989年生まれの3人で構成されたニューノスタルジックバンドTHREE1989。Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす 高いアビリティを駆使しパフォーマンスを行う。1970~80 年代の R&B、ジャズ、ロックなどに感銘を受けたメンバーが創り出す、現代的なサウンドの中に当時の懐かしさを感じる楽曲が特徴。
上村翔平(THREE1989)
THREE1989(すりー)
西暦1989年生まれの3人で構成されたニューノスタルジックバンドTHREE1989。Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす 高いアビリティを駆使しパフォーマンスを行う。1970~80 年代の R&B、ジャズ、ロックなどに感銘を受けたメンバーが創り出す、現代的なサウンドの中に当時の懐かしさを感じる楽曲が特徴。

―それがコンペで選ばれて。神宿はここ1年くらいで、楽曲の方向性が多様なジャンルやスタイルに変化していますよね。

塩見:そうですね。メンバーも全員成人したので大人な部分も見せていきたいというところで、自分たちの内面性を表現できる楽曲を作っていきたいという想いがあったんです。今回の『THE LIFE OF IDOL』というアルバムも、メンバーが全曲のクレジットに入っているように、私たちもどんどん制作に加わっています。

塩見きら(神宿)<br>神宿(かみやど)<br>原宿発! の五人組アイドルユニット。グループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。神宿(KMYD)の頭文字、K=KAWAII(可愛い!)、M=MAX(全力!)、Y=YELL(応援!)、D=DREAM(夢!)を届けるため原宿を拠点に活動している。
塩見きら(神宿)
神宿(かみやど)
原宿発!の五人組アイドルユニット。グループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。神宿(KMYD)の頭文字、K=KAWAII(可愛い!)、M=MAX(全力!)、Y=YELL(応援!)、D=DREAM(夢!)を届けるため原宿を拠点に活動している。

―“Orange Blossom”の曲を最初に聴いてどう思われましたか?

塩見:コンペで集まった曲を聴きながら曲を選んでいるときに、翔平さんの楽曲を見つけて最初はびっくりしたんですよ。普通にいちリスナーとして聴いていた方だったので、すごく嬉しくて。しかも神宿の新たな一面を見せられる素敵な楽曲だと思ったので、アルバムの最後を飾る曲にさせていただいたんです。本当に大切な1曲になりました。

上村:めちゃめちゃ嬉しいですね。まず知ってくださっていたのも驚きでした。

―コンペで集まった曲は、メンバーみんなで聴いて選んでいったんですか?

塩見:楽曲のクリエイティブに関しては、私が主体となってやっています。メンバーごとに羽島めいだったらライブ担当でセットリストや演出を考えるなど、それぞれ自分のできる分野で可能性を広げたいという考えで役割分担しているんです。このアルバムの楽曲面に関しては私が主に考えて、マスタリング(音質や曲間などの最終調整)にも参加したりして、すごく楽しかったです。

上村:レコーディングにも立ち会わせてもらったんですけど、みなさんすごく意識が高くて。曲が仕上がってからレコーディングまで、2日くらいしかなかったんですよ。だから「ちゃんと覚えてきてるかな?」って心配だったんですけど、みなさん曲をしっかり自分のモノにしていました。短い期間でも完璧に作り上げる、そのプロ意識には学ばせてもらいましたね。

神宿“Orange Blossom“を聴く(Apple Musicはこちら

―“Orange Blossom”の歌詞は、塩見さんと上村さんの共作というクレジットになっていますが、どういうことを考えて歌詞を書いたんですか?

塩見:デモの時点で翔平さんの書いた歌詞があったんですけど、その世界観に合わせて、私たちの心情を反映させたいと思っていました。私たちの歌詞は、夢に向かって頑張っていく成長ストーリーとか、そういうものを描いているつもりなんですが、そこに翔平さんのロマンチックさが入ったら、良い化学反応が起こるんじゃないかなと思ったんですよね。実際、本当に素敵な感じに仕上げていただいて。

上村:僕が提出していたデモは、けっこう恋愛の曲だったんですけど、そこにこれからの神宿の進むべき道みたいなところを落とし込んでくれました。

―この歌詞はファンのことを歌っているんですか?

塩見:そうですね。「これからこういう風に頑張っていきたい」という私たちの想いを歌詞に込めました。そのなかで出てくる「君」や「あなた」は、ファンの方であるといいなと思っていました。

オレンジの花言葉は「純粋」なんです。純粋に前向きに頑張っていくような世界観を作り上げたいという想いがあって。「オレンジブロッサム」は「オレンジの花」とも捉えられるし、お酒の名前でもあるので、みんな大人になったいま、一歩階段を駆け上がりたいという気持ちも込めました。

塩見きら

―曲のアレンジは、そういったメンバーの想いも踏まえて作ったのでしょうか?

上村:トラックはTHREE1989のShimoとDatchが中心になって作り上げたんですけど、イントロのピアノは駆けていくというか、階段を昇っていくようなきらびやかなイメージだったり、そのへんはめっちゃ考えましたね。あと、二番の終わりで一回落ちるところがあるんですけど、そこはメンバーのみなさんが踊っていて、一つになるようなシーンを思い浮かべながら作りました。

上村翔平
Page 1
次へ

リリース情報

神宿
『THE LIFE OF IDOL』

2020年9月30日(水)配信

1. Intro:Attitude
2. Brush!!
3. 明日、また君に会える
4. MAD GIRL
5. 在ルモノシラズ
6. Erasor
7. SISTERS
8. Orange Blossom

『THE LIFE OF IDOL』K盤(CD)
神宿
『THE LIFE OF IDOL』K盤(CD)

2020年10月21日(水)発売
価格:5,000円(税込)
KMYD-1

1. Intro:Attitude
2. Brush!!
3. 明日、また君に会える
4. MAD GIRL
5. 在ルモノシラズ
6. Erasor
7. SISTERS
8. Orange Blossom

『The Sunset Fiction』
THREE1989
『The Sunset Fiction』

2020年8月15日(土)配信

1. Outro
2. Utopia(Album Edition)
3. silhouette
4. Summer Venus
5. HOTEL ジェリーフィッシュ prod. by Midas Hutch(Album Edition)
6. Hysteric July
7. Part Time Summer prod. by Midas Hutch(Album Edition)

イベント情報

神宿
『KAMIYADO Zepp Tour 2020-2021 Bloom of Life』

2020年12月19日(土)
会場:福岡県 Zepp Fukuoka

2020年12月20日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2021年1月8日(金)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo

2021年1月28日(木)
会場:神奈川県 KT Zepp Yokohama

2021年2月11日(木・祝)
会場:北海道 Zepp Sapporo

2021年2月17日(水)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

プロフィール

神宿
神宿(かみやど)

原宿発!の五人組アイドルユニット。グループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。神宿(KMYD)の頭文字、K=KAWAII(可愛い!)、M=MAX(全力!)、Y=YELL(応援!)、D=DREAM(夢!)を届けるため原宿を拠点に活動している。

THREE1989
THREE1989(すりー)

西暦 1989 年生まれの 3 人で構成されたニューノスタルジックバンドTHREE1989。Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす 高いアビリティを駆使しパフォーマンスを行う。1970~80 年代の R&B、ジャズ、ロックなどに感銘を受けたメンバーが創り出す、現代的なサウンドの中に当時の懐かしさを感じる楽曲が特徴。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは