インタビュー

A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

インタビュー・テキスト
西澤裕郎
撮影:平木希奈 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

今春にオンエアされたポカリスエットのCM「でも君が見えた」篇で、正体を明かさぬまま提供した楽曲“BLUE SOULS”が大きな話題を呼んだ、A_o。その正体は、ROTH BART BARONの三船雅也とBiSHのアイナ・ジ・エンドによるユニットだ。三船の作詞作曲した楽曲を、アイナがハスキーで芯のある歌声で表現する。夢のようなコラボレーションが映像の瑞々しさと混ざり合い、青春というテーマを見事に示してみせた。

そして、新CMの完成とともに“BLUE SOULS”がアップデート。三船によって新たな歌詞が追加され、ROTH BART BARONによるバンドアレンジが施されたフルバージョンは、A_oが即席の企画ユニットではなく、2人の表現者が深い部分で混ざり合っていることを証明するような楽曲となった。7月9日には『ミュージックステーション』に出演し、同楽曲を披露。Twitterトレンド入りを果たすほどの注目を浴びた。美しく、ときに恐ろしくもある、刹那的なエネルギーを閉じ込めたような作品だ。レコーディング当日、ミックス最中のスタジオにて、ユニットのことや青春時代のことなど、ざっくばらんに話を聞いた。

<b>A_o(エーオー)</b><br>左から:アイナ・ジ・エンド、三船雅也
A_o(エーオー)
左から:アイナ・ジ・エンド、三船雅也

三船雅也とアイナ・ジ・エンドによる、A_oのはじまり

―アイナさんは三船くんの第一印象は怖い人だと思ったと、公式SNSの動画インタビューで語っていましたよね。

アイナ:最初はZoomでしか会ったことがなかったので、怖いお兄さんだと思っていたんです。でも、全然怖くなかった。怖いどころか、妖精系の人なんじゃないかと思ってきました(笑)。

三船:4月に公開された「でも君が見えた」篇(以下、春篇)を手がけた柳沢(翔)監督が、Twitterで僕のことを「超スナフキン」って言っていましたね。超スナフキンってなんだよと思ったけど(笑)。

―あははは。三船くんはアイナさんと関わってみて、どんなイメージを持ちました?

三船:BiSHは、みんなでわーってしていて楽しそうだなと思っていました。最近はアイナ・ジ・エンドのソロも始まったタイミングで、「新しいことにトライしようとしているのかな」と感じていて。自分の殻を脱皮しようともがいているというより、とにかく動いている感じなんだろうなってはた目から見ていました。

「アイナさんとやりたいと思っているんです」ってポカリのチームにお話をいただいたときに、車のなかでアイナさんの作品を聴いてみたりして、シンガーとしてのアイナさんにちゃんと向き合いました。

三船雅也
三船雅也

アイナ:三船さんは、お心遣いが本当にすごい方だなと思う。「心遣い」じゃなくて、「お心遣い」という感じ。三船さんの歌も楽曲もそうなんですけど、穏やかな心で聴いていられるかと思いきや、急に山が叫んでいるみたいな表情や声色で歌う。先が読めないなって。そういう音楽だからこそ私も好きだし、ほかの人もきっとそうなんだろうなと思います。穏やかに接してくれて、やさしくしてくれるけど、音楽に対する何かに触れた瞬間、化け物になるんじゃないかなっていうぐらいの熱量を感じるんです。

―シンガーとしての三船くんを見たときに、そういうことを強く感じた?

アイナ:シンガーというか、ものづくりと言うんですかね。レコーディングに対するディレクションに関しても、音楽が衣食住と同じものみたいな。すごく熱量を感じます。

三船:作品を一緒につくり始めて、ようやく今日が大きな山場を越えた感じなので。大変なプロジェクトを2人でやり遂げられたと思えたのが、まさに今日なんです。

Page 1
次へ

リリース情報

A_o『BLUE SOULS』
A_o
『BLUE SOULS』

2021年7月7日(水)配信

プロフィール

A_o
A_o(エーオー)

BiSHのアイナ・ジ・エンドと、ROTH BART BARONの三船雅也によるユニット。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察