インタビュー

シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

インタビュー・テキスト
村尾泰郎
リードテキスト・編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

舞台は1978年のパリ。『ショック・ドゥ・フューチャー』は、男性中心の音楽業界で新しい音楽の可能性を探る若き女性ミュージシャンを描いた音楽映画だ。

2021年現在、自宅で音楽制作を行なうことはもはや当たり前のことになり、iOSアプリ「GarageBand」などによって「自ら音楽をつくって世に発表する」という可能性は、手のひらの上の小さな端末のなかに存在する時代になった。

一方で1970年代後半においては、自ら音楽を制作し、発表するという可能性は限られた人のものに過ぎず、本作の主人公が夢想するデスクトップミュージックの未来は荒唐無稽な話として相手にもされなかった。

『ショック・ドゥ・フューチャー』は、巨大なシンセサイザーを「コックピットもどき」と揶揄するような時代に、エレクトロニックミュージックの可能性を模索し、その創生に貢献した女性音楽家たちに光をあてる。監督であるマーク・コリンに作品の意図や自身の経験してきたことについて、ライターの村尾泰郎とともに話を訊いた。

※本記事は映画『ショック・ドゥ・フューチャー』のいくつかのシーンや使用楽曲などに対する具体的な言及を含む内容となっております。ストーリーの核心部分に触れるものではありませんが、あらかじめご了承下さい。

歴史の表舞台では語られない、シンセサイザーと女性音楽家の戦いにまつわる物語。その時代背景は?

ディスコ、パンク、ヒップホップ……1970年代後半には次々と新しい音楽が誕生した。そんななかで画期的だったのが、シンセサイザーがポップスに使われるようになったこと。その未来から聞こえてくるような音色はテクノやニューウェイブと呼ばれる音楽を生み出し、ポピュラー音楽の世界を大きく変えていくことになる。

その前夜、1978年のパリを舞台にして、無名の女性ミュージシャン、アナの1日を追った映画が『ショック・ドゥ・フューチャー』だ。監督 / 脚本 / 音楽を手がけたのは音楽プロデューサーで、音楽ユニット・Nouvelle Vague(ヌーヴェル・ヴァーグ)の中心人物でもあるマーク・コリン。彼にとって監督デビュー作になった本作の出発点は「1978年」という時代だった。

マーク・コリン監督
マーク・コリン監督

マーク:1978年から1980年にかけての時代に興味があったんだ。音楽やファッションがどんどん変化していった時代だったからね。映画のパーティーシーンでかかる音楽(シンセディスコのDroids、フレンチパンクのMétal Urbain、USニューウェイブのDevoなど)でそのことを伝えている。

ロックの時代はすでに終わり、パンクも終わりかけているけどディスコは生き残っている。そこにテクノやニューウェイブがやってこようとしていることをパーティーで流れる音楽で表現しているんだ。エレクトロニックミュージックはここ20年間くらい成功を収めているけど、1978年ではまだキワモノだった。

主人公のアナ。作中で使用される音楽に加えて、彼女の部屋にあるポスターやレコードに着目することで、そのパーソナリティや時代背景のディテールに触れることができる(© 2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films)
主人公のアナ。作中で使用される音楽に加えて、彼女の部屋にあるポスターやレコードに着目することで、そのパーソナリティや時代背景のディテールに触れることができる(© 2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films)
V.A.『Le choc du futur (Original Motion Picture Soundtrack)』を聴く(Apple Musicはこちら

現代音楽に使われていたシンセサイザーをドイツのプログレバンド、Kraftwerkが大胆に取り入れて、テクノポップの源流とも言えるヒット曲“Autobahn”を発表したのが1974年。

その後、シンセはディスコに浸透し、ジョルジオ・モロダーがプロデュースを手がけたドナ・サマー“I Feel Love”が1977年に大ヒットする。

Kraftwerk“Autobahn”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

ドナ・サマー“I Feel Love”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

そして、パンクが勃発。パンク世代の若者たちがシンセを面白がって使いはじめたことでテクノやニューウェイブが生まれた。

映画のなかで、音楽通のDJがアナに「最新のヤバい曲」としてThrobbing GristleやSuicide、Aksak Maboulなど、パンクとニューウェイブの過度期に生まれたバンドのシングルを聴かせるが、そのセレクトも絶妙だ。

アナの楽曲制作の方向性を決定づけたThe Human League“Dance Like A Star”(1977年)を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

Page 1
次へ

作品情報

『ショック・ドゥ・フューチャー』
『ショック・ドゥ・フューチャー』

2021年8月27日(金)から新宿シネマカリテ、WHITE CINE QUINTほか全国で順次公開

監督:マーク・コリン
出演:
アルマ・ホドロフスキー
フィリップ・ルボ
クララ・ルチアーニ
ジェフリー・キャリー
コリーヌ
上映時間:78分
配給:アットエンタテインメント

プロフィール

マーク・コリン

国際的に活躍する音楽ユニット「Nouvelle Vague(ヌーヴェル・ヴァーグ)」のプロデューサー。フランスのイヴリーヌ県・ヴェルサイユ郡で生まれ育つ。10代の頃には音楽ユニット「AIR(エール)」のニコラス・ゴダンやダンス系の楽曲を手がける音楽プロデューサーのアレックス・ゴファーらと音楽活動をはじめた。2003年にポストパンクの名作をボサノバやレゲエなどで再構成する革新的なアイデアを得て、2004年にオリヴィエ・リヴォーとともにヌーヴェル・ヴァーグとして初めてのアルバム「ヌーヴェル・ヴァーグ」をリリース。監督デビュー作となる『ショック・ドゥ・フューチャー』が2021年8月27日より公開。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性