ほとんど動かない鳥「マラブ」シリーズを展開、野口里佳『マラブ・太陽』展

野口里佳氏が2004年の原美術館での個展以来、日本では3年ぶりの個展となる『マラブ・太陽』を銀座ギャラリー小柳にて開催。

ベルリンの動物園で出会った、ほとんど動かない鳥「マラブ」シリーズを中心に、2005年から2006年にかけて制作した「太陽」のシリーズと他数点の新作を発表する。

レンズもファインダーもないピンホールカメラで撮影された作品で写真とは何かという本質をついたアプローチを試みていてる。

また、今回の展覧会ではこの2つのシリーズに加え、2005年に発表された作品「白い紙」も展示。これは印刷によって白い紙をより白くすることを試みた作品となっている。

野口里佳『マラブ・太陽』展
2007年10月27日(土)~11月30日(金)
会場:ギャラリー小柳 日曜日・月曜日・祝祭日は休廊
入場:無料

画像:「Marabu #3」(2005) C-print. Courtesy of the artist and Gallery Koyanagi

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • ほとんど動かない鳥「マラブ」シリーズを展開、野口里佳『マラブ・太陽』展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて