日本の新進作家を紹介する企画展示「スティル/アライブ」開催

12月22日から2008年2月20日まで、恵比寿の東京都写真美術館にて、日本の新進作家を紹介する企画展示「スティル/アライブ」が開催される。

第6回目となる同展示は、「現代人の生と時間、その表現」をテーマにしたもので、写真・映像などのフィールドで活躍するアーティストの作品を展示。参加アーティストは伊瀬聖子氏、大橋仁氏、屋代敏博氏、田中功起氏の4名。

文明が発達した今、様々な事柄をいつでもどこでも体験することができるようになった一方で、「今、ここ」性が希薄になり、生のリアリティーを感じづらくなってきている。そんな問題提起から、「今、ここ」を表現する若手作家による展示となっているようだ。

日本の新進作家 vol.6
『スティル/アライブ』
2007年12月22日(土)~2008年2月20日(水)
会場:東京都写真美術館 2階展示室
開館時間:10:00~18:00 (木・金は20:00まで)
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
※2007年12月28日(金)は18:00まで
※2008年1月2日(水)~4日(金)は11:00~18:00
入場料:一般 700円/学生 600円/中高生・65歳以上 500円

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 日本の新進作家を紹介する企画展示「スティル/アライブ」開催

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて