ニュース

世界中の映画祭を沸かせた問題作『おそいひと』がついに解禁

3年前の「TOKYO FILMEX」で上映され、重度の脳性麻痺を持つ障害者が連続殺人を犯すというセンセーショナルな内容が話題となり、その過激さから一般公開が決まらなかった衝撃作が、ついに公開される。「おそいひと」と平仮名で曖昧に表記されているが、漢字では「襲い人」と書く。

主演の「襲い人・住田」役は、ライヴパフォーマーとして活躍する重度身体障害者住田雅清氏42歳が、実名のまま出演。移動は電動車椅子、コミュニケーションはトーキングエイドというキーボードで音声を出す機械を使い、介護者のサポートを受けながら自活する傍ら、ショッキングなライヴパフォーマンスが熱狂的な支持を受けるなど、幅広く活躍している人物。本作は本名のままに体当たりの演技で挑戦した初主演作品となる。

全編を覆う狂気を孕んだモノクローム映像に、耳から離れないノイズ・ミュージック。音楽を手がけているのは「world's end girlfriend」。『おそいひと』の、斬新なカメラワークと相俟って、観る者の身体から鮮烈なカタルシスを放出させる。

電動車椅子で移動し、ボイスマシーンで会話を交わす。重度の身体障害者である住田(住田雅清)は介護者のサポートを受けて一人暮らしをしている。また、住田のよき理解者でもあるバンドマンのタケ(堀田直蔵)とつるみながら、平穏な日々を過ごしていた。
そんなある日、住田のもとに大学の卒業論文のために介護を経験したいという敦子(とりいまり)が現れる。そんな経験は何度もしているはずの住田の中で、自身にも整理しきれない違和が蠢き始め、混沌とし、次第に狂気に身を委ねていく…。そして、住田はあるひとつの決心をするのだが…すべては血塗られた結末へと加速的に収束されていく。

『おそいひと』
ポレポレ東中野にて12月1日からロードショー
監督:柴田剛
出演:住田雅清 / とりいまり / 堀田直蔵 / 白井純子 / 福永年久
製作年:2004年

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督Q&A

『キングス・オブ・サマー』『キングコング: 髑髏島の巨神』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが、自身や自作を語る動画が公開。「影響を受けた映画」や「使用する楽曲への思い入れ」など、ファンからの質問に彼が回答しています。また、ファンが最も気になっていたであろう「髭に対するこだわり」も明らかになる、貴重な映像になっています。(久野)

  1. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 1

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  2. 『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも 2

    『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも

  3. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 3

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎

  4. 宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も 4

    宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も

  5. J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編 5

    J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編

  6. 桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開 6

    桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開

  7. 放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」 7

    放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」

  8. 黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開 8

    黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開

  9. 『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳 9

    『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳

  10. フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』 10

    フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』