ニュース

現代に活躍する文学作家とメディアアーティストのコラボレーション『文学の触覚』

純文学と視覚芸術・メディアアートとの接点に焦点をあて、現代に活躍する文学作家とメディアアーティストのコラボレーションを行う『文学の触覚』が東京都写真美術館(東京・恵比寿)にて開催。

本来は読む人のイマジネーションにゆだねられる文学作品の世界を、多様なかたちで視覚化。展示は「テキストを耳で聴く/目で見る」「小説の中に描かれた風景の再現」「古典作品へのオマージュ」の3つのパートで構成されており、講談社『群像』と NHKエンタープライズの企画協力のもと、小説家とアーティストによる新作プロジェクトを制作。関連事業としてトークや特集刊行を行う。

文学と映像メディアを独自の視点で結びつけ、その共存と、時には競い合う交差を通じて、新たな領域と表現の可能性を開拓し探ろうという試み。手のひらにこぼれる文学と映像メディアの美しさを体験してほしい。

『文学の触覚』
2007年12月15日(土)~2008年2月17日(日)
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
会場:東京都写真美術館 地下1階映像展示室
料金:一般500円、学生400円、中高生・65歳以上250円

参加予定作家:
川上弘美、児玉幸子、松浦寿輝、近森基++久納鏡子、平野啓一郎、中西泰人、穂村弘、石井陽子、舞城王太郎、dividual(遠藤拓己+ドミニクチェン+松山真也)、森村泰昌、森野和馬ほか

※2007年12月28日(金) 10:00~18:00
※2008年1月2日(水)~4日(金)年始特別開館 11:00~18:00
※1月2日(水)は無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会