計18名の講師陣参加のイベント『JAGDA TOKYO 学生の日2008』

東京ミッドタウン・デザインハブ主催による『JAGDA TOKYO 学生の日2008』が3月9日に東京ミッドタウン・カンファレンス(東京・六本木)にて開催される。

当日は青葉益輝氏、秋田寛氏、秋山孝氏、植原亮輔氏、柿木原政広氏、工藤強勝氏、軍司匡寛氏、小島良平氏、古平正義氏、小林洋介氏、左合ひとみ氏、谷口広樹氏、日高英輝氏、平林奈緒美氏、福田繁雄氏、古屋友章氏、松下計氏、水野学氏の全18名の講師陣によるリレートークを予定。

さらに、参加者が持ち込んだ作品を、講師が個別に講評する作品講評が行われる。5時間という長丁場だが、直接作品を見てもらえる貴重な機会となっている。

『JAGDA TOKYO 学生の日 2008』
2008年3月9日(日) 13:00~18:00
会場:東京ミッドタウン・カンファレンス(東京・六本木)
料金:学生2,000円 一般3,000円 JAGDA会員、JAGDAフレンドメンバーは無料

講師:
青葉益輝、秋田寛、秋山孝、植原亮輔、柿木原政広、工藤強勝、軍司匡寛、小島良平、古平正義、小林洋介、左合ひとみ、谷口広樹、日高英輝、平林奈緒美、福田繁雄、古屋友章、松下計、水野学 合計18名(敬称略) 
※講師は、都合により急遽変更になる場合があります。

定員:200名(要申込)
申込方法:申込フォームでの受付
※一般、学生の方は2月12日からの受付開始
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
協力:東京ミッドタウン

  • HOME
  • Art,Design
  • 計18名の講師陣参加のイベント『JAGDA TOKYO 学生の日2008』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて