【プレゼント】国立新美術館で、学芸員が選ぶ『アーティスト・ファイル2008―現代の作家たち』始まる

国立新美術館で3月5日より「アーティスト・ファイル2008―現代の作家たち」が開催される。展示するのは、エリナ・ブロテルス氏、市川武史氏、ポリクセニ・パパペトルー氏、佐伯洋江氏、さわひらき氏、白井美穂氏、祐成政徳氏、竹村京氏の多様な表現方法を持つ作家8名の作品。

この展覧会は、特に決まったテーマを設けることなく、各学芸員がアーティストを選んで構成されており、今後も定期的に開催されるという。

世界の今を切り取ったこの展覧会、すべての部屋をまわった後には来場者の心の中に「アーティスト・ファイル」の9人目が浮かび上がり、それぞれの「アーティスト・ファイル2009」を選び始めているかもしれない。

CINRA.NETでは、本展覧会の招待券を5組10名様にプレゼント致します!
※プレゼントの応募は終了いたしました。
お問い合わせページより、件名を「アーティスト・ファイル2008―現代の作家たち招待券応募」とし、ご住所をお書き添えの上、送信してください。当選は、チケットの発送をもって替えさせていただきます(応募締切り:2008年3月17日(月))。

『アーティスト・ファイル 2008―現代の作家たち』
2008年3月5日(水)~5月6日(火・祝)10:00~18:00
※毎週火曜日休館 (ただし、4月29日(火)、5月6日(火)は開館、4月30日(水)は休館)
※金曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで。
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
料金:一般1,000円、大学生500円 ※高校生以下無料

出品作家:
エリナ・ブロテルス(Elina Brotherus)
市川武史(Takefumi Ichikawa)
ポリクセニ・パパペトルー (Polixeni Papapetrou)
佐伯洋江(Hiroe Saeki)
さわひらき(Hiraki Sawa)
白井美穂(Mio Shirai)
祐成政徳(Masanori Sukenari)
竹村京(Kei Takemura)

「関連イベント」
2008年3月7日(金)18:30~19:30
竹村京パフォーマンス「May I enter? 2」
会場:国立新美術館 企画展示室2E
料金:参加無料(ただし展覧会の入場券が必要)

「アーティスト・トーク」
2008年3月9日(日)14:00~17:00
作家:ポリクセニ・パパペトルー、エリナ・ブロテルス
2008年3月20日(木・祝)14:00~16:00
作家:竹村京、佐伯洋江
2008年3月23日(日)14:00~16:00
作家:さわひらき
会場:国立新美術館 3階講堂
定員:250人
料金:参加無料

「アーティスト・ワークショップ」
作家:市川武史
2008年3月15日(土)、16日(日)13:30~16:00
参加受付:国立新美術館 企画展示室2E出口(当日13:15まで受付)
定員:各日先着30人
料金:参加無料(ただし展覧会の入場券が必要)

(画像:ポリクセニ・パパペトルー《ハンギング・ロック 1900年 No.3》2006年 顔料インクプリント)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 【プレゼント】国立新美術館で、学芸員が選ぶ『アーティスト・ファイル2008―現代の作家たち』始まる

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて