『アートに「身体」は必要か』斎藤環×岡崎乾二郎トークショー開催

6月7日、青山ブックセンター本店にて、精神科医の斎藤環と、アーティストであり批評家の岡崎乾二郎によるトークショー「アートに"身体"は必要か」が開催される。

このトークは、斎藤環による初の美術批評集『アーティストは境界線上で踊る』(みすず書房)の刊行を記念したもの。同書では、ベテランから若手のアーティストへのインタビューや作家、作品論を掲載しており、精神科医として現代を見つめてきた斎藤による、文化事象としての日本のアートシーンを垣間見ることができる。

トークでは、アーティストとしてはもちろん、『絵画の準備を!』などの著作も話題になり、批評家としても認められている岡崎乾二郎氏を迎えて、精神分析、認知科学、美術史など、幅広いジャンルにまたがりトークが繰り広げられるようだ。

斎藤環×岡崎乾二郎トークショー
『アートに「身体」は必要か』
2008年6月7日(土)19:00~21:00(開場18:30~)
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
定員:120名
料金:700円(税込)
問い合わせ・電話予約:青山ブックセンター本店 03-5485-5511

  • HOME
  • Art,Design
  • 『アートに「身体」は必要か』斎藤環×岡崎乾二郎トークショー開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて