チェロ奏者の徳澤青弦による小林賢太郎ソロ公演サントラが正式にリリース

自身が参加するanonymassのほか、world's end girlfriends、半野喜弘から菊地成孔、ASA-CHANGなど様々なアーティストのレコーディング、ライブに参加しているチェロ奏者の徳澤青弦によるアルバム『ポツネンの音楽』が6月7日にリリースされた。

同作はお笑いコンビ「ラーメンズ」の小林賢太郎によるソロ・パフォーマンス『Potsunen(ポツネン)』での幕間用に制作された音源。今年の3月から4月にかけて行われた小林賢太郎のソロ・パフォーマンス『DROP』の会場のみで販売されていたが、熱い要望に応えての正式リリースとなっている。

ジャケットデザインはラーメンズの公演のアートディレクションを手がけている「good design compaby(グッドデザインカンパニー)」が制作。公演のサウンドトラックとしてももちろん、徳澤青弦の作品としても堪能できる充実の1枚に仕上がっている。

徳澤青弦『ポツネンの音楽』
2008年6月7日(日)発売
POPGROUP POP-112
1.The Opening of 『Potsunen』
2.Margana Music
3.Hand Mime Music(Album Version)
4.The Opening of 『maru』
5.Intermission for Piano Solo of 『maru』
6.Intermission for Piano and Woodbass of 『maru』
7.Intermission for Sampling Drums of 『maru』
8.Anagram Music
9.Gadget's March
10.The Last of 『maru』
11.The Last of 『Potsunen』

  • HOME
  • Music
  • チェロ奏者の徳澤青弦による小林賢太郎ソロ公演サントラが正式にリリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて