『JAGDA新人賞受賞作家作品展2008岡室健・小杉幸一・福岡南央子・丸橋桂』開催

クリエイションギャラリーG8(東京・銀座)にて、『JAGDA新人賞受賞作家作品展2008岡室健・小杉幸一・福岡南央子・丸橋桂』が7月4日(金)まで開催されている。

「JAGDA新人賞」は会員数約2,500名を誇る日本最大規模のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)が、毎年『Graphic Design in Japan』出品者の中から39歳以下の優れたデザイナーに贈られるもの。

同賞は過去に葛西薫、サイトウマコトをはじめ、原研哉、大貫卓也、佐藤卓、渡邉良重、永井一史、佐藤可士和、服部一成、水野学、森本千絵、菊地敦己など、第一線で活躍する75名のデザイナーが受賞している。

今回の作品展ではJAGDA新人賞2008を受賞した岡室健、小杉幸一、福岡南央子、丸橋桂の4名の受賞作品および近作を、ポスターや小型グラフィックを中心に紹介する。

また、6月24日(火)には受賞者の4名と服部一成が出演するクリエイティブサロンも開催される。

『JAGDA新人賞受賞作家作品展2008
岡室健・小杉幸一・福岡南央子・丸橋桂』
2008年6月9日(月)~ 7月4日(金)11:00~19:00(水曜は20:30まで)
会場:クリエイションギャラリーG8(東京・銀座)
休館日:土、日、祝日
料金:無料

第202回クリエイティブサロン
2008年6月24日(火)19:10~20:40
ゲスト:服部一成・岡室健・小杉幸一・福岡南央子・丸橋桂
会場:クリエイションギャラリーG8
料金:無料、要予約(03-3575-6918)

  • HOME
  • Art,Design
  • 『JAGDA新人賞受賞作家作品展2008岡室健・小杉幸一・福岡南央子・丸橋桂』開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて