ワタリウム美術館にてコレクション展開催、未公開作品を中心に108点展示

ワタリウム美術館のコレクションを紹介するシリーズ、「I Love Art」の第9弾となる展覧会『アイ・ラブ・アート9展 美しい青い風が ー』が、12月7日(日)まで開催中だ。

近年、映画監督として注目を集めているジュリアン・シュナーベルの1988年の作品をはじめ、アメリカの現代音楽家ジョン・ケージのドローイング、日本の現代美術をリードした銅板画家、駒井哲郎の作品など、10年以上看板で覆われていたキース・ヘリングの壁画を同展覧会のために公開する。

作品に加え、作家との出会い、その作品が生まれた経緯や知らざるエピソードなど、それぞれの「コレクション物語」とあわせて知ることのできる機会となっている。

ワタリウム美術館コレクション
『アイ・ラブ・アート 9 展 美しい青い風が ー』
2008年9月5日(金)~12月7日(日)
会場:ワタリウム美術館(東京・表参道)
休館日:月曜日(祝日は開館)

出展作家:
カールステン・ニコライ 
ジャン・ホワン 
小沢剛 
ホワン・ヨンピン 
キース・ヘリング
ジュリアン・シュナーベル 
フランツ・ウエスト 
ニキ・ド・サン=ファール 
アンディ・ウォーホル  
ヨーゼフ・ボイス 
駒井哲郎 
ジョン・ケージ 
瀧口修造

時間:11:00~19:00(毎週水曜日は21:00まで延長)
料金:大人1,000円 学生(25歳以下)800円
会期中何度でも入場できるパスポート制チケット

(画像上:カールステン・ニコライ「龍安寺」1999年、画像下:ジュリアン・シュナーベル 「オオカミ」1987年)

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • ワタリウム美術館にてコレクション展開催、未公開作品を中心に108点展示

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて