ニュース

スラム街で生まれた、未来を切り開く希望のリズムを追ったドキュメンタリー『ファヴェーラの丘』

リオデジャネイロのスラム街「ファヴェーラ」を舞台にしたドキュメンタリー映画『ファヴェーラの丘』が東京都写真美術館にて5月9日まで公開中だ。

同映画は数あるファヴェーラの中でも最も危険な地区として知られ、麻薬ギャング、腐敗した警察に支配された街「ヴィガリオ・ジェラウ」を舞台に、絶望的な日常から希望ある未来を子供達に示そうと立ち上がった男性を追ったドキュメンタリー作品。

家族や多くの友人をギャングや警察に殺された主人公のアンデルソンは、悲しみともに「なぜ憎しみ、殺し合うのか?どうすれば暴力を止められるか」を考え始める。

そんな中、「音楽は誰の胸にも響く!」ひと筋の光を見いだした元麻薬売人の彼は、自らの悲劇を繰り返さないために、仲間とともに「アフロレゲエ」を結成する。

「アフロレゲエ」とは1993年に暴力的な麻薬産業と警察からの圧制に対抗すべく結成された、社会活動グループのこと。スラム街に住む子供達に文化や芸術に触れさせるチャンスを与えることで、麻薬取引やギャングの世界に巻き込まれないような正しい道作りを提供している団体で、Grupo Cultural AfroReggae ダンスやパーカッションといった数々のワークショップを行っている。

トライベッカ映画祭を始め世界中の映画祭で20を超える賞を受賞するなど高い評価を得ている同作品。ギャングを夢見る子供達を救うため、銃や暴力ではなく音楽やダンスを武器にした変革がここには描かれている。

『ファヴェーラの丘』
2008年4月5日(土)より、東京都写真美術館にてゴールデン・ウィーク・ロードショー
監督:ジェフ・ジンバリスト、マット・モカリー
キャスト:
アンデルソン・サー
ホゼ・ジュニオール
マルシオ・ニューンズ

(画像:© 2005 Favela Rising LLC)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現