ニュース

TOKYOHELLOZから会員制月刊漫画雑誌『スニフティ』が創刊、大橋裕之、前野健太らが参加

音楽レーベルの運営、月間ライブイベント『METROPOLIS』の開催など、音楽だけではなくデザインまで幅広く活動を広げる「TOKYOHELLOZ」から会員制漫画雑誌、月刊『スニフティ』が4月10日に創刊された。

月刊『スニフティ』は完全会員制のマンガ雑誌。TOKYOHELLOZから生まれた出版局「東京堂(トウキョウドゥー)」から出版される。店頭での販売は一切行わず、年間5,000円(送料込み)の会員制で購読が可能となっている。

作品掲載作家には、バンド「真美鳥」のギターボーカルとしても活動するほか、「magical, ARTROOM」所属のアーティストの岩永忠すけをはじめ、「俺はこんなもんじゃない」の狩生雷蔵(狩生健志)、前野健太、大谷學(VIDEO、HELLOWORX)など、音楽やデザイン・アート界などのあらゆるジャンルで活躍する、TOKYOHELLOZ的に「ナイス!」なメンバーが名を連ねている。

また、雑誌「Quick Japan」で連載経験をもつマンガ家、大橋裕之も書き下ろし作品とともに、創刊号の表紙を手がけており、ウェブサイトでは収録マンガの一部閲覧が可能。

会員制なのに月刊マンガという、ある意味無謀ともいえるこの雑誌。色々な意味で伝説になること間違いなしの新雑誌だ。

誰か曰く『こんな時代に会員制なんてまったくもって理解不可能』。しかし、これは現代の情報過多で貧困な状況へのアンチーゼ的スタイル。無駄に刷らない、本屋に雑に積ませない。スニフティは欲しい人だけのもの。

「僕らのセンスと企みを、毎年5000円で買ってください。そして毎月10日に自分ちの郵便受けの前でドキドキワクワクしてください。」

(東京堂代表:加藤淳也)

月刊『スニフティ』創刊号 VOL.001
2008年4月10日全国一斉発送開始
年会費:5,000円(送料込み / 全12冊)
出版:東京堂(fromTOKYOHELLOZ)
カバーイラスト:大橋裕之
B5 / 平綴じ / 約100P
※途中から購読の場合でも、創刊号から発送

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで