ニュース

TOKYOHELLOZから会員制月刊漫画雑誌『スニフティ』が創刊、大橋裕之、前野健太らが参加

音楽レーベルの運営、月間ライブイベント『METROPOLIS』の開催など、音楽だけではなくデザインまで幅広く活動を広げる「TOKYOHELLOZ」から会員制漫画雑誌、月刊『スニフティ』が4月10日に創刊された。

月刊『スニフティ』は完全会員制のマンガ雑誌。TOKYOHELLOZから生まれた出版局「東京堂(トウキョウドゥー)」から出版される。店頭での販売は一切行わず、年間5,000円(送料込み)の会員制で購読が可能となっている。

作品掲載作家には、バンド「真美鳥」のギターボーカルとしても活動するほか、「magical, ARTROOM」所属のアーティストの岩永忠すけをはじめ、「俺はこんなもんじゃない」の狩生雷蔵(狩生健志)、前野健太、大谷學(VIDEO、HELLOWORX)など、音楽やデザイン・アート界などのあらゆるジャンルで活躍する、TOKYOHELLOZ的に「ナイス!」なメンバーが名を連ねている。

また、雑誌「Quick Japan」で連載経験をもつマンガ家、大橋裕之も書き下ろし作品とともに、創刊号の表紙を手がけており、ウェブサイトでは収録マンガの一部閲覧が可能。

会員制なのに月刊マンガという、ある意味無謀ともいえるこの雑誌。色々な意味で伝説になること間違いなしの新雑誌だ。

誰か曰く『こんな時代に会員制なんてまったくもって理解不可能』。しかし、これは現代の情報過多で貧困な状況へのアンチーゼ的スタイル。無駄に刷らない、本屋に雑に積ませない。スニフティは欲しい人だけのもの。

「僕らのセンスと企みを、毎年5000円で買ってください。そして毎月10日に自分ちの郵便受けの前でドキドキワクワクしてください。」

(東京堂代表:加藤淳也)

月刊『スニフティ』創刊号 VOL.001
2008年4月10日全国一斉発送開始
年会費:5,000円(送料込み / 全12冊)
出版:東京堂(fromTOKYOHELLOZ)
カバーイラスト:大橋裕之
B5 / 平綴じ / 約100P
※途中から購読の場合でも、創刊号から発送

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に