ニュース

JASRACに独占禁止法違反の疑い、23日に公正取引委員会が立ち入り検査実施

音楽著作権管理団体の最大手である社団法人・日本音楽著作権協会(JASRAC、東京都渋谷区)に独占禁止法違反(私的独占)の疑いがあるとして、23日に公正取引委員会が立ち入り検査を行った。

独占禁止法違反の疑いがあるのは、テレビやラジオなど放送局が使用する音楽の放送使用料の徴収について。

JASRACはNHKや民放各局との間で、実際に使用した管理楽曲の回数にかかわらず、各放送局の前年度分の放送事業収入に1.5%を乗じた額を徴収する「包括契約」を締結し、06年度は各放送局から合計約260億円を集めた。こうした契約によって、各放送局は事業収入から一定額を著作権使用料としてJASRACに支払っていたものの、JASRAC以外の著作権管理団体が管理する楽曲を使用した場合、別途使用料を支払う必要性があった。こうしたJASRACと各放送局間の「包括契約」が同業者の参入を阻害している可能性が強まったため、今回の立ち入り検査が行われた。

音楽の著作権管理は、1939年に「著作権に関する仲介業務法」が施行されてから、2001年に「著作権管理事業法」が施行され新規参入が認められるまでの62年間に渡り、JASRACが独占してきた分野。2001年に10法人が新規参入したものの、圧倒的多数の楽曲をJASRACが管理し、現在も市場の約99%のシェアを占めているといわれるほど支配的な地位を占めている。

JASRACは今回の立ち入り検査についてWEB上で、「4月23日(水)、公正取引委員会がJASRACに立入検査を行い、JASRACはこの検査に全面的に協力いたしました。今後の対応につきましては、検査の結果を踏まえて適切に対応してまいりたいと考えています」と発表している。

今回の件が、新規参入以前より続く旧い慣習やルールを見直す機会となれば、これまで続いてきたJASRACの独占状態が変化し、より良い著作権管理や徴収・分配などの方法を模索できる状況が訪れるかもしれない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談