ニュース

京都を舞台に現代アーティストの作品を展開、『京都アートウォーク2008』

京都の歴史的な場所を舞台に、現代美術アーティストの作品を展開するイベント『京都アートウォーク2008』が10月25日(土)から11月3日(月・祝)まで開催される。

同イベントは2005年に初開催されており、今回は前回から引き続き会場となる元離宮二条城二の丸御殿台所、清水寺成就院、経堂に、新たに東福寺が加わる。参加アーティストは、マーク・ウォリンジャー(Mark Wallinger)、ジャンリュック・ヴィルムート(Jean - Luc Vilmouth)、西川勝人、川俣正、マット・ゴールデン(Matt Golden)の5名。

足す事も引く事も出来ない、一途に完成された日本の美の宝庫である京都の中を散歩しながら、その途中の一期一会に遭遇することでアートを体感することの出来る機会となっている。

『京都アートウォーク2008』
2008年10月25日(土)~11月3日(月・祝)
※起点展のみ2008年10月24日(金)~ 11月6日(木)まで開催
総合キュレーター:白石由子

「起点展」
2008年10月24日(金)~ 11月6日(木)8:45~16:00
会場:元離宮二条城二の丸御殿台所

参加アーティスト:
Mark Wallinger
Matt Golden

元離宮二条城入城料:一般600円
台所入場料:無料
※展示に関わる費用は無料
主催:京都アートウォーク実行委員会+京都市

「特別展1」
2008年10月25日(土)~11月3日(月・祝)9:00~16:00
会場:清水寺 成就院・経堂

参加アーティスト:
西川勝人
Jean-Luc Vilmouth

成就院特別拝観料:600円
経堂特別拝観料:無料
※展示に関わる費用は無料

「特別展2」
2008年10月25日(土)~11月3日(月・祝)9:00~16:00(11月のみ8:30~16:30)
会場:東福寺 方丈・通天台
参加アーティスト:
川俣正
拝観料:方丈八相庭園拝観料400円(小中学生300円)
※展示に関わる費用は無料

(画像上:Kyoto Art Walk 2008、画像下:「Mark Wallinger / When Parallel Lines Meet at Infinity1998/2001)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今